実はこの記事、当初ははっきりと白黒つけるような意識はなく、多少なりとも特定個体に対する違和感の根拠が掴めればいいかな程度の意識でした。ところがどっこい、ある思い付きで行った焦点内外像の観察により、初期玉のピント以外の描写について、自分なりの仮説が完成してしまったのです。


事の発端は、この記事で書いたS/N: 581の黒刻印。なんだか絞り開放の雰囲気が違って、どうも丸ボケの輪郭が強く艶やかで、Planar 50mmのクラシカル度が増しているような雰囲気があるのです。

Planar 50mm F1.4の初期玉神話は都市伝説か? #5 黒刻印のボケ描写
http://sstylery.blog.jp/archives/21263788.html

この黒刻印をMMJなどと比較した結果はこれといった差も見えず、撮影者のプラシーボ?と曖昧な感想で記事を終わらせましたが、その後、他の個体を使い続けたあとにこの個体に戻ってくると、やっぱり頭の中に引っかかるものがあるのです。


6200


う~~む、ならばやるしかない! ミラーレスのα7なら素早く精度の高いピント合わせができるから、繰り返し撮影でボケ量が変わってしまうこともないだろうし、光の変化も最小限で済むはず。


いざ! 初期玉比較!!


絞り開放 曇天なので自動露出、WBは5200kから大雑把に調整
Photoshop Camera RAWの現像設定はα7でEOSのスタンダードを模したプロファイル、明るさの微調整あり。

※雲の厚みによって光の変化が起こりやすい曇天を選んだのは、印象に残った場面が柔らかな逆光だったため。すべての個体を順々に撮影しているうちに光が変わってしまう可能性があるので、個体A→個体B、個体A→個体C、個体A→個体Dというような個別比較を実行しています。


比較したのは以下の4本。

 個体A: 気になる超初期玉 S/N: 581 黒刻印
 個体B: 超初期玉
 個体C: わりと初期玉
 個体D: まあまあ初期玉


全体絵
6190

上: 気になる超初期玉   下: 超初期玉
6191

上: 気になる超初期玉   下: わりと初期玉
6192

上: 気になる超初期玉   下: まあまあ初期玉
6193


全体絵
6201


左: 気になる超初期玉   右: 超初期玉
6202

左: 気になる超初期玉   右: わりと初期玉
6203

左: 気になる超初期玉   右: まあまあ初期玉
6204


全体絵
6205

上: 気になる超初期玉   下: 超初期玉
6206

上: 気になる超初期玉   下: わりと初期玉
6207

上: 気になる超初期玉   下: まあまあ初期玉
6208


全体像
6209

左: 気になる超初期玉   右: 超初期玉
6210

左: 気になる超初期玉   右: わりと初期玉
6211

左: 気になる超初期玉   右: まあまあ初期玉
6212


全体像
6213

上: 気になる超初期玉   下: 超初期玉
6214

上: 気になる超初期玉   下: わりと初期玉
6215

※ここで光が変わってしまって、最後の組は比較できず。(厳密には↑の下段も日差しが強くなり彩度が上がっている)


全体絵
6217

上: 気になる超初期玉   下: 超初期玉
6218

上: 気になる超初期玉   下: わりと初期玉
6219

上: 気になる超初期玉   下: まあまあ初期玉
6220

上: 気になる超初期玉   下: 超初期玉
6221

上: 気になる超初期玉   下: わりと初期玉
6222

上: 気になる超初期玉   下: まあまあ初期玉
6223



結論としては、プラシー……… もごもご。( ̄≠ ̄)


撮影後の実感としては、やはりミラーレスのピント拡大を用いたとしても、曖昧なピント面となる旧型のPlanar 50mm F1.4は微細なピンズレを防ぐことができず、ボケ量を100%の確度で揃えることはできませんでした。さらに、今回の主目的であるボケは、ほんのわずかな光の変化で輪郭線の強さなどが変わってしまうために、ある場面ではAに特徴があるが、違う場面ではBに特徴があるなど、写りの印象が一定しませんでした。そこへ、前述の微細なピンズレが絡んでくるわけですから、はっきり言って、同一レンズのボケ比較などはよほど一方のレンズが狂っていない限り、確たる差を認識することはできないと言えます。(製造の難しいズームレンズなどは除外)

いちおう、これらの画像と撮影中の印象を合わせて具体的に述べるならば、まあまあ初期玉は気のせい程度にボケが柔らかく感じる場面もあるかなあ?とも思いますが、そもそもマウントアダプターの精度の低さで絵がずれていることも無視できませんし、超初期玉気になる超初期玉よりも丸ボケの輪郭線が強そうな感じもなくはないです。
要するに、仮にボケの違いがあるにしても、その程度の曖昧さでしか言い表せない実写結果である、ということですね。


やはり、今回のテストも前回と似たような感想になってしまいましたが、そもそもの話、すでに製造年月の離れているMMJと比較して違いが分からなかったのだから同じ初期型で違いが出るはずがないという。

う~~む………ならば、アレをやるか……? 球面収差の状態を直接見ることができる焦点内外像の観察とやらを。


では、焦点内外像とは?


