ZEISSレンズとかなんとか

*PC画面での閲覧推奨*

他社レンズ

アトムレンズの扱い方 PRAKTICARとGN TOPCORを線量計で計測する

前の記事で、アトムレンズか否か?を判断する決定打として線量計を使いましたが、せっかくなのでいろいろなパターンで測った放射線量をもとにアトムレンズの扱い方を考えてみたいと思います。

もちろん、世間で言われているようにアトムレンズはふつうに使っている分には危険ではありません。でなければ、国で規制されて今現在の中古流通でさえ途絶えていたでしょうから。でも、なんとなくぼんやりとしたイメージだけでなく、もっとわかりやすい指針があると安心して運用できるのではないか? そんなふうに思って、この記事を書いてみました。


サンプルとして用いるのは、東独Carl Zeiss JenaのPRAKTICAR 50mm F1.4 MC(前期型)と、東京光学のRE GN TOPCOR M 50mm F1.4です。どちらも長い間、放っておくと後玉がまっ茶色になるまぎれもないアトムレンズです。特にPRAKTICARはなかなかに黄変具合がものすごく、遠目から眺めるだけで内部のにごりの濃さが分かってしまう恐ろしい状態でした。

どよ~~ん
13581


続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #31 PRAKTICAR 50mm F1.4 MC 前期型の謎

知る人ぞ知るPRAKTICAR 50mm F1.4 MCは、1978年に発売されたCarl Zeiss Jena製大口径標準レンズです。その背景はなかなかに興味深く、当時、世界に進出していた日本の50mm F1.4に対抗すべく、同等のサイズで可能なかぎり製造コストを抑えることが目標だったようです。その詳細は貴重な内部資料とともに、以下のサイトで語られています。

zeissikonveb.de
Die Prakticare 1,4/50mm
https://zeissikonveb.de/start/objektive/normalobjektive/prakticar%201,4.html

しかし、コンパクトかつ安価という要件を共産主義下の東ドイツで達成することは難しかったのか、50mmとしては異様なほど前玉を湾曲させたこのレンズは、トリウム含有硝材を使いながらも多大なるコマフレアを発生させたのでした。

トリウム含有硝材は黄変による製品寿命の低下に加え、製造時に内部被ばくのリスクがあるために、メーカーはさらなる再設計を推し進め、最終的にはトリウム含有硝材をはじめとした高価な高屈折率ガラスを使用しないコストダウンに成功しました。これが1982年に発売された後期型であり、このレンズの当初の目標はようやく達成されたと考えられます。


PRAKTICAR 50mm F1.4 MCの特徴は、まん丸に湾曲した特異な前玉とマルチコート時代なのにハロが多いみずみずしい写りです。当然、こりゃおもしろい!と目を付けた自分はまずアトムレンズでない後期型を、そのあとにアトムレンズの前期型を手に入れ、まさにこの前期型の最短撮影距離の短さに満足していたのですが、つい、より良い状態のものがほしいという欲が出てしまったのです。

そうして、手に入れた新たな前期型は、どう見てもアトムレンズとは思えないスッカスカのクリアさなのでした。

こ……これはいったい…………? ( ゚Д゚) ?


13547


続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #30 RE GN TOPCOR M 50mm F1.4の再評価

めずらしくレンズ評価の追試です。

というのも、このGN TOPCOR、ただ優秀な50mm F1.4の過剰補正型というだけでなく、謎の収差フレア(ハロ、光のにじみ)が存在するからです。それを教えてくれたのは(た)先生。


(・∀・) < GN TOPCORって、当時のニューフェース診断室で評判悪かったみたいです。なんでも、夜景を撮ったらものすごくフレアっぽくなったとか。

(;;゚ё゚;;) < え? あのぼやっとした感じ、個体差の偏心コマじゃなかったんすか??

