ZEISSレンズとかなんとか

*画像サンプル、その他与太話*

Planar 1.4/50 HFT

Planar 1.4/50 HFT、Rollei-HFTについてのまとめ CONTAXも交えて

いまだにEOSとレンズの中心が傾くアダプターでひーこら近接のみの撮影をしているので、Rollei版Planar 1.4/50は総まとめではなく、分かっていることだけです。描写については実際に比べてみるとCONTAXとは似て非なるもので、両方使い分ける意味は十分にあると思います。

しかし、新旧HFTにさらにCONTAXまで交えて語ると非常に複雑な話で……。



続きを読む

Planar 1.4/50 HFT Rollei-HFT 比較撮影(やり直し)

意外と興味ある人が多いんじゃなかろうかという新旧HFT比較のやりなおし。

なんとか快晴が得られたので、前回あやふやだった両者の差異がよく分かりました。といっても、複数の個体をテストしたわけではないので、あくまで自分の見たものに限っては…という遠慮が入りますが。比較撮影を始めてすぐに気づいたのはRollei-HFTの諧調が少し明るく写ることで、そのため念入りに繰り返し撮影をしたのですが、すべてのカットで再現性がありました。この違い、よぉ~く観察してみてください。Rollei-HFTの青みはもう確定ですね。


最初のカットがPlanar 1.4/50 HFT、後のカットがPlanar 1.4/50 Rollei-HFTですべて共通。

すべて絞り開放 マニュアル撮影で設定固定、WBは5200k付近
Photoshop Camera RAWの現像設定はCamera Standard(DPPのスタンダード相当)

1861


1862


続きを読む

Rollei Planar 1.4/50 Rollei-HFT #2 CONTAXとの比較

今回、あれ?っと思ったのはRolleiの方がすべてのカットで暗く写り、丸ボケも小さいことです。以前のHFTでこれに勘付いた時は半段クリックの絞りリングが動いたか?と思い込んだのですが、Rollei-HFTのゴムリング鏡胴は単純な一段クリック。当然、自分の過去記事を覚えているので撮影中に何度も羽の状態を見直しましたが、レンズは完全な絞り開放でした。

とりあえず過去記事に修正を加え、HFTのテストをやり直しました。


最初のカットがPlanar 1.4/50 Rollei-HFT、後のカットがCONTAX Planar 50mmf1.4 AEJですべて共通。

すべて絞り開放 マニュアル撮影で設定固定、WBは5200k付近
Photoshop Camera RAWの現像設定はCamera Standard(DPPのスタンダード相当)

1246


ややピンずれ。ボケや被写界深度の参考にはなりません。
1245


続きを読む

Rollei Planar 1.4/50 Rollei-HFT #1 ピントチェック

Rollei QBMマウントのPlanar 1.4/50のコーティングは、初期のHFTとそれ以後のRollei-HFTという二種類があります。どちらもマルチコーティングなのでシングルコーティングほどには差が出ないと思いますが、外見上は明らかにRollei-HFTの方が改良版という反射色を見せますのでさくっとチェックしてみましょう。


まずは恒例のピント確認。
撮影画像の一部拡大で、WBは見易いようにグレー矯正を掛けています。

A:Planar 1.4/50 Rollei-HFT 後期シンガポール製
930

B:Planar 50mm f1.4 AEJ黒刻印
931


ピントの見易さに関してはとにかくRollei Planarはきちっとしているというか、これまで見た個体のすべてがCONTAXのピントの良い個体と同等でした。ボケ描写は柔らかさの傾向がAとBで前後逆ということで、球面収差の過剰補正型と完全補正型の違いが見て取れます。アサヒカメラの実測で過剰補正が観測されたのがRolleiで、これはZEISSがPlanar 50mm f1.4の基本設計をQBMに最適化する際に味付けを変えたからなのか、実焦点距離がCONTAXよりも短い副産物なのかはよく分かりません。

