ZEISSレンズとかなんとか

*PC画面での閲覧推奨*

ZeissJena

Planar 50mm F1.4再考 #26 時空を超えるレンズ BiotarとHELIOS-44シリーズ

ぐるぐるぐるぐるぐるぐるっ!

 (@_@)(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)(@_@)


グルグルボケのレンズといえばBiotar 58mm F2とHELIOS-44シリーズ(58mm F2)で、この二銘柄は昨今のオールドレンズ界隈の定番アイテムといえるほどの存在です。特にHELIOSは安価なロシア製かつ、長い間大量に生産されてきたということで、とても購入しやすいレンズとなっています。

そのHELIOS-44シリーズで笑っちゃうのが、その製造期間。なんと、1930年代のBiotar 58mmの基本設計をコピーして、1999年?の製造終了までたっぷり40年近くグルグルという欠点の目立つレンズを作り続けていたなんて、どれだけ競争意識がない独自路線なのかと(笑)。4群6枚の58mm F2なんて、70年代に突入したあたりで普通に高性能化できたはずですが……。(われらが社会主義はこれでいいのだ! 同志スターリン! ( ̄ ^  ̄)ゞ)

もちろん、時代が進むにつれレンズ製造の環境も変わってくるので、同じ基本設計を守り続けていても硝材は良くなりますし、それに合わせた小改良もあるでしょう。さらにコーティング技術の発展も。


というわけで、当記事はHELIOS-44シリーズを‟時空を超えるレンズ”として(べつに瞬間移動はしませんが)、できるかぎり製造年代の離れた本家本元のBiotar 58mmと比較し、その描写がどれほど変わったのか? 変わっていないのか? を確かめることにします。

Casual Photophile
Carl Zeiss Jena Biotar 58mm f/2 – Lens Review

第二次世界大戦後、Carl Zeiss Jenaの工場はソビエトの占領地域に落ち、戦争の賠償としてソビエトは工場の設備、計画、さらにはドイツの技術者さえも奪いました。ZeissのBiotarは、ソビエト連邦には存在しないドイツのショットガラスで動作するように製造されていたため、ソビエト光学の父として知られているD.S.Volosovによって、ソビエトの光学ガラスで利用可能なガラスに光学式を再計算する必要がありました。

レンズはモスクワ近郊のKMZ工場で製造され、長年にわたって数多くのバリエーションがありました。最初のHelios-44は、1958年のStart cameraに付属していました。

M42 Mount Spiral
Carl Zeiss Jena BIOTAR 58mm/F2 3-SISTERS (M42) カールツァイス・イエナ ビオター 3姉妹
https://spiral-m42.blogspot.com/2010/11/carl-zeiss-jena-biotar-58mmf2m42.html

HELIOS-44(M39), 44-2(M42), 44M(M42), 44M-6(M42) 44M-7(M42) 58mm/F2 and Carl Zeiss Jena BIOTAR 58mm/F2(M42)

※基本的な事柄を理解するために、がっつり参考にさせていただきました。


今回、取り上げるのはこのふたつ。

Biotar 58mm F2 1946年 4群6枚 シングルコーティング EXAKTA ※戦後の初期型
MC HELIOS-44M-5 199?年 4群6枚 マルチコーティング M42

その発売年の違いはざっくり50年前後。ちょうど、おぎゃあっ!て生まれた赤ちゃんがちょび髭のおじさんになって、かわいい孫にスリスリしていてもおかしくありません。それだけの長い年月がありながら初期の基本設計を守り続け、最後までグルグルボケが除去されることのなかったHELIOS-44シリーズは、なぜ途中で抜本的な改良が加えられなかったのか? そもそも、なぜBiotar 58mmはグルグルボケというあきらかな欠点をかかえる設計バランスになったのか? 

これらの疑問にも、独自の視点で切り込んでみたいと思います。お楽しみに~~!


続きを読む

オールドレンズの解像力 フルサイズ2400万画素は1ミリに何本の線を描写できる?

えー、ただいまFD50mm F1.4という優れた解像力を持つレンズをテーマにしているので、ここでいったん「解像力とはなにか?」という部分について整理しておきたいと思います。


まず、世間ではレンズやカメラのとても良い写りを称賛する際に、解像力、解像度、解像感、シャープネスなど、さまざまな言葉がごちゃまぜで使用されていますが、果たしてそれらの用法は正しいのでしょうか? 