【登場人物注記】
(た)先生:カメラ界でとにかく徹底的に事実を追求する人で、インド、エジプト、ペルーなど世界各国の特許情報を読み解き、専門書物を壁のように積み上げる魔窟に住んでいる。その書棚におさめられた本の角を傾けると秘密の地下室に入れるらしいが、いったいそこにはなにがあるのか……。(※この説明には多分にウソが混じっているかもしれません)

機能の黒板みたび


と、さらっと省略されても当事者以外はよくわからないと思うので、あらためて事実関係を整理しておきます。

  • このシリーズ記事でGN TOPCORを徹底比較したが、あまり個性は見えず、まとまりの良い球面収差の過剰補正型という評価。
  • ピント面はハロでやや見難く、強い光ではかなり解像線がにじむが、これを過剰補正型の特徴+偏心によるコマフレアの増大と結論づけた。
  • しかし、アサヒカメラのニューフェース診断室によると、このフレアっぽさはGN TOPCORがもつ本来の性質らしく、夜景でハロを確認すると他に類を見ないほどだったとか。
  • ここで疑問なのは、測定された球面収差は+0.1mm少々の過剰補正で、本来はこれほどのハロを発生させるものではないということ。

このように、GN TOPCORはのちの1980~90年代の標準レンズに通じる完成度の高さがありながら、不可解な光のにじみが多く、当時の専門家も首をかしげるほどだったということです。

それを個体差と解釈した自分はどうにもテストをやりきれなかったモヤモヤ感が消えず、もしつぎにGN TOPCORの良い個体に出会えたならば、もう一段、深くこのレンズの描写を探ってみたい……と、こころの片隅で念じていたのですが、意外にも早くその機会はやってきたのです。

いざ! RE GN TOPCOR M 50mm F1.4のフレアっぽさの謎を解き明かす再撮影を!!


続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #8 Pancolar 50mm F1.8 野外比較(やりなおし)

オールドレンズでOrestonとよく似たレンズはなんじゃろな…… ( ̄ω ̄ ) ?

と、考えた場合に、まずキーワードとなるのは最短撮影距離の33cm
そんで設計は1960年代で、入手しやすい50mm F1.8とくれば頭に浮かぶのは………


Pancolar!  (・人・)パン  (#゚Д゚) コラ-!! 


よし。こいつと比べれば、ますますOrestonの理解が深まるぞ……と、なぜにOrestonに拘っているのかは、このレンズの近接時の草花描写が気に入っているからです。

が。

ビビリのあほコンタックスまにあは前期型のアトムレンズをさけ、さらりと後期型を入手していたのでした。しかし、詳しく調べてみると、Pancolarの後期型は5群6枚の改良型で4群6枚のOrestonとはレンズ構成がそろいません。本当は同じ4群6枚構成である前期型のほうがよかったのでは……と思いきや、実はOrestonも前期/後期で画質が変わっていたようで、結果的には、双方とも似たような時期に改良された後期型として、つじつまが合いそうな比較となりました。

M42 MOUNT SPIRAL

MULTI COATING PENTACON auto 50/1.8(M42) & Meyer-Optik Goerlitz ORESTON 50/1.8(M42)
https://spiral-m42.blogspot.com/2010/04/mc-pentacon-5018-meyer-optik-goerlitz.html

Carl Zeiss Jena Pancolar 50mm F1.8(M42)rev.2
https://spiral-m42.blogspot.com/2014/03/carl-zeiss-jena-pancolar-50mm-f18m42rev2.html

Pancolar 50mm F1.8(前期型) : 4群6枚 トリウム含有硝材を使用
Pancolar 50mm F1.8(後期型) : 5群6枚 空気レンズを導入して再設計

Oreston 50mm F1.8(前期型) : 4群6枚
Oreston 50mm F1.8(後期型) : 4群6枚 微調整的な再設計(※当Blog調べ)

どちらも東独で大量生産されたスタンダードレンズで、同じF値で最短撮影距離もほぼ同じ。方やCarl Zeiss Jena、方やMeyer-Optik。これらの差は大きいのか、少ないのか。

今回は、近接時のボケ描写を重視しながら両者の違いを探ってみたいと思います。


続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #29 Orestonがあれば空も飛べるかも

13200


………などと、わけのわからない出だしですが、これはOreston 50mm F1.8に対するわたくしの高揚感をあらわしているのです。

Orestonの前期型、草花撮るのにすんげえイイ。


なにをいまさら、あんた常日頃からオレストンオレストンと騒いでいるじゃないか、とわたくしをよく知る方はつっこむかもしれませんが、なんと! Oreston 50mm F1.8って、前期型と後期型では画質が違ったのです!

