ZEISSレンズとかなんとか

*レンズ比較したり、適当なこと語ったり  PC画面での閲覧推奨*

Eマウントのケラレ

Eマウントのケラレ検証 その5 ケラレそうなEFレンズ+その他

図形を書いてEマウントのケラレを調べるシリーズの最後です。作図について細かな説明、光学的な補足が必要な方は、以下をご覧ください。

Eマウントのケラレ検証 その3 
Eマウントとマウントアダプターの関係を作図してみる
http://sstylery.blog.jp/archives/77042641.html


まずはレンズの透視図を入手できたEF85mm F1.2Lを元に今回の記事の前置きをしたいと思います。この図のカメラ側とマウントアダプターはすべて現物から実測していますが、これに合わせる交換レンズはCANONのWEBサイトに掲載されているレンズ構成図から大幅な拡大で合わせています。よって、正確さは欠けますし、一番重要な後玉もレンズごとに違う固定方法があるので、最端の光線がどの位置から射出されるかが分かりません。本来は、実物を手に取って後玉の露出している部分を計測すればいいのですが、そういうツテがあるわけでもないので、これらの図はあくまでEマウントのケラレを見るための参考程度に過ぎない、という認識でご覧いただければと思います。

9568

続きを読む

Eマウントのケラレ検証 その4 純正レンズ

タイトルはケラレ検証ですが、ありふれたF1.4の一眼レフ用レンズくらいではまったくケラレないことが分かったので、今回はショートフランジバックのEマウントに対し、純正レンズがどういうふうに後玉を収めているのかを中心に調べてみます。

まず、いきなりこの記事に辿りついた方は前回の作図記事をご覧ください。図形に関しての詳しい説明は省きますので。

Eマウントのケラレ検証 その3 
Eマウントとマウントアダプターの関係を作図してみる
http://sstylery.blog.jp/archives/77042641.html


このEマウントに対し、実際のSONYの設計は?
9547


続きを読む

Eマウントのケラレ検証 その3 Eマウントとマウントアダプターの関係を作図してみる

ことの始まりはシグマのMC-11。このマウントアダプター、すごく手の込んだことをしていて、なんと、わざわざEマウントの四隅に当たる部分をえぐっているのです。

6536


では、実際にこの部分がとても有用かというとそれは疑わしく、シグマの本心としては植毛処理によって狭まるマウント径を少しでも改善したかっただけのように思います。剛性との兼ね合いもあるのでしょうが、本当に微妙な加工ですから。

でも、最新のレンズでは四隅にたっぷりと光が入る物もあるだろう、そういう場合は多少なりとも違いが出るのでは?と中判用のApo-Macro-Planar 120mm F4を装着して、普通のアダプターと撮り比べてみましたが違いはよく分かりませんでした。

うーむ……だいたいにして、Eマウントってどういうふうに光線が入射してるんだろう? ちょっと測ってみるか……なんてPhotoshopで作図し始めたら、もう泥沼。


にいさんがた、慣れないことはするもんじゃないぜ……。 _( ́ཀ 」 ∠)_  ゴフッ


続きを読む

Eマウントのケラレ検証 その2 α7II

Eマウントに一眼レフ用のレンズを着けると蹴られるかも?問題の第二弾。

Eマウントのケラレ検証 その1
http://sstylery.blog.jp/archives/67324295.html

ただし、冷静に考えると初代α7がすでにぎりぎりのマウント径なのに、さらにそこから形状変更して蹴られる可能性を上げてしまうことは考えにくいです。Eマウントのあの狭さは、もともとSONYがNEXのフルサイズ化を考えていなかったことが理由ですが(※ITmediaの公式インタビューで明言しています)、いくらミラーレスといえどもさらにレンズ設計に影響が出るような改悪をするのかな?と。

二代目のα7IIではボディ内手ブレ補正も載っていることですし、さすがにマウント開口部のサイズだけは死守しているだろうと、希望的観測で今回のテストは手抜きです。


はい、ようするにこの前置きで手抜きの言いわけがしたかったのです。(゚ε゚)


続きを読む

Eマウントのケラレ検証 その1

Eマウントに一眼レフ用のレンズを着けると蹴られるかも?というのはα7発売当初から囁かれていましたが、実際問題としてユーザーの間では話題になっていないように思います。ケラレというと画面の四隅が黒々とするのをイメージしてしまいますが、専門的にはごくわずかな翳りもケラレに入るそうです。