端的に言うと、開放撮影をした場合に前ボケが柔らかく後ボケが固いのが過剰補正型なので、いつも当Blogで撮影している葉っぱの写真では、背景の丸ボケや茎の輪郭線が強くなり独特の雰囲気を与える(人によってはクラシカルな印象を受ける)のがRollei Planarです。このボケ描写にRolleiの色味が加わって、CONTAXと似て非なるものという写真ができあがるのでしょう。色再現はCONTAX AE/MMとは明確に違い、以前確認したHFT同等の赤み≒マゼンタ傾向でした。

てきとうに撮影した感じでは初期のHFTよりもコントラストが上がっているような気もしましたが、そういった怪しい主観はさておき、次回は興味津々の比較撮影です。


Rollei Planar 1.4/50 HFT #3 CONTAXとの比較

RolleiのPlanar 1.4/50 HFTとCONTAXの比較を見る時の大前提は、Rolleiの方が実焦点距離が短いのでCONTAXよりも広く写り、焦点距離が短いのでボケも小さくなりますが過剰補正型のために輪郭線が強く出ることです。(これを言い切れるようになるまで紆余曲折がありました。( i д i ) )

以下はその辺りに留意してご覧ください。


最初のカットがPlanar 1.4/50 HFT、後のカットがCONTAX Planar 50mmf1.4 AEJですべて共通。

注記なければ絞り開放 マニュアル撮影で設定固定、WBは5200k付近
Photoshop Camera RAWの現像設定はCamera Standard(DPPのスタンダード相当)

1906


1907


続きを読む

Rollei Planar 1.4/50 HFT #2 色と階調

やや少ないですが、掲載順に
Rollei Planar 1.4/50 HFT
CONTAX Planar 50mmf1.4 AEJ
CONTAX Planar 50mmf1.4 MMJ
という並びになります。


Rolleiが微妙に広いのは実焦点距離の違いだそうです。
アサヒカメラによると、Rollei 50.6mm CONTAX 51.6mm

すべて絞り開放 マニュアル撮影で設定固定、WBは5200k付近
Photoshop Camera RAWの現像設定はCamera Standard(DPPのスタンダード相当)、違いを強調するために若干コントラスト上げ。


409


410


411


このカットだけ、やや上にピントが来ているので背景のボケ量が多いです。
412


続きを読む

Rollei Planar 1.4/50 HFT #1 ピントチェック

いきなり核心ですが、Rollei Planar 1.4/50 HFTはCONTAX 50mm f1.4 MMJよりもピントが合わせやすいです。このBlogのために精密なテスト撮影しているうちに、どうもRolleiはピントが深いんじゃないか?という疑惑が出てきたので、それをはっきりさせるためにつまらない定規の撮影です。


左:Rollei HFT 右:CONTAX MMJ
赤の200の線を狙って一番ピントの良いものから選別。
25


続きを読む

Rollei Planar 1.4/50 HFT QBM Carl Zeiss

Rollei SL35用のPlanar 1.4/50をつらつらと分析していきます。
なお、写真はアダプターが付いていたりして適当ですが悪しからず。こういう記事を上げて分かったのは、自分は機材を綺麗に撮ることにはまるで興味がないということです。失礼。

京セラCONTAXのレンズが好きな方はドイツ製に傾倒していたりしますが、50mmf1.4には日本製しかありません。となるとローライSL35用の西ドイツ製に目が行きますが、果たしてどれほどの違いがあるのでしょうか。一説にはまったく同じという話もありますが……。


ローライ50mmの変遷ですが、まずは最初期にカール・ツァイス製モノコートのf1.8が先に生産され、その後、HFTのf1.4が遅れて登場します。スタンダードレンズで大量生産されるf1.8がローライ名義に変わっていく中、f1.4はそのままツァイス名義でゴムリングの2ピン仕様が作られ、シンガポール製へと引き継がれていきます。そうしてMade by Rollei、Rollei-HFTのf1.4が造られ続け、晩年に同じ表記のままゴムリングのドイツ製が復活します。