どちらの画質が悪いのかというと、それは順当に古いほうの前期型。しかし、オールドレンズの画質の悪さ=味、ということで、クローズアップ領域で収差があふれ出す草花撮影ではまさにウハウハ状態。はっきり言って、かなり大袈裟ですが、

Orestonの前期型は、のぞいた瞬間、絵ができている。

そんな錯覚さえ起こすほどに魅力的なのです。今回はその前期型について、みっちりと解説したいと思います。


続きを読む

絵本の国のみどり

α7II
Photoshop Camera RAWの現像設定はてきとう

Oreston 50mm F1.8
13160


PRAKTICAR 50mm F1.4
13164


続きを読む

オールドレンズの非点収差量を視覚化する

レンズの収差は味である。

では、収差ってなんじゃい?というところで、分かりやすいのがまず、
歪曲収差(直線が曲がる)
像面湾曲(ピント面が平面にならず湾曲する)
色収差(色がずれる)

次に、がんばれば理解できるのが、
球面収差(光がにじむ、ボケ味に強く影響する)

その変形と考えればなんとなく納得できるのが
コマ収差(偏って光がにじむ)

最後に残った一番、難解なのが非点収差(??)です。


非点収差、これ意味わからん。

誰か、この原理をかんたんに噛み砕いて説明してくれる賢者はおらぬものか。


――非点収差とは、画面周辺部で像面が前後二か所に分離する現象で、しかも、その二か所の像面はそれぞれ、放射方向の線は解像できるが円周方向の線は解像できない、円周方向の線は解像できるが放射方向の線は解像できない、という特殊な状態になるらしい。この状態ではピントをどちらに振っても(放射、同心方向のどちらかがボケてしまうために)まともな解像が得られないので、できるかぎりふたつの像面を接近、または合致させ、理想的な点像に近づけることが必要となる。

と、これが実写レベルの話で、専門的な解説ではぱっと見で理解不能な三次元図が出てくるのです。いわく、子午線がなんたらかんたら~。

ね? わけがわからんでしょう?


続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #28 アトムレンズ研究 RE GN TOPCOR M 50mm F1.4 野外比較

最初に警告します!! 

今回、化学反応に関する分野を扱うので、素人の半端理解ではひじょ~に心もとない解説になります。なので、けっこう詳しく書いてあるように見えますが、これを安易に鵜呑みにせず、正確さのあやしい記述については、ヒラに、ヒラにご容赦願います。 <(_ _)> <(_ _)> <(_ _)>


*****


アトムレンズ――すなわち、放射線を発するトリウム含有硝材を使った写真用レンズが、なぜ存在するのかは以下の文章がとてもわかりやすく説明しています。

Radioactive Consumer Products
Thoriated Camera Lens (ca. 1970s)
http://www.orau.org/ptp/collection/consumer%20products/consumer.htm

光学レンズの設計では、屈折率の高いガラスを使用することが望ましい場合がよくあります。屈折率が大きいほど、光の曲がりが大きくなります。これにより、ガラスの必要な曲率が減少するため、レンズを薄く、軽くすることができます。残念ながら、屈折率の高いガラスは分散も大きくなる可能性があります。ガラスにトリウムを追加することにより、低い分散を維持しながら高い屈折率(1.6を超える)を達成できます。

1939年にトリウムを含む光学ガラスに関するいくつかの特許が発行されましたが、それらはやや一般的な性質のものでした。その後、1949年にコダックのPaul De Paolisに、そのようなガラスのいくつかの特定の配合を含む特許が発行されました。重量式の1つは次のとおりです。ホウ素36%、ランタン12%、トリウム12%、バリウム20%、カルシウム20%、その後の製剤には最大28%の酸化トリウムが含まれていました。

つまりこれ、トリウム含有硝材は高屈折低分散であり、一般的な光学ガラスの性質である高屈折/高分散、低屈折/低分散とは異なるものである、と言っているわけです。実はこれ、以前、引用した内容とはすこし違っていることにお気づきでしょうか? (※ガラスの分散=色による屈折率の違いで、これが少ないと色収差の補正に有利)

英語の元文を自分で機械翻訳にかけてみて分かったんですが、ウランガラス同好会HPで訳されている文章は重要な部分が端折られており、光学ガラスを語る際の複雑なニュアンスが伝わらなくなっているのです。

光学ガラスの組成物としての酸化トリウムの価値は、分散を抑えながら高い屈折率を得ることのできる安定性に優れているからで(※1)この説明も我々素人が勝手に思い込んでいる、トリウムを入れたからばんばん硝材の性能が良くなるんだ!みたいなものとはずいぶん違います。やはり、化学を単純に語るなかれ。

(*1 光学ガラスはより優れた特性を目指すほどに溶解/冷却時の扱いが難しくなり、均質透明なガラスにならず結晶化してしまうリスクが増す。こういった問題に対し、有効性が高かったのが酸化トリウム)


続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #27 RE GN TOPCOR M 50mm F1.4 室内比較

情報がないっ!