コトバンク

【解像力】
写真レンズで結像された像や写真感光材料上に形成された画像の画質を表わす量の一つで,どの程度まで細部を正確に再現しているかを示す。普通は 1mm幅の中に等間隔に引かれた線を何本まで分離して見分けうるかの最小値で表わす。

【解像度】
ディスプレー、プリンター、スキャナーなどで扱う画像の精細さを表す尺度のこと。画像を構成するピクセルの数で表し、数が大きいほど精細。

【解像感】
写真や画像のきめの細かさを表す言葉。「解像感が良い」

【シャープネス】
《鋭さの意》画像処理の方法の一。デジタルカメラなどの画像において輪郭を強調したり、逆に弱めて柔らかな印象にしたりすること。

【鮮鋭度】
~写真像が粒状性を呈することから,写真では被写体の細部の再現には限度があることが理解され,これと関連して写真像が鮮明に仕上がっているか否かという評価がなされる。写真像の鮮明さは鮮鋭度で表される。

これらをきちんと調べてみると、えー……自分たちの言葉づかい、めちゃくちゃじゃないか……と呆気にとられてしまいました。


続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #22 Xenonとその他のレンズたち(Pancolar、Contarex、SUMMICRON-R) 野外比較

50mm F2シリーズの最終回で、個性的なXenon 50mm F1.9(EXAKTA)を同時代のさまざまなレンズと比べてみたいと思います。

Planar 50mm F1.4再考 #21 Xenon 50mm F1.9 野外比較

詳しい分析は前回の記事をご覧いただきたいのですが、全体としてはかなり高画質なのに絞り開放を捨てているようなXenonの設計は、当時の最高級品であるツァイスやライカに対してどの程度の位置づけにあるのかを調べることが今回の目的です。素直に考えるなら、写真レンズはまず価格帯で大別され、その上で発売時期の遅いレンズのほうが技術革新の恩恵を受けて有利なはずですが……。


Schneider-Kreuznach Xenon 50mm F1.9 1950年代初頭
Carl Zeiss Jena Pancolar 50mm F2 1959年(Flexonからのマイナーチェンジ)
Carl Zeiss Contarex Planar 50mm F2 1959年
LEITZ WETZLAR SUMMICRON-R 50mm F2 1964年


これらを眺めると、性能面では普及レンズであるPancolarが一番厳しく、発売時期が遅いSUMMICRON-Rが一番有利となりますが、果たして、そのとおりの差が示されるのでしょうか? その中で、ぽつんと外れた古めかしいXenonの性能は?


いざ、シュナイダーの実力拝見!!


続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #15 ContarexとPancolar 野外比較

前回の記事の続きで、Contarex Planar 50mmm F2が本当にその格付けにふさわしいレンズかどうかを調べるために、同時代のPancolar 50mm F2(EXAKTA)と比較してみます。

参考までに海外のCamera-wiki.orgによると、当時の広告に記載されたContarex I + Planar 50mm F2の価格は1450DM(ドイツマルク)、Exakta Varex IIa + Pancolar 50mm F2が691DMと、カメラ本体を含んだ価格としては、2倍少々の開きがあります。技術の極まった現代では価格差2倍のレンズがその描写で明らかな差をつけるなんてことは考えにくいですが、この時代は硝材も設計も発展途上、自分自身もオールドレンズマニアといえるほど詳しくないのでこの比較はまったく予想がつかず、とても興味深い内容となります。

※シリーズ記事なので、検索などでいきなりこの記事に辿り着いた方は以下のリンクを前もってご覧ください。

Planar 50mm F1.4再考 #21 Contarex Planar 50mm F2 野外比較

Planar 50mm F1.4再考 #20 Contarex Planar 50mm F2 室内比較

なぜ、Pancolarなのか?というのは、Contarex Planarと同じ1950年代の設計かつ4群6枚ガウス型の一眼レフ用交換レンズという条件を満たしているからです。ただし、信頼性のあるオールドレンズ記事ならこの人!というM42スパイラルさんによると、Pancolar 50mm F2はFlexon 50mm F2のマイナーチェンジらしいので、1959年発売のContarex Planar 50mmm F2よりやや設計が古いかもしれません。設計が古いということは使用している硝材も古い可能性があるので(新しい硝材ほど高性能!)、もしかしたら今回の焦点であるコスト面を脇に置いたとしても、ややPancolarに不利があるのかもしれませんが……。

