あんまりしょーもない記事ばかり書いてんじゃないよーと知人にお叱りを受け、とうとうピントの見やすいS/N:581の黒刻印をお借りしました。当然ながら、宅急便代はこちらで持たせていただきます故に。感謝感謝。

人様の物ですので外観の画像はありませんが、いつもの定規で比較した結果はなんというか、言葉のイメージというのは恐ろしいなあと感心した次第です。


Planar 50mm F1.4には解像度の高い当たり玉がある
 →微妙に間違い



解像度というのが無駄に良いイメージを増幅していると思います。通常、漠然とこのような言葉を用いると、線が細く、文字などをより高精細に写せると思いがちですが、ピント面にフレアがやや少ないというだけでも解像度は高くなるといえるはずです。つまり、収差が少ないわけですから。

だとすると、素直に考えて故障品でもない限りは同一銘柄のレンズで観察できるピントの見やすさの差は微細なフレアやコントラスト、前後のボケ描写が原因で、冒頭で述べたような一般的なイメージでの解像度の高さ――分解能が明確に違うなんてことはありえないと思います。あるとしたら、元々の描写が整っていない荒れ玉か、途中で設計が変わったか。

ということで、AEJ初期型2本、MMJ1本を比較した結論は確かにピントの見やすい固体はあるようだけど、世間で騒がれるほどの差ではなくほぼ同一描写、しかも今回お借りした黒刻印にしてもPlanarの設計上の特性があり、単純にピントピークの見易さで比べたらRolleiの50/1.4 HFT Carl Zeissの方が上といえます。

このリンク先の下段にLeica Summilux-R 80/1.4のROM、3カム比較がありますが、これだけの差異が出て初めて個体を選ぶ意味があると言えます。

Japan Carl Zeiss Planar 85/1.4 C/Y Lens VS Germany Lens: Find the Difference
http://allphotolenses.com/articles/item/c_21.html

以下、呼び方が面倒なので581番台 AEJ黒刻印をA、通常の581番台 AEJをBとして、主題となる固体をAとするのはいつもと同じ。


撮影は同条件で設定固定。差を認識しやすくするために、コントラストを上げていることに注意。

A 
250

B 
251


詳しいコメントは差し控えますが、Aはピントの中心が微妙に濃く、前ボケの固さも若干和らいでいます。ぜひともこの2枚の大きい画像を開いたあとダウンロードして、画像ビューアでこまかく切り替えて比較してみてください。この差を世間の噂と照らし合わせてどう評価しますか? 


続いて、MMJとの比較。ここからは581番台 AEJ黒刻印がA、79番台 MMJがBとなります。
新たに撮影をやり直しているので、先のテスト画像とは別に見てください。AとBは赤の200線よりもやや前ピンに見えますが、ピント位置自体は同一のものを選んであります。

A
252

B
253


実際の使用感としては、確かにAはピントが見やすくスッと追い込める感触があります。ただし、元々の描写特性は変わらないので油断するとピンボケをやらかすリスクもそれほど変わらないように思います。この辺は他人の所有物ということで経験値不足。

以下、追試として適当チャートを撮ってみました。色が薄いのはマット紙用のインク切り替えでクリーニングが入るのが嫌だったからです(怨)。並びは上と同じく581番台 AEJ黒刻印がA、79番台 MMJがBです。

A
525

B
526


このテストで興味深かったのは、ファインダーでピントが掴みやすいのはAですが、ばらしピントでよりくっきりとしたピントが出やすいのがBなんです。AはB同等のピントを出すのに何セットも繰り返してやっと同等の描写が得られましたが、それでも微妙な差があり、無圧縮画像をきちんと見比べるとBの方が微妙に細い線を分離しています。

このことから分かるのは、ある領域まではピントの合わせやすい固体があったとしても、等倍の精度はまた別の話ということですね。通常の立体物は光のにじみや反射の様子を手がかりにできるので、平面のチャートほどにはシビアではありませんが……。


というわけで、上記を踏まえるとだいたいこんな感じ。

  • 計測的な画像を等倍近くで観察すれば、ピント付近の描写にわずかな差が見える。
  • ピントの見やすさの差は結像面の描写そのものよりも、そこへ至るコントラストの立ち方やボケの質が重要かも。
  • しかし、野外での実撮影では区別がつかない。
  • 光学ファインダーでピントの見やすい個体は確かにあるが、等倍の精度に関わるようなものではない。