……というのも、このレンズ、マイナーなトプコンのさらに希少なレンズらしく、通常は何かしら聞こえてくる現役当時の話がまったくありません。またお世話になる海上写真家さんの記事によると、ほぼ海外向けに出荷されたとかで、そりゃ謎レンズになるわけだわと納得。

海上撮影家が見た上海2
RE GN TOPCOR 50mm F1.4は、アトムレンズ

RE GN TOPCOR 50mmf1.4は、RE AUTE TOPCOR 58mm f1.4の後継レンズで、1973年にSUPER DM用としてデビュー。そのほとんどが海外に輸出されたようなので、日本で見かける事はほとんど無かった。それより前のRE AUTO TOPCOR58mm f1.4があまりにも有名になり過ぎたため、その描写性能は一般にはほとんど知られてない。

Camerapedia Wiki
Topcon/Topcor R, F, RE lenses

・50/1.4 M (Multi coated) code 157B (black) from 15700001 to 15703625 last known


まあ、かんたんな概要としては、1973年に発売されたトプコン初の50mm F1.4で、マルチコートに最短40cm、6枚羽根絞りと、ごく普通の現代的な仕様です。最大の特徴はこのレンズがトリウム含有硝材を使っていることで、つまり、アトムレンズの写りを徹底的に確かめることが今回の目的です。

いちおう、他の記事で使った外観写真を載せておきますが、青みを帯びたブラック塗装に金属鏡胴と、1980年代以降にプラ化が進んでしまう前の国産標準レンズとして、精悍なたたずまいを見せています。

12998

このレンズでとても不思議なのは、マウントもカメラも以前となにも変わっていないのに、ピントリングの回転方向が逆になっていることです。そんなのあり???


続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #26 時空を超えるレンズ BiotarとHELIOS-44シリーズ

ぐるぐるぐるぐるぐるぐるっ!

 (@_@)(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)


グルグルボケのレンズといえばBiotar 58mm F2とHELIOS-44シリーズ(58mm F2)で、この二銘柄は昨今のオールドレンズ界隈の定番アイテムといえるほどの存在です。特にHELIOSは安価なロシア製かつ、長い間大量に生産されてきたということで、とても購入しやすいレンズとなっています。

そのHELIOS-44シリーズで笑っちゃうのが、その製造期間。なんと、1930年代のBiotar 58mmの基本設計をコピーして、1999年?の製造終了までたっぷり40年近くグルグルという欠点の目立つレンズを作り続けていたなんて、どれだけ競争意識がない独自路線なのかと(笑)。4群6枚の58mm F2なんて、70年代に突入したあたりで普通に高性能化できたはずですが……。(われらが社会主義はこれでいいのだ! 同志スターリン! ( ̄ ^  ̄)ゞ)

もちろん、時代が進むにつれレンズ製造の環境も変わってくるので、同じ基本設計を守り続けていても硝材は良くなりますし、それに合わせた小改良もあるでしょう。さらにコーティング技術の発展も。


というわけで、当記事はHELIOS-44シリーズを‟時空を超えるレンズ”として(べつに瞬間移動はしませんが)、できるかぎり製造年代の離れた本家本元のBiotar 58mmと比較し、その描写がどれほど変わったのか? 変わっていないのか? を確かめることにします。

Casual Photophile
Carl Zeiss Jena Biotar 58mm f/2 – Lens Review

第二次世界大戦後、Carl Zeiss Jenaの工場はソビエトの占領地域に落ち、戦争の賠償としてソビエトは工場の設備、計画、さらにはドイツの技術者さえも奪いました。ZeissのBiotarは、ソビエト連邦には存在しないドイツのショットガラスで動作するように製造されていたため、ソビエト光学の父として知られているD.S.Volosovによって、ソビエトの光学ガラスで利用可能なガラスに光学式を再計算する必要がありました。

