ZEISSレンズとかなんとか

*PC画面での閲覧推奨*

使いこなしは意外と難しい K&F CONCEPT NANO-X ブラックミストフィルター 1/4

13669


ざわざわざわ……。

いま、フィルター界隈はブラックミストフィルターで大騒ぎです。いわく、‟とってもシネマチックに撮れるフィルター”で、人気が出過ぎてバックオーダー(メーカーからの入荷待ち)が続出だとか。

ほほう……ならばテストしてみようぞ。なぜなら、わたくしはフィルム時代に印象派といわれるベス単フード外しに憧れて、さまざまなソフトフィルターを買いまくった人間ですから。最終的にはソフトレンズ(キヨハラ VK 70R)にまで手を出した人間が、果たしてブラックミストフィルターにどういった評価を下すのか、ぜひご覧あれ!!


……と、前のめりになりましたが、これ、いつものK&F CONCEPTさんとの提携記事です。なので、PRの側面もあるということをあらかじめご了解ください。なお、製品名はブラックディフュージョンですが、これはブラックミストの言い換えであり、仕組みも効果も同じものです。メーカーも厳密に区別している様子はないので、当記事ではブラックミストの名称で記述していきます。




続きを読む

Vemico NP-F970互換バッテリーをYONGNUO YN600 Airに装着してみる

13791


このオレンジ色の物体はなんなのかというと、NP-F970というソニーのビデオカメラ用バッテリーの互換品です。ビデオ界隈ではこのようなソニー規格のバッテリーがさまざまな周辺機器で流用されているらしく、うちにあるLEDビデオライトのYONGNUO YN600 AirもNP-F970対応品です。

つまり、‟YN600 Airのレビューを掲載している当サイトはこのバッテリーのテストができる”ということで、近頃、製品プロモーションに力を入れているVemicoさんから声がかかったわけです。

しかし、バッテリーって「充電できました!」「問題なく使えました!」以外になにをレビューすりゃいいんだろう……としばらく悩んだ結果、商品写真をいつも以上にていねいに撮ってみる、というコンセプトで記事を作成してみました。とはいっても、立派な撮影ブースもないし、おしゃれな部屋に住んでいるわけでもないので、たいした工夫はできないんですけどね……。



続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #33 MC ROKKOR-PF 58mm F1.4 野外比較

(* ̄д ̄) 「もしかしてここは天国かい? 目の前に天使がいるなんて」

(*´∀`*) ♡♡ 「もう~アクロマチックすぎてはずかしいっ!」


というわけで、緑のロッコールの続きです!!


(え? 苦情ですか? 苦情はもう承っておりません)


続きを読む

α7のリモコンは便利か不便か RMT-DSLR2

答えは、びみょう!
13589

たとえるなら、無線のマウスは便利だけど、やっぱり有線の確実さも捨てがたい、みたいな……。


続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #32 MC ROKKOR-PF 58mm F1.4 室内比較

(* ̄д ̄) 「きみの笑顔はあの夕日よりもかがやいて見えるよ……」

(*´∀`*) ♡ 「いや~~ん、アクロマチック!!」


というわけで、今回は緑のロッコールでいきたいと思います。

はじまりはじまりぃ~~!!


(え? なにか苦情ですか? それでは事務所で伺いますがよろしいですね?)


続きを読む

【ご案内】レンズリスト

CONTAXはカテゴリでそれなりに分類されているのですが、そうでない他社レンズを整理する意味で作成してみました。やはり、レンズ名をタグづけするほうが理想かな……とは思いつつ、とりあえずの形です。

タグ、いりますかね?


続きを読む

アトムレンズの扱い方 PRAKTICARとGN TOPCORの放射線量を計測する

前の記事で、アトムレンズか否か?を判断する決定打として線量計を使いましたが、せっかくなのでいろいろなパターンで測った放射線量をもとにアトムレンズの扱い方を考えてみたいと思います。

もちろん、世間で言われているようにアトムレンズはふつうに使っている分には危険ではありません。でなければ、国で規制されて今現在の中古流通でさえ途絶えていたでしょうから。でも、なんとなくぼんやりとしたイメージだけでなく、もっとわかりやすい指針があると安心して運用できるのではないか? そんなふうに思って、この記事を書いてみました。


