ZEISSレンズとかなんとか

*画像サンプル、その他与太話*

よもやま話

Planar 50mm F1.4再考 #16 Elmar 50mm F3.5 野外比較

かなり無茶な比較ですが、これでElmar 50mmの正体が判明するはずです。
前置きとして、室内比較はこちら。

Planar 50mm F1.4再考 #15 Elmar 50mm F3.5 室内比較
http://sstylery.blog.jp/archives/75515988.html


各々のレンズを簡単に解説すると、1975年に発売され、発色も含めたバランスの良さでその後のAF時代にも見劣りしなかったスタンダードレンズといえるPlanar 50mm F1.4 AEJ、方やElmar 50mm F3.5はコーティングがなく硝材の性能もまだまだ不足していた時代のレンズで、その基本設計はなんと1930年代以前!

それでもまだ愛され、使われ続けているElmar 50mmの実際の描写はどんなもんだろう?というのがこの企画の趣旨で、普段からこのレンズを使って素朴に写真を撮っている方は眉をしかめるかもしれませんが、なにとぞご容赦くださいませ。<(_ _)> ペコリ


比較のポイントとして強調しておきたいのは、Planar 50mmはF1.4から二段半絞っているので画質についてはピントもボケも周辺画質も申し分なく、最初からElmar 50mmがかなうわけがないということ、そして、今回使用したElmar 50mmは戦後のコーティング付きで、比較的、写りの安定した個体であることです。



最初のカットがElmar 50mm F3.5、後のカットがPlanar 50mm F1.4 AEJですべて共通。

注記なければ絞りF3.5 絞り優先AEでその他は設定固定、WBは5200kから大雑把に調整
Photoshop Camera RAWの現像設定はα7でEOSのスタンダードを模したプロファイル
明るさの微調整、Planarのみ周辺減光を加えて基本的な絵を揃える(※互いに絞り込んだ場合は周辺減光の追加はなし)


Elmar 50mmは日陰も含めたすべての場面でPlanar 50mmよりも軟調です。その差があまり目立たないのは、絵柄の中間濃度を目安に明るさを揃えることで、ハイライト方向とシャドー方向の露出差が平均化されるからです。(※画質差を正しく把握するために、PCでクリック後の1000px画像を閲覧推奨)
6570


6571

続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #14 Pancolar 50mm F1.8(仮)

※タイトルはいったん(仮)として、追加比較の結果を見てから完成とします。


オールドレンズでOrestonとよく似たレンズはなんじゃろな…… ( ̄ω ̄ ) ?

と考えた場合に、まず、キーワードとなるのは最短撮影距離の35cm
そんで、設計はだいたい1960年代で無難なガウス型のドイツ製レンズとくれば頭に浮かぶのは………


Pancolar!
 (・∀・)パン  (#゚Д゚) コラ-!! 


よし。こいつと比べれば、ますますOrestonの理解が深まるぞ……と、なぜにOrestonに拘っているのかはよく分かりませんが(たぶん、近接時の草花描写が気に入っている)、いそいそとPancolar 50mm F1.8を入手し、軽く比較してみました。

が。

ビビリのあほコンタックスまにあは前期型のアトムレンズをさけ、さらりと後期型を入手していたのでした。ところがなんと、後から気付いたのですが、レンズ構成がOrestonに近いのはアトムレンズの方だったという。

M42 MOUNT SPIRAL

MULTI COATING PENTACON auto 50/1.8(M42) & Meyer-Optik Goerlitz ORESTON 50/1.8(M42)
https://spiral-m42.blogspot.com/2010/04/mc-pentacon-5018-meyer-optik-goerlitz.html

Carl Zeiss Jena Pancolar 50mm F1.8(M42)rev.2
https://spiral-m42.blogspot.com/2014/03/carl-zeiss-jena-pancolar-50mm-f18m42rev2.html


Oreston 50mm F1.8 : 4群6枚
Pancolar 50mm F1.8(前期型) : 4群6枚+トリウム
Pancolar 50mm F1.8(後期型) : 5群6枚

まあ、ガラスに放射性物質を混入させて性能を上げようとしたのがアトムレンズなので、その前期型だろうと後のレンズ構成が変わった(後部の張り合わせが分離された)後期型だろうと、Orestonが下位のレンズであることは変わらないだろうという目論見のもとに、いつもの厳密比較をいってみましょう~。


はたして、Oreston 50mm F1.8とPancolar 50mm F1.8(後期型)は似ているのか似ていないのか?