レンズはモスクワ近郊のKMZ工場で製造され、長年にわたって数多くのバリエーションがありました。最初のHelios-44は、1958年のStart cameraに付属していました。

M42 Mount Spiral
Carl Zeiss Jena BIOTAR 58mm/F2 3-SISTERS (M42) カールツァイス・イエナ ビオター 3姉妹
https://spiral-m42.blogspot.com/2010/11/carl-zeiss-jena-biotar-58mmf2m42.html

HELIOS-44(M39), 44-2(M42), 44M(M42), 44M-6(M42) 44M-7(M42) 58mm/F2 and Carl Zeiss Jena BIOTAR 58mm/F2(M42)

※基本的な事柄を理解するために、がっつり参考にさせていただきました。


今回、取り上げるのはこのふたつ。

Biotar 58mm F2 1946年 4群6枚 シングルコーティング EXAKTA ※戦後の初期型
MC HELIOS-44M-5 199?年 4群6枚 マルチコーティング M42

その発売年の違いはざっくり50年前後。ちょうど、おぎゃあっ!て生まれた赤ちゃんがちょび髭のおじさんになって、かわいい孫にスリスリしていてもおかしくありません。それだけの長い年月がありながら初期の基本設計を守り続け、最後までグルグルボケが除去されることのなかったHELIOS-44シリーズは、なぜ途中で抜本的な改良が加えられなかったのか? そもそも、なぜBiotar 58mmはグルグルボケというあきらかな欠点をかかえる設計バランスになったのか? 

これらの疑問にも、独自の視点で切り込んでみたいと思います。お楽しみに~~!


続きを読む
その辺写真の機材ブログ。画像と記事は時々整理、日付も変更。

お問い合わせ: ahocontaxmania@gmail.com

c03


メッセージ送信
ブログ内検索
最新コメント


*メインはCONTAXのZEISSレンズで、その他ROLLEI、HASSELBLADなど少々。レンズ構成ごとにページが分かれていて割と読み応えあり。ボディはなし。乱発され内容も薄かったこのシリーズの中で唯一面白かったZEISS本。作例よりも語り中心。


*おすすめ。文字の分量は少なめだが書いてあることは濃い。写真よし、記事よし、品よし。


*おすすめ。レンズ描写にテーマを絞っていて文章が読み応えあり。内容的には無難なレンズ本と濃厚なマニア本の中間あたりで、レンズの特徴はそれなりに出ています。いまいち売れなかったのは作例に面白味がないため。


*メーカーの公式本。たしか、MM時代のMTFデータとプロの作品とZEISS技術者のインタビューなど。メーカー発なので当たり障りのない内容、コレクター向け。定価4,000円くらいの豪華本だったので、それを目安に購入検討を。


*詳細なボディ解説で、たしかレンズはクローズアップされてなかったはず。あんまり記憶に残っていません。


*「季刊クラシックカメラ 10ツァイスTレンズの描写力、表現力」に解説を寄せている築地氏が書いているので兄弟本みたいな内容。平均以上の充実度ですが、割とあちこちに記事を書いている人なので内容が重複する印象あり。


*CONTAXレンズを数値評価でばっさり。当時のユーザーの情熱的な声とは対照的に、たいして褒められていないのが面白かったり。


*90年代クラカメブームの隠れた先駆者で、古今東西のレンズを一律で横並びに評価した記事は一部の人たちにじわじわと火をつけました。レンズの階調描写について水墨画の複写を例に出していたのは今にして思えばまさに的確。レンズ評そのものは淡泊なので、ネット時代に参考になるとしたら機材運用に対する現実的なものの見方でしょうか。


*マルミ製リアキャップ。形は純正とは違います。今時はマウント変換後の他社用を使うのが常套でしょか。


*Planar 50mm F1.4はこの67mm金属フードに55-67ステップアップリングをかませると軽快かつほどほどの深さでベター。


*上記組み合わせの55-67ステップアップリング。


*中華アダプターやレンズフードの反射防止に。


*ここまでのクオリティがいるかはともかく、安心の国産アダプター。中国製を選ぶ方は確実な遠景撮影ができる代わりにミラー衝突の危険が高まることを承知の上で。宮元製作所の直販サイトの方が安いかも。


  • ライブドアブログ