サンプルとして用いるのは、東独Carl Zeiss JenaのPRAKTICAR 50mm F1.4 MC(前期型)と、東京光学のRE GN TOPCOR M 50mm F1.4です。どちらも長い間、放っておくと後玉がまっ茶色になるまぎれもないアトムレンズです。特にPRAKTICARはなかなかに黄変具合がものすごく、遠目から眺めるだけで内部のにごりの濃さが分かってしまう恐ろしい状態でした。

どよ~~ん
13581


続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #31 PRAKTICAR 50mm F1.4 MC 前期型の謎

知る人ぞ知るPRAKTICAR 50mm F1.4 MCは、1978年に発売されたCarl Zeiss Jena製大口径標準レンズです。その背景はなかなかに興味深く、当時、世界に進出していた日本の50mm F1.4に対抗すべく、同等のサイズで可能なかぎり製造コストを抑えることが目標だったようです。その詳細は貴重な内部資料とともに、以下のサイトで語られています。

zeissikonveb.de
Die Prakticare 1,4/50mm
https://zeissikonveb.de/start/objektive/normalobjektive/prakticar%25201%252C4.html

しかし、コンパクトかつ安価という要件を共産主義下の東ドイツで達成することは難しかったのか、50mmとしては異様なほど前玉を湾曲させたこのレンズは、トリウム含有硝材を使いながらも多大なるコマフレアを発生させたのでした。

トリウム含有硝材は黄変による製品寿命の低下に加え、製造時に内部被ばくのリスクがあるために、メーカーはさらなる再設計を推し進め、最終的にはトリウム含有硝材をはじめとした高価な高屈折率ガラスを使用しないコストダウンに成功しました。これが1982年に発売された後期型であり、このレンズの当初の目標はようやく達成されたと考えられます。


このPRAKTICAR 50mm F1.4 MCの特徴は、まん丸に湾曲した特異な前玉とマルチコート時代なのにハロが多いみずみずしい写りです。当然、こりゃおもしろい!と目を付けた自分はまずアトムレンズでない後期型を、そのあとにアトムレンズの前期型を手に入れ、まさにこの前期型の最短撮影距離の短さに満足していたのですが、つい、より良い状態のものがほしいという欲が出てしまったのです。

そうして、手に入れた新たな前期型は、どう見てもアトムレンズとは思えないスッカスカのクリアさなのでした。

こ……これはいったい…………? ( ゚Д゚) ?


続きを読む

今年の桜

たまには解説したいと思います。

なぜ、桜にめいっぱい寄って白バックで撮るのか?というのは、特にたわわに咲くわけでもない桜の木を、電線や建物をよけながら空に抜くと、必然的にこのようにしか写らないからです。つまり、こうしたくて撮っているというよりは、妥協的解決策が自分の桜写真なのです。しかし、そうはいっても気合を入れて撮るからには、なにかしらのこだわりを入れたい。それが水彩画をイメージした曖昧なボケと階調です。

きれいに構図をまとめるだけでなく偶発的に味わい深い描写が得られたら……と、毎年、同じように挑戦しているのですが、自分の環境ではそろそろ撮り尽くした感があって限界かなとも思います。なお、桜のピンク色は絵という感覚で仕上げているので、一貫性はなくリアリティも重視していません。


マンネリ化してきたので、すこし違った光と距離感で捉えてみた写真。
10425


続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #30 RE GN TOPCOR M 50mm F1.4の再評価

めずらしくレンズ評価の追試です。

というのも、このGN TOPCOR、ただ優秀な50mm F1.4の過剰補正型というだけでなく、謎の収差フレア(ハロ、光のにじみ)が存在するからです。それを教えてくれたのは(た)先生。


(・∀・) < GN TOPCORって、当時のニューフェース診断室で評判悪かったみたいです。なんでも、夜景を撮ったらものすごくフレアっぽくなったとか。

(;;゚ё゚;;) < え? あのぼやっとした感じ、個体差の偏心コマじゃなかったんすか??