【残念なお知らせ】
今回、Planar 50mmはF1.4もF1.7もまったく登場しません。この二本のPlanarはもうすでにしっかりOrestonと比較していますので、それを振り返ればPancolarとの差異も想像できるので不要かなと。(真実としては、レンズ三本比較はメンドクサイ。A→B→Cと順に撮影するとAとCの時間差が大きくなり光が揃わなくなるので、A→B、A→Cという二倍の手間が必要になる)


続きを読む

「カメラの系譜 郷愁のアンティークカメラ III レンズ編」の感想文

ただいま熟読している本ですが……
6530


けっこう手強いです。

6531


続きを読む

はじめてのドライボックス奮闘記 その後

え~ちょっと続きを書くのが早いですが、暑い部屋にいるとレンズよりも先に人間が壊れてしまうような高湿度まっさかりということで、中間報告というか、お手軽ドライボックスの購入で迷っている方のためにささっと情報提供していきたいと思います。


自己流で買いそろえたドライボックスは、その後、どうだったか?


……と、その前に、いきなりこの記事に辿りついた方は、購入直後の記事をご覧ください。

はじめてのドライボックス奮闘記 レンズのカビ対策
http://sstylery.blog.jp/archives/75562888.html


続きを読む

「アサヒカメラニューフェース診断室 ライカの20世紀」の感想文

買いました。
6430


読みました。
6431


めっちゃ面白かったです。



……で、終わらないのが当blog。
さあ、いつものように書きまくりで行ってみましょー!

続きを読む

オールドレンズに合うかもしれないAdobe Camera RAW/Lightroomの現像プリセット α7シリーズ用

ろ……RAW現像は得意かい? (`・ω・´)ノ

こちとらRAW現像は不得意だから毎回ひーひー言ってるわけで、プロファイルの選択一発でうまくいってくれるのが理想なんですがSONY製のプロファイルはイマイチなのでそうもいかぬという。(割と単純な彩度の増減だけで微妙なさじ加減がない)

まあ、ぶっちゃけ、デジタルに素の写りなどというものはなく、写真の見た目はメーカーが作り上げた色調=プロファイルに支配されているわけで、それが気に入らないのなら違うプロファイルが用意されている別の現像ソフトを使えばいいだけの話。でもね……現像ソフトはできるだけひとつで済ませたいのです。だって、複数の環境を使い分けるのって面倒くさいし、手間をかけるほど凄い写真があるわけでもないので。


そんなこんなで現像は不得意なのに楽をしたがりの自分が、最近、これいいかも?と思っているAdobe Camera RAW/Lightroom用のプロファイルをご紹介しましょう。といっても、DNG Profile Editorを使って入念に作成したものではなく、あくまで現像ソフト内のパラメーター操作で作ったプリセット(現像設定)となりますが。

使用条件は、α7シリーズに対応したCamera RAWもしくはLightroom 5以降の現像エンジンです。


そして、ここが重要。
Apo-Makro-Planar 120mm F4やRE.Auto-Topcor 58mm F1.4(東京光学)などの特に繊細さを必要とするレンズに効いてくるプロファイルで、個人的にはけっこう助かってます。


続きを読む

はじめてのドライボックス奮闘記 レンズのカビ対策

東洋リビングの防湿庫は長年愛用しているわけですが、フィルターとフード、時にマウントアダプターがついている撮影体勢のレンズをいちいち出したり入れたりするのは面倒くさいなあ…という思いから、とりあえず撮影後に放り込んでおけるドライボックスが欲しくて仕方ありませんでした。

これは、このBlogが本格化してからの話で要するに、

常用しない無駄なレンズが異様に増えている…… (-_-)

というダメさ加減が原因です。しかも、α7のおかげでマウントがばらばらというカオス状態。
ああ、広角/標準/望遠と各一本ずつで済んでいたピュアなあの頃よ……。


というわけで、ようやく重い腰を上げてドライボックスを運用し始めたが、意外とすんなりいかなかった話となります。ひとつ注意点として、ドライボックスをちょこちょこ出し入れする一時保管庫とするのはあまり適切ではなく、本来は長らく使わない機材をドライボックスへ、頻繁に使う機材は防湿庫へしまうのが本道です。なぜなら、乾燥剤の管理という手間がなく、ドアの開け閉めによる湿度変化に全自動で対応できるのが防湿庫の強みですから。