ここで比較するのはコンタックス後期のMMJですから、ほぼ現代のマルチコーティングで特別な色の偏りがあるわけではありません。それに対しローライはS/Nの頭が55、初期のカール・ツァイス製でコーティングも後期の濃厚な色を見せるRollei-HFTとは別物です。

00c


続きを読む
その辺写真の機材ブログ。画像と記事は時々整理、日付も変更。

クリックなしの大きい画像集はこちら。

お問い合わせ: ahocontaxmania@gmail.com

Twitter プロフィール
ブログ内検索
最新コメント

*メインはCONTAXのZEISSレンズで、その他ROLLEI、HASSELBLADなど少々。レンズ構成ごとにページが分かれていて割と読み応えあり。ボディはなし。乱発され内容も薄かったこのシリーズの中で唯一面白かったZEISS本。


*おすすめ。文字の分量は少なめだが書いてあることは濃い。写真よし、記事よし、品よし。


*おすすめ。レンズ描写にテーマを絞っていて文章が読み応えあり。内容的には無難なレンズ本と濃厚なマニア本の中間あたりで、レンズの特徴はそれなりに出ています。いまいち売れなかったのは作例に面白味がないため。


*メーカーの公式本。たしか、MM時代のMTFデータとプロの作品とZEISS技術者のインタビューなど。メーカー発なので当たり障りのない内容、コレクター向け。定価4,000円くらいの豪華本だったので、それを目安に購入検討を。


*詳細なボディ解説で、たしかレンズはクローズアップされてなかったはず。あんまり記憶に残っていません。


*「季刊クラシックカメラ 10ツァイスTレンズの描写力、表現力」に解説を寄せているプロが書いているので兄弟本みたいな内容。平均以上の充実度ですが、割とあちこちに記事を書いている人なので内容が重複する印象あり。


*CONTAXレンズを数値評価でばっさり。当時のユーザーの情熱的な声とは対照的に、たいして褒められていないのが面白かったり。


*ネットの普及していない時代にこれだけ各レンズの特徴に深く言及した人はいませんでした。書いてあることはかなり的確ですが、撮影時の姿勢が拘りすぎで肩が凝るかも。なんせ、カラーメーターを使っているくらいなので。


*90年代クラカメブームの隠れた先駆者で、古今東西のレンズを一律で横並びに評価した記事は一部の人たちにじわじわと火をつけました。レンズの階調描写について水墨画の複写を例に出していたのは今にして思えばまさに的確。レンズ評そのものは淡泊なので、ネット時代に参考になるとしたら機材運用に対する現実的なものの見方でしょうか。


*特定ライターの主観を廃しカタログ的に物撮りされた機材を魅せていくこの内容は「コンタックスとツァイス・イコンの肖像」の編集方針にも似て品が良い。ただし、出てくるカメラの数が多いので個々の解説記事は薄め。巻末の黒川氏のモノクロ作例はオールドレンズの味わい方を見事に示しているようでおすすめ。


*Carl ZeissはPフィルターを嫌うようで、CONTAX時代もUVフィルターはマルチコーティング、Pフィルターはシングルコーティング=保護用だから撮影時には使うなよ(無言の圧力)みたいな感じでした。フィルターのT*にどこまで意味があるのかは分かりませんが拘る方はどこまでも突き進むべし!


*マルミ製リアキャップ。形は純正とは違います。今時はマウント変換後の他社用を使うのが常套でしょか。


*Planar 50mm f1.4はこの67mm金属フードに55-67ステップアップリングをかませると軽快かつほどほどの深さでベター。


*上記組み合わせの55-67ステップアップリング。


*中華アダプターやレンズフードの反射防止に。


*ここまでのクオリティがいるかはともかく、安心の国産アダプター。中国製を選ぶ方は確実な遠景撮影ができる代わりにミラー衝突の危険が高まることを承知の上で。宮元製作所の直販サイトの方が安いかも。



  • ライブドアブログ