ZEISSレンズとかなんとか

*レンズ比較したり、適当なこと語ったり  PC画面での閲覧推奨*

MC-11

シグマ MC-11のアンダーインフ問題

ここは密林……。

森森 д・´) (`・д 森森
「おい、気をつけろ! ここは奴らの縄張りだ」
「分かってるさ、今日こそ任務を完了させて、可愛い奥さんと子供にキスするんだからな」※フラグ

森森 д・´) d( ̄ー  ̄森森
「……カメラに不備はないだろうな?」
「ああ、準備万端だ。ソニーα9にMC-11、ZEISSのApo-Sonnarがあれば鬼に金棒よ!」
「そうか……シッ! テロリストの取引相手が来たみたいだぞ!」
「いまだ、撮影しろ!」

森森 д・´) (lll ̄ロ ̄)? [〇] 森
「……ま、まってくれ……。遠景にピントが……無限遠が出ないぞこれ……」
「なにっ!? レンズメーカーのアダプターだろ? そんなことがあるのか?」
「だ、だめだ……まったくピントが届いてない……」

森森 ロ・´)ノ (((;゚Д゚))) [〇] 森
「絞れ! 絞れば多少は深度に入るはずだ!」
「絞ってもだめだ、クソ! 囲まれたぞ!! うわああああああああ!!」

バリバリバリバリバリッ!!!



……というベタベタな映画風の前置きは捏造ですが、だいたい合ってます。うちのMC-11、Distagon 21mm F2.8 ZEを着けてみたら無限遠がまったく出ないアンダーインフでした。それが判明したのが以下の記事で、中国製のマウントアダプターの精度を調べてみたら、逆にMC-11のフランジバックの不正確さが確認できてしまったというわけです。

中国製マウントアダプターは本当に精度が低いのか?

最初は、はっはっはっと半笑いで済ませていたのですが、いやまてよ、MC-11がちゃんとしてないとZEレンズのテストができないじゃないか!とふと気づいて、シグマの修理サービスに検査を依頼してみました。しかし、その返答は当社基準内で問題なし!!

11100


続きを読む

中国製マウントアダプターは本当に精度が低いのか?

む……蒸し暑くて……ヨボヨボですが……
大事なことなので頑張ってレポートしたいと思います。 ( ›´ω`‹ )


中国製マウントアダプター(以下、中華アダプター)は精度が低いので、本当にこだわるなら国産のRAYQUALだよ、というのはよく聞く話です。まあ、たしかに高いだけあって作りはいいし、特に製作者の方はCONTAX好きとあって、RAYQUALには格別なこだわりが見て取れます。
高精度 高品質 高い堅牢性 信頼の純国産マウントアダプター


しかし、中華アダプターが画質面においてどれほど悪いのか?というのは、実際に様々なレンズ比較をしている自分にしてもよくわかりませんし、それを明確に指摘した記事も見かけません。そんなわけで、今現在、ちょうどこのテストができそうなレンズとアダプターがあるので、この疑問に自分なりの答えを出してみたいと思います。

ベンチマークとなるのはコシナ Distagon 21mm F2.8 ZEシグマ MC-11。このふたつともmade in Japanを謳った信頼性の高い製品です。特にMC-11は他に存在しないレンズメーカー製のEF-NEXということで、マウントアダプター界では最高峰のクオリティといえるでしょう。
11078

ところがところが、これが意外な事実が浮かび上がるのです……。


続きを読む

Eマウントのケラレ検証 その4 純正レンズ

タイトルはケラレ検証ですが、ありふれたF1.4の一眼レフ用レンズくらいではまったくケラレないことが分かったので、今回はショートフランジバックのEマウントに対し、純正レンズがどういうふうに後玉を収めているのかを中心に調べてみます。

まず、いきなりこの記事に辿りついた方は前回の作図記事をご覧ください。図形に関しての詳しい説明は省きますので。

Eマウントのケラレ検証 その3 
Eマウントとマウントアダプターの関係を作図してみる
http://sstylery.blog.jp/archives/77042641.html


このEマウントに対し、実際のSONYの設計は?
9547


続きを読む

Eマウントのケラレ検証 その3 Eマウントとマウントアダプターの関係を作図してみる

ことの始まりはシグマのMC-11。このマウントアダプター、すごく手の込んだことをしていて、なんと、わざわざEマウントの四隅に当たる部分をえぐっているのです。

6536


では、実際にこの部分がとても有用かというとそれは疑わしく、シグマの本心としては植毛処理によって狭まるマウント径を少しでも改善したかっただけのように思います。剛性との兼ね合いもあるのでしょうが、本当に微妙な加工ですから。

でも、最新のレンズでは四隅にたっぷりと光が入る物もあるだろう、そういう場合は多少なりとも違いが出るのでは?と中判用のApo-Macro-Planar 120mm F4を装着して、普通のアダプターと撮り比べてみましたが違いはよく分かりませんでした。

うーむ……だいたいにして、Eマウントってどういうふうに光線が入射してるんだろう? ちょっと測ってみるか……なんてPhotoshopで作図し始めたら、もう泥沼。


にいさんがた、慣れないことはするもんじゃないぜ……。 _( ́ཀ 」 ∠)_  ゴフッ


続きを読む

シグマ MC-11+EFレンズのピント精度の一例

あほコンタックスまにあがMC-11+EF50mm F1.4を手にして漠然と思うこと……。


(´-`).。oO(今日のおやつはなに食べよ…)


もとい、

(´-`).。oO(α7IIの像面位相差って、どの程度合うんじゃろ…)


ちうわけで、確認してみましたα7II+MC-11+EF50mm F1.4のピント精度。
ただし、生まれてこの方、AFなんぞまともに使いこなしたことのない生粋のMFレンズ人がAFの評価なんてできるわけがありません! なのでテーマは至極簡単、

α7IIの像面位相差AFはピント拡大による精密MFにどこまで迫るのか?