続きを読む

コンタックス、オールドレンズの焦点内外像を比較する

Planar 50mm F1.4 AEJの初期玉比較の記事で焦点内外像の比較をしてみたら意外に面白かったので、手持ちのレンズをずらっと調べてみました。


「焦点内外像とは?」

星やピンホール像など、極小の点光源をぼかすと見えてくるレンズの状態で、画面中心部では主に球面収差と色収差(輪帯)が、画面端ではそれら加え非点収差とコマ収差(ボケの歪み)が観察できるようです。関連するキーワードが“星”ということで、点像の正確さが厳しく求められる天体望遠鏡の調整に用いられるものらしく、実際にGoogle検索をかけると情報が出てくるのはその分野ばかりです。

実のところ、焦点内外像はボケそのものなので写真レンズの場合は夜景を撮影するだけで済むようなものと言え、これに言及しているのはプロ御用達の玄光社コマーシャル・フォト「Shuffle」さんくらいです。


アオリができる超広角レンズ「ニコン PC NIKKOR 19mm f/4E ED」を徹底検証する
茂手木秀行
http://shuffle.genkosha.com/products/lens/9427.html


焦点内外像という言葉はあまり耳慣れない言葉だと思う。これを観察することは天体望遠鏡の性能を簡易に、視覚的に把握するために用いられる方法であり、望遠鏡好きにはよく知られているものだ。

~中略~

ピントをどちらの方向にずらしても、ボケ方が対称である時はその光学系は無収差に近い。また、少しボケた時の像が同心円の軸にズレがなければ、それはレンズや鏡筒の組み立てなど工学的にも瑕疵がないことを示している。

それに対して、ボケ方が対称とならず、少しぼかした時の同心円像が、等間隔ではなく、縁だけが明るくなってしまったり、同心円が形成されないことがある。この場合は、何らかの収差が残存している場合であり、概ね球面収差の残存が支配的だ。ピントが合った時よりも外側の像の同心円が等間隔でない場合は、球面収差の補正が足りない。逆に内側の同心円が等間隔にならない場合は、球面収差の補正が過剰である場合だ。いずれの場合もさらに大きくぼかすと、ボケは円盤状ではなく、縁の明るさが強いリング状になる。


続きを読む

Planar 50mm F1.4の初期玉神話は都市伝説か? #12 焦点内外像による初期玉比較

実はこの記事、当初ははっきりと白黒つけるような意識はなく、多少なりとも特定個体に対する違和感の根拠が掴めればいいかな程度の意識でした。ところがどっこい、ある思い付きで行った焦点内外像の観察により、初期玉のピント以外の描写について、自分なりの仮説が完成してしまったのです。


事の発端は、この記事で書いたS/N: 581の黒刻印。なんだか絞り開放の雰囲気が違って、どうも丸ボケの輪郭が強く艶やかで、Planar 50mmのクラシカル度が増しているような雰囲気があるのです。

Planar 50mm F1.4の初期玉神話は都市伝説か? #5 黒刻印のボケ描写
http://sstylery.blog.jp/archives/21263788.html

この黒刻印をMMJなどと比較した結果はこれといった差も見えず、撮影者のプラシーボ?と曖昧な感想で記事を終わらせましたが、その後、他の個体を使い続けたあとにこの個体に戻ってくると、やっぱり頭の中に引っかかるものがあるのです。


6200


う~~む、ならばやるしかない! ミラーレスのα7なら素早く精度の高いピント合わせができるから、繰り返し撮影でボケ量が変わってしまうこともないだろうし、光の変化も最小限で済むはず。


いざ! 初期玉比較!!


続きを読む

レンズのお手入れ用ブラシはピンク色 あたい、キレイになる!

やはり、カメラ女子というもの最低限の身だしなみも気をつけなければ……と、100円ショップで化粧ブラシを買ってきました。 (*´∀`*) キレイニナル!