M42 Mount Spiral
「Carl Zeiss Jena Pancolar 50mm F1.8(M42)rev.2」

Pancolarのルーツはプロ用一眼レフカメラのPraktina、およびExaktaの交換レンズとして供給されたFlexon(フレクソン) 50mm F2で、このレンズは1957年から1960年までの3年間に19400本が生産されている。Flexonは1959年にPancolar 50mm F2へと改称され、その後1969年までの10年間で133500本が生産されている。


が、そんな難しいことばかり言っていても仕方がないので、とりあえず始めてみましょう、Contarex Planarが本当に王様レンズなのかを検証するための厳密比較。

それでは皆さん、レンズがPancolarということでお手を拝借、

(・人・)パン  (#゚Д゚) コラ-!! 


続きを読む
その辺写真の機材ブログ。画像と記事は時々整理、日付も変更。

お問い合わせ: ahocontaxmania@gmail.com

c03


メッセージ送信
ブログ内検索
最新コメント

banner4


*メインはCONTAXのZEISSレンズで、その他ROLLEI、HASSELBLADなど少々。レンズ構成ごとにページが分かれていて割と読み応えあり。ボディはなし。乱発され内容も薄かったこのシリーズの中で唯一面白かったZEISS本。作例よりも語り中心。


*おすすめ。文字の分量は少なめだが書いてあることは濃い。写真よし、記事よし、品よし。


*おすすめ。レンズ描写にテーマを絞っていて文章が読み応えあり。内容的には無難なレンズ本と濃厚なマニア本の中間あたりで、レンズの特徴はそれなりに出ています。いまいち売れなかったのは作例に面白味がないため。


*メーカーの公式本。たしか、MM時代のMTFデータとプロの作品とZEISS技術者のインタビューなど。メーカー発なので当たり障りのない内容、コレクター向け。定価4,000円くらいの豪華本だったので、それを目安に購入検討を。


*詳細なボディ解説で、たしかレンズはクローズアップされてなかったはず。あんまり記憶に残っていません。


*「季刊クラシックカメラ 10ツァイスTレンズの描写力、表現力」に解説を寄せている築地氏が書いているので兄弟本みたいな内容。平均以上の充実度ですが、割とあちこちに記事を書いている人なので内容が重複する印象あり。


*CONTAXレンズを数値評価でばっさり。当時のユーザーの情熱的な声とは対照的に、たいして褒められていないのが面白かったり。


*90年代クラカメブームの隠れた先駆者で、古今東西のレンズを一律で横並びに評価した記事は一部の人たちにじわじわと火をつけました。レンズの階調描写について水墨画の複写を例に出していたのは今にして思えばまさに的確。レンズ評そのものは淡泊なので、ネット時代に参考になるとしたら機材運用に対する現実的なものの見方でしょうか。


*Carl ZeissはPフィルターを嫌うようで、CONTAX時代もUVフィルターはマルチコーティング、Pフィルターはシングルコーティング=保護用だから撮影時には使うなよ(無言の圧力)みたいな感じでした。フィルターのT*にどこまで意味があるのかは分かりませんが拘る方はどこまでも突き進むべし!


*マルミ製リアキャップ。形は純正とは違います。今時はマウント変換後の他社用を使うのが常套でしょか。


*Planar 50mm f1.4はこの67mm金属フードに55-67ステップアップリングをかませると軽快かつほどほどの深さでベター。


*上記組み合わせの55-67ステップアップリング。


*中華アダプターやレンズフードの反射防止に。


*ここまでのクオリティがいるかはともかく、安心の国産アダプター。中国製を選ぶ方は確実な遠景撮影ができる代わりにミラー衝突の危険が高まることを承知の上で。宮元製作所の直販サイトの方が安いかも。


  • ライブドアブログ