を調べてみたいと思います。


続きを読む

シグマ MC-11のマニアックなレビュー マウント開口部の広さは?

いまさらのレビューなので、基本的な部分は要点だけを抑えていっきにいきます。

6534


まず、MC-11を汎用マウントアダプターにするのは苦しいです。というか、うちのBlog的に。
冷静に考えてみれば分かるんですが、電子接点付のEOSマウントに対応しているということはフルサイズEOSでミラーボックス干渉のあるCONTAXはマウント内干渉が起こる可能性があり、MC-11はまさにそのとおりCONTAXレンズの突起がどこかに当たるようで捻じ込むことができません。EOSのように力をこめてガリっとやればもしかしたら入るのかもしれませんが、代用品がいくらでもあるマウントアダプターでそれを行う必然性はありません。単純にもったいないし。

CONTAXでもC/Y - EOSのアダプターだけにすると問題なく装着できるので、MC-11はEOSでミラーボックス干渉がないレンズのみ使うことができるのでしょう。


そもそも、MC-11の価値はα7シリーズ(II型以降推奨)でAFが動くことにあるので、一番重要な世の関心はその操作性、精度はどうか?ということになるのでしょうが、

わたくし、例によって純正レンズを一本も持っていないので、α7IIのこまかい操作メニューがわけわかりません。

どーん (°言°)


続きを読む

マウントアダプター 理想の内面反射対策

最近、中国製アダプターに関して驚いたことがひとつあります。

適当に買ったこのEXAKTA - NEXアダプター、FOTOFOXという名前がついていますが同じ形の名無しも出回っているので単なるOEM製品に違いありません。ここまではよくある話。
ところが、これ…………
2621


反射防止塗装が………あ……あるっ………。
2716


なるほど狡猾な女狐ねっ!! もふもふした尻尾をふりふりしながら艶消し塗装をぬりぬりして村の男どもをたぶらかそうというのか!? あひーこりゃたまらん!!


………………


もとい。

続きを読む
その辺写真の機材ブログ。画像と記事は時々整理、日付も変更。

お問い合わせ: ahocontaxmania@gmail.com

c03


メッセージ送信
Twitter プロフィール
ブログ内検索
最新コメント

banner4


*メインはCONTAXのZEISSレンズで、その他ROLLEI、HASSELBLADなど少々。レンズ構成ごとにページが分かれていて割と読み応えあり。ボディはなし。乱発され内容も薄かったこのシリーズの中で唯一面白かったZEISS本。作例よりも語り中心。


*おすすめ。文字の分量は少なめだが書いてあることは濃い。写真よし、記事よし、品よし。


*おすすめ。レンズ描写にテーマを絞っていて文章が読み応えあり。内容的には無難なレンズ本と濃厚なマニア本の中間あたりで、レンズの特徴はそれなりに出ています。いまいち売れなかったのは作例に面白味がないため。


*メーカーの公式本。たしか、MM時代のMTFデータとプロの作品とZEISS技術者のインタビューなど。メーカー発なので当たり障りのない内容、コレクター向け。定価4,000円くらいの豪華本だったので、それを目安に購入検討を。


*詳細なボディ解説で、たしかレンズはクローズアップされてなかったはず。あんまり記憶に残っていません。


*「季刊クラシックカメラ 10ツァイスTレンズの描写力、表現力」に解説を寄せている築地氏が書いているので兄弟本みたいな内容。平均以上の充実度ですが、割とあちこちに記事を書いている人なので内容が重複する印象あり。


*CONTAXレンズを数値評価でばっさり。当時のユーザーの情熱的な声とは対照的に、たいして褒められていないのが面白かったり。


*ネットの普及していない時代にこれだけ各レンズの特徴に深く言及した人はいませんでした。書いてあることはかなり的確ですが、今時のデータ主義とは違い当時の熱量をそのまま表した官能評価です。オールドレンズで有名な澤村氏の口調に似ているかも。ただし、カラーメーターを使い印刷にもこだわったその姿勢は雑誌作例をゆうに超えています。


*90年代クラカメブームの隠れた先駆者で、古今東西のレンズを一律で横並びに評価した記事は一部の人たちにじわじわと火をつけました。レンズの階調描写について水墨画の複写を例に出していたのは今にして思えばまさに的確。レンズ評そのものは淡泊なので、ネット時代に参考になるとしたら機材運用に対する現実的なものの見方でしょうか。


*Carl ZeissはPフィルターを嫌うようで、CONTAX時代もUVフィルターはマルチコーティング、Pフィルターはシングルコーティング=保護用だから撮影時には使うなよ(無言の圧力)みたいな感じでした。フィルターのT*にどこまで意味があるのかは分かりませんが拘る方はどこまでも突き進むべし!


*マルミ製リアキャップ。形は純正とは違います。今時はマウント変換後の他社用を使うのが常套でしょか。


*Planar 50mm f1.4はこの67mm金属フードに55-67ステップアップリングをかませると軽快かつほどほどの深さでベター。


*上記組み合わせの55-67ステップアップリング。


*中華アダプターやレンズフードの反射防止に。


*ここまでのクオリティがいるかはともかく、安心の国産アダプター。中国製を選ぶ方は確実な遠景撮影ができる代わりにミラー衝突の危険が高まることを承知の上で。宮元製作所の直販サイトの方が安いかも。


  • ライブドアブログ