かなりの数の比較テストを行い、撮影者の実感も伴いましたので、ここで個人的な見解をまとめたいと思います。

過去記事

・Planar 50mm F1.4の初期玉神話は都市伝説か? #1 外観
・Planar 50mm F1.4の初期玉神話は都市伝説か? #2 ピント問題その1
・Planar 50mm F1.4の初期玉神話は都市伝説か? #3 色と階調
・Planar 50mm F1.4の初期玉神話は都市伝説か? #4 ピント問題その2
・Planar 50mm F1.4の初期玉神話は都市伝説か? #5 黒刻印のボケ描写
・Planar 50mm F1.4の初期玉神話は都市伝説か? #6 個体差の森
・Planar 50mm F1.4の初期玉神話は都市伝説か? #7 AE=MM疑惑
・Planar 50mm F1.4の初期玉神話は都市伝説か? #8 ピント問題の追試
・Planar 50mm F1.4の初期玉神話は都市伝説か? #9 伝説に終止符を打つ

左:AEJ 右:MMJ
彩度の上がるトーンカーブでメリハリをつけているので、両者の差が明確になっている例。現像パラメーターは共通。
797



【Planar 50mm F1.4 AEJ、MMJの噂に対する個人的な回答】

・ファインダーでピントの見易い固体がある
→ピントの立ち方が微妙にはっきりした個体があるが、その原因は解像線の細さではなくマイクロコントラストの差。ピント面のマイクロコントラストの良い個体はボケも(計測的な画像で気のせい程度に)自然なことから、この差は組み立て精度の差によるものと思われる。考えられるのは貼り合わせ面?

・AEJにはピントの見易い当たり玉が多い
→比率については不明。そもそも50mmに限っては当たりと普通の境目が微妙過ぎで、例えば製造公差をABCと区別するならAとBの比較は気分の問題、AとCの比較はそれなりに違いが分かるといった具合。

・解像力の高い当たり玉がある
→あくまで個体差の範疇で、その正体は画面全体の均質性が主な理由。つまり、正しく性能が出ている個体は偏心が少なく画質の対称性が高く、中央のハロが少ないという単なる出来のよさの話となるが、この差はF2で縮まりF2.8で完全になくなるので、実用上、当たり玉の優位は体感しにくい。

・初期型にボケの良いものがある
→ボケ描写は個体差などよりも、撮影時の微妙なピント位置の違いによる描写の変化の方が格段に大きいことに注意。それを踏まえて、あえて差があるとするならば、何本も同じレンズを使っていく中でなんとなく好きだと思う個体があるかも?という完全に主観の世界。

・初期玉はガラスに鉛が多く含まれているから重い
→電子秤がなかったので細かな重量差は不明だが、この説について、鏡胴の個体差や部材変更が考慮されていないのは不自然。手持ちのMMJはAEJよりも揃って20g程度軽いが、これはどうやら、MM化に伴う内部構造の変更と鏡胴の一部に真鍮を使わなくなったことが影響しているらしい。(参考までに、自分が入手した85mm F1.4はAEGよりもMMJの方が重かった。これも鏡胴の差では?)

・AEタイプは黄色みを帯びる
→有名なAEGの黄色みとは違って、50mm F1.4のAEJは若干の青みが出る。ただし、描写の切り替わりがMM化と同時ではないようで、どのS/Nから違いが発生するのかは不明。

・AEJは濃厚に写る
初期の比較はバルサムクモリの影響で微妙にシャドーが浮いていたことが確定、正常な個体同士の比較ではシャドー/ハイライトの差はなし。ただし、逆光では内面反射の少ないMMJの方がわずかにコントラストが高い。

・AEJとMMJは同じレンズと言えるか?
→CONTAXの他のレンズに見られるほど写りの差はなく、RAW現像のあるデジタル時代では誤差の範囲と言える。ただし、絞り羽根の形状、内面反射対策という物理的な面では別物。



「Planar 50mm F1.4の初期玉神話は都市伝説か?」

ただの製造公差がZEISSという名のもとに拡大解釈されているというのが自分なりの結論です。なぜ50mm F1.4だけこのような騒ぎになったのかというのは、神格化されたPlanarという名前、日本製しかないという潜在的な不安、
価格の安さからくる所有者の多さ、中古販売業者によるイメージ操作、中途半端に終わったアサヒカメラの三回目の測定結果、これらが一体となった上でもっとも大きかったのは、このレンズに画角も含めた分かりやすいインパクトがない故の“ユーザー願望の過大さ”だったのではないでしょうか。

初期玉神話の真実としては、変な自己解釈が熱を帯びるほどにCONTAXのレンズは魅力的だった、でいいと思います。