……これが分からんのですよ……。たいていのことは専門メーカーのWEBサイトなどで用語解説があるんですが……。

主に天体望遠鏡の分野で常識らしく、アマチュアの方の記事もそのほとんどが詳しい説明をすっ飛ばして「焦点内外像を見てみましたが」ってところから始まるんですよ。いちおう分かりやすいのは以下のサイトさんですが、もうちょっと学術的な記述がないと、自分の中で確信として飲み込めません。

 球面収差とは、ボケ!の事ですね。
https://blogs.yahoo.co.jp/solunarneo/29287129.html


アオリができる超広角レンズ「ニコン PC NIKKOR 19mm f/4E ED」を徹底検証する
茂手木秀行
http://shuffle.genkosha.com/products/lens/9427.html


焦点内外像というのは夜景などで得られる非常に鮮明な丸ボケの延長線上にあるものということは理解できるのですが、球面収差の輪帯というものがそもそもなんであるかがよく分かりません。

とりあえず、以前に自分で作った画像を転用すると、こういったボケ像が極小の点光源だった場合に特殊な丸ボケが観察できるということらしいです。


【焦点外像】
3459

【焦点内像】
3458



で、実際にやってみたのがこれ。
気泡のようなものがいくつか見えますが、そのほとんどはセンサーに付着したホコリの影です。ただし、普段見えないものが写っているので、レンズ内部の荒れが関与していてもおかしくありません。


【焦点外像=後ボケ】
気になる超初期玉 - 超初期玉 - わりと初期玉 - まあまあ初期玉
6226


【焦点内像=前ボケ】
気になる超初期玉 - 超初期玉 - わりと初期玉 - まあまあ初期玉
6225


ほう………。これで、ようやくレンズ間の微差が画像で実証されたように思います。
いまだに焦点内外像というものがよく分かっていないので詳しい解説はできませんが、左端の気になる超初期玉だけがくっきりとした内輪が見えていますし(※シャープ?)、右端のまあまあ初期玉は内部の輝度分布が一番なめらかです(※ボケが柔らかめ?)。さらに左から二番目の超初期玉は焦点外像の外輪が一番強いことから(※二線ボケが強い?)、それぞれの実写の印象は、この焦点内外像と一致しているような感触があります。
全体的にやや外輪の輝度に対称性がないのは、自分のやり方に精度不足があるからです。

このように、実写でなんとなく気に入っているS/N: 581 黒刻印は確かに光学的に他と違う特徴がありそうだということで、人間の感性は主観に支配されながらも意外に鋭いという、割とありきたりな世間の一般論が確認できましたとさ。


ずっと疑問に思い続けているS/N: 581 黒刻印について怪しい光学的解釈をしてみるならば、この個体はまず他では見えていない内輪がよく見えるので組みの素性が良さそうというのがひとつ(でもなんか中心がずれている)、そして、焦点外像/内像ともに輝度分布のメリハリが強めで、これがモコモコしたボケの丸みや艶やかさに繋がっているのかもしれません。一般に優れた球面収差補正はできるだけ平坦さを維持し、最端の輪郭部が急なカーブにならないように設計されるのですが、この個体は球面収差が大きく膨らみながらしっかりと焦点面近くに戻されているということで、性能が高いから描写が素晴らしいのではなく、よりクラシカルな状態だから撮影者に訴えかけるものがある、という解釈の方が自然だと思います。

あまりこういう言い方はしたくありませんが、もし仮に、初期玉になにか感じるものがあるとするならば、それは当時の硝材で球面収差の完全補正型を実現した古めかしさの表れで、逆に考えれば、時間が経つほどに硝材の品質が上がりばらつきの減っていったPlanar 50mmは個体差の中で無難で優等生的な描写に落ち着いていったのかもしれません。
でもって、このように壮大に書き連ねると、初期玉の一部にはさもうっとりするような癖がありそうに思えますが事実はこのカテゴリで比較してきたとおりです。

以上、うまくまとまりましたかね?


このテストで使ったレンズの中に黒刻印は一本だけではないので、黒刻印の描写に必ずしも特徴があるわけではありません。