【登場人物注記】
(た)先生:カメラ界でとにかく徹底的に事実を追求する人で、インド、エジプト、ペルーなど世界各国の特許情報を読み解き、専門書物を壁のように積み上げる魔窟に住んでいる。その書棚におさめられた本の角を傾けると秘密の地下室に入れるらしいが、いったいそこにはなにがあるのか……。(※この説明には多分にウソが混じっているかもしれません)

機能の黒板みたび


と、さらっと省略されても当事者以外はよくわからないと思うので、あらためて事実関係を整理しておきます。

  • このシリーズ記事でGN TOPCORを徹底比較したが、あまり個性は見えず、まとまりの良い球面収差の過剰補正型という評価。
  • ピント面はハロでやや見難く、強い光ではかなり解像線がにじむが、これを過剰補正型の特徴+偏心によるコマフレアの増大と結論づけた。
  • しかし、アサヒカメラのニューフェース診断室によると、このフレアっぽさはGN TOPCORがもつ本来の性質らしく、夜景でハロを確認すると他に類を見ないほどだったとか。
  • ここで疑問なのは、測定された球面収差は+0.1mm少々の過剰補正で、本来はこれほどのハロを発生させるものではないということ。

このように、GN TOPCORはのちの1980~90年代の標準レンズに通じる完成度の高さがありながら、不可解な光のにじみが多く、当時の専門家も首をかしげるほどだったということです。

それを個体差と解釈した自分はどうにもテストをやりきれなかったモヤモヤ感が消えず、もしつぎにGN TOPCORの良い個体に出会えたならば、もう一段、深くこのレンズの描写を探ってみたい……と、こころの片隅で念じていたのですが、意外にも早くその機会はやってきたのです。

いざ! RE GN TOPCOR M 50mm F1.4のフレアっぽさの謎を解き明かす再撮影を!!


続きを読む
その辺写真の機材ブログ。画像と記事は時々整理、日付も変更。

お問い合わせ: ahocontaxmania@gmail.com

c03


メッセージ送信
Twitter プロフィール
ブログ内検索
最新コメント

banner4


*メインはCONTAXのZEISSレンズで、その他ROLLEI、HASSELBLADなど少々。レンズ構成ごとにページが分かれていて割と読み応えあり。ボディはなし。乱発され内容も薄かったこのシリーズの中で唯一面白かったZEISS本。作例よりも語り中心。


*おすすめ。文字の分量は少なめだが書いてあることは濃い。写真よし、記事よし、品よし。


*おすすめ。レンズ描写にテーマを絞っていて文章が読み応えあり。内容的には無難なレンズ本と濃厚なマニア本の中間あたりで、レンズの特徴はそれなりに出ています。いまいち売れなかったのは作例に面白味がないため。


*メーカーの公式本。たしか、MM時代のMTFデータとプロの作品とZEISS技術者のインタビューなど。メーカー発なので当たり障りのない内容、コレクター向け。定価4,000円くらいの豪華本だったので、それを目安に購入検討を。


*詳細なボディ解説で、たしかレンズはクローズアップされてなかったはず。あんまり記憶に残っていません。


*「季刊クラシックカメラ 10ツァイスTレンズの描写力、表現力」に解説を寄せている築地氏が書いているので兄弟本みたいな内容。平均以上の充実度ですが、割とあちこちに記事を書いている人なので内容が重複する印象あり。


*CONTAXレンズを数値評価でばっさり。当時のユーザーの情熱的な声とは対照的に、たいして褒められていないのが面白かったり。


*90年代クラカメブームの隠れた先駆者で、古今東西のレンズを一律で横並びに評価した記事は一部の人たちにじわじわと火をつけました。レンズの階調描写について水墨画の複写を例に出していたのは今にして思えばまさに的確。レンズ評そのものは淡泊なので、ネット時代に参考になるとしたら機材運用に対する現実的なものの見方でしょうか。


*マルミ製リアキャップ。形は純正とは違います。今時はマウント変換後の他社用を使うのが常套でしょか。


*Planar 50mm F1.4はこの67mm金属フードに55-67ステップアップリングをかませると軽快かつほどほどの深さでベター。


*上記組み合わせの55-67ステップアップリング。


*中華アダプターやレンズフードの反射防止に。


*ここまでのクオリティがいるかはともかく、安心の国産アダプター。中国製を選ぶ方は確実な遠景撮影ができる代わりにミラー衝突の危険が高まることを承知の上で。宮元製作所の直販サイトの方が安いかも。


  • ライブドアブログ