6115


違います。


機材の清掃にとても便利なリップスティック型のブラシを家のあちこちに置いておきたいから、似たようなものを100円ショップでまとめ買いしようとしたのです。しかし、運悪く1本しか在庫がなく、もっとありませんか?と聞いた時のおばちゃんのしぶい顔……。(昔っから、男性にそぐわないもの=例えば被写体の薔薇とかを買ったりすると、なにこいつ……という目で見る女性店員さんがいます。もっとプロフェッショナルになってください!)

と、ちいさなグチはともかく、外で持ち歩く用にはちゃんとカメラ用品の黒があるので、色は問題ではありません。そういうことにしておきましょう。


6116

続きを読む
その辺写真の機材ブログ。画像と記事は時々整理、日付も変更。

クリックなしの大きい画像集はこちら。

お問い合わせ: ahocontaxmania@gmail.com

Twitter プロフィール
ブログ内検索
最新コメント


*メインはCONTAXのZEISSレンズで、その他ROLLEI、HASSELBLADなど少々。レンズ構成ごとにページが分かれていて割と読み応えあり。ボディはなし。乱発され内容も薄かったこのシリーズの中で唯一面白かったZEISS本。作例よりも語り中心。


*おすすめ。文字の分量は少なめだが書いてあることは濃い。写真よし、記事よし、品よし。


*おすすめ。レンズ描写にテーマを絞っていて文章が読み応えあり。内容的には無難なレンズ本と濃厚なマニア本の中間あたりで、レンズの特徴はそれなりに出ています。いまいち売れなかったのは作例に面白味がないため。


*メーカーの公式本。たしか、MM時代のMTFデータとプロの作品とZEISS技術者のインタビューなど。メーカー発なので当たり障りのない内容、コレクター向け。定価4,000円くらいの豪華本だったので、それを目安に購入検討を。


*詳細なボディ解説で、たしかレンズはクローズアップされてなかったはず。あんまり記憶に残っていません。


*「季刊クラシックカメラ 10ツァイスTレンズの描写力、表現力」に解説を寄せている築地氏が書いているので兄弟本みたいな内容。平均以上の充実度ですが、割とあちこちに記事を書いている人なので内容が重複する印象あり。


*CONTAXレンズを数値評価でばっさり。当時のユーザーの情熱的な声とは対照的に、たいして褒められていないのが面白かったり。


*ネットの普及していない時代にこれだけ各レンズの特徴に深く言及した人はいませんでした。書いてあることはかなり的確ですが、今時のデータ主義とは違い当時の熱量をそのまま表した官能評価です。オールドレンズで有名な澤村氏の口調に似ているかも。ただし、カラーメーターを使い印刷にもこだわったその姿勢は雑誌作例をゆうに超えています。


*90年代クラカメブームの隠れた先駆者で、古今東西のレンズを一律で横並びに評価した記事は一部の人たちにじわじわと火をつけました。レンズの階調描写について水墨画の複写を例に出していたのは今にして思えばまさに的確。レンズ評そのものは淡泊なので、ネット時代に参考になるとしたら機材運用に対する現実的なものの見方でしょうか。


*特定ライターの主観を廃しカタログ的に物撮りされた機材を魅せていくこの内容は「コンタックスとツァイス・イコンの肖像」の編集方針にも似て品が良い。ただし、出てくるカメラの数が多いので個々の解説記事は薄め。巻末の黒川氏のモノクロ作例はオールドレンズの味わい方を見事に示しているようでおすすめ。


*Carl ZeissはPフィルターを嫌うようで、CONTAX時代もUVフィルターはマルチコーティング、Pフィルターはシングルコーティング=保護用だから撮影時には使うなよ(無言の圧力)みたいな感じでした。フィルターのT*にどこまで意味があるのかは分かりませんが拘る方はどこまでも突き進むべし!


*マルミ製リアキャップ。形は純正とは違います。今時はマウント変換後の他社用を使うのが常套でしょか。


*Planar 50mm f1.4はこの67mm金属フードに55-67ステップアップリングをかませると軽快かつほどほどの深さでベター。


*上記組み合わせの55-67ステップアップリング。


*中華アダプターやレンズフードの反射防止に。


*ここまでのクオリティがいるかはともかく、安心の国産アダプター。中国製を選ぶ方は確実な遠景撮影ができる代わりにミラー衝突の危険が高まることを承知の上で。宮元製作所の直販サイトの方が安いかも。


  • ライブドアブログ