それならば、CONTAXレンズで確かめようと比較してみたのが、この実験。



暗い白壁に向かってスローシャッターになるように設定、数秒の露光中にカメラを素早く回転させ環境光のムラをなくす。各RAW画像の中心部をグレー矯正、明るさをRGB(160,160,160)に。無限遠と最短を比べたのは後玉-センサー間の距離の差による影響を見たかったため。

左がα7、右がEOS 5Dで共通。


Distagon 18mm F4 開放 無限遠
2268 2270
Distagon 18mm F4 開放 最短
2269 2271

Distagon 18mm F4 F8 無限遠
2272 2274
Distagon 18mm F4 F8 最短
2273 2275
続きを読む
その辺写真の機材ブログ。画像と記事は時々整理、日付も変更。

お問い合わせ: ahocontaxmania@gmail.com

c03


メッセージ送信
Twitter プロフィール
ブログ内検索
最新コメント

banner4


*メインはCONTAXのZEISSレンズで、その他ROLLEI、HASSELBLADなど少々。レンズ構成ごとにページが分かれていて割と読み応えあり。ボディはなし。乱発され内容も薄かったこのシリーズの中で唯一面白かったZEISS本。作例よりも語り中心。


*おすすめ。文字の分量は少なめだが書いてあることは濃い。写真よし、記事よし、品よし。


*おすすめ。レンズ描写にテーマを絞っていて文章が読み応えあり。内容的には無難なレンズ本と濃厚なマニア本の中間あたりで、レンズの特徴はそれなりに出ています。いまいち売れなかったのは作例に面白味がないため。


*メーカーの公式本。たしか、MM時代のMTFデータとプロの作品とZEISS技術者のインタビューなど。メーカー発なので当たり障りのない内容、コレクター向け。定価4,000円くらいの豪華本だったので、それを目安に購入検討を。


*詳細なボディ解説で、たしかレンズはクローズアップされてなかったはず。あんまり記憶に残っていません。


*「季刊クラシックカメラ 10ツァイスTレンズの描写力、表現力」に解説を寄せている築地氏が書いているので兄弟本みたいな内容。平均以上の充実度ですが、割とあちこちに記事を書いている人なので内容が重複する印象あり。


*CONTAXレンズを数値評価でばっさり。当時のユーザーの情熱的な声とは対照的に、たいして褒められていないのが面白かったり。


*ネットの普及していない時代にこれだけ各レンズの特徴に深く言及した人はいませんでした。書いてあることはかなり的確ですが、今時のデータ主義とは違い当時の熱量をそのまま表した官能評価です。オールドレンズで有名な澤村氏の口調に似ているかも。ただし、カラーメーターを使い印刷にもこだわったその姿勢は雑誌作例をゆうに超えています。


*90年代クラカメブームの隠れた先駆者で、古今東西のレンズを一律で横並びに評価した記事は一部の人たちにじわじわと火をつけました。レンズの階調描写について水墨画の複写を例に出していたのは今にして思えばまさに的確。レンズ評そのものは淡泊なので、ネット時代に参考になるとしたら機材運用に対する現実的なものの見方でしょうか。


*Carl ZeissはPフィルターを嫌うようで、CONTAX時代もUVフィルターはマルチコーティング、Pフィルターはシングルコーティング=保護用だから撮影時には使うなよ(無言の圧力)みたいな感じでした。フィルターのT*にどこまで意味があるのかは分かりませんが拘る方はどこまでも突き進むべし!


*マルミ製リアキャップ。形は純正とは違います。今時はマウント変換後の他社用を使うのが常套でしょか。


*Planar 50mm f1.4はこの67mm金属フードに55-67ステップアップリングをかませると軽快かつほどほどの深さでベター。


*上記組み合わせの55-67ステップアップリング。


*中華アダプターやレンズフードの反射防止に。


*ここまでのクオリティがいるかはともかく、安心の国産アダプター。中国製を選ぶ方は確実な遠景撮影ができる代わりにミラー衝突の危険が高まることを承知の上で。宮元製作所の直販サイトの方が安いかも。


  • ライブドアブログ