ZEISSレンズとかなんとか

*画像サンプル、その他与太話*

マウントアダプター

シグマ MC-11のマニアックなレビュー マウント開口部の広さは?

いまさらのレビューなので、基本的な部分は要点だけを抑えていっきにいきます。

6534


まず、MC-11を汎用マウントアダプターにするのは苦しいです。というか、うちのBlog的に。
冷静に考えてみれば分かるんですが、電子接点付のEOSマウントに対応しているということはフルサイズEOSでミラーボックス干渉のあるCONTAXはマウント内干渉が起こる可能性があり、MC-11はまさにそのとおりCONTAXレンズの突起がどこかに当たるようで捻じ込むことができません。EOSのように力をこめてガリっとやればもしかしたら入るのかもしれませんが、代用品がいくらでもあるマウントアダプターでそれを行う必然性はありません。単純にもったいないし。

CONTAXでもC/Y - EOSのアダプターだけにすると問題なく装着できるので、MC-11はEOSでミラーボックス干渉がないレンズのみ使うことができるのでしょう。


そもそも、MC-11の価値はα7シリーズ(II型以降推奨)でAFが動くことにあるので、一番重要な世の関心はその操作性、精度はどうか?ということになるのでしょうが、

わたくし、例によって純正レンズを一本も持っていないので、α7IIのこまかい操作メニューがわけわかりません。

どーん (°言°)


続きを読む

マウントアダプターのフランジバック調整

いつも文章が長いので、今回は簡潔にいきまする!

え~と、標準~広角系の特定レンズをピントリングの突き当りでほぼ無限遠に合うようにする改造工作の実例です。“ほぼ”と曖昧にぼかしたのは、この作業はかなり個体差に左右されるので、必ずしもデジタルのピント拡大で合わせた完璧さと同等にはならない可能性があるからです。
使用するマウントアダプターは無限遠を行き過ぎる中国製アダプター、比較的、軽めのレンズを想定しています。


左: よくあるオーバーインフ  右: 無限遠が距離表示と一致
この改造を行うメリットは、スナップの速写性が上がることです。
59875988


続きを読む

BESCHOIのセール (安売り情報)

BESCHOI とはなんぞや……。

これだけでピンときた皆さんはマウントアダプターの手練れです。そうです、日本AMAZONで見かけるK&F CONCEPTのOEM?と思われるまったく同じアダプター群を発売するブランドです。

通常、中華アダプターはあるひとつの型が出回ると、海外市場ではそれとまったく同じ物のブランド違い(プリント文字違い)、ブランドなしが散見されるのですが、K&Fだけはメーカー側の力が強いのかそういった状況は見られません。つまり、K&Fの品質を手に入れるにはK&Fの製品を買うしかない。それ以外はどこかでコストダウンが行われたコピー品。

ところがところが、BESCHOIだけは、まるっきり同じものを販売しているのです。本当にK&Fクオリティのマウントアダプター。中国の工場の内情は知る由もありませんが、これって、どこかが悪いことしてるの……?


なぜ、こんなことを話題にするのかというと、今、AMAZONでBESCHOIのアダプターがとても安いからなのです(2500円→1500円レベルの値引き)。あたしゃー、なんとなく欲しかったけど買い増しする程でもないなあ…と二の足を踏んでいたアダプターがこれで買えました。やっほー!

5900b

購入したアダプターは必ず、レンズマウントのネジが最後まで締まっているかドライバーをあてて確認しましょう。ここの締め付けが甘いと超広角で偏芯が起こる可能性があります。(※めちゃくちゃきつくするという意味ではなく、きちんと突き当りまで締められていないネジを確認する)
それと毎度、言っていますが、レンズの捻じ込みが固かったら不良品だと思う前に板バネを割り箸で押して潰すのです。中華アダプターは緩いよりは固い方がマシだろうと、雑な調整で出荷されているので。

http://sstylery.blog.jp/archives/71678598.html
http://sstylery.blog.jp/archives/72657807.html
5901


いったい、いつまでこの値段なのか知りませんが、今が買い時ですぜ! 兄さん、姐さん方、大人の紳士淑女の皆さま、はたまた、ベテランの先輩諸氏!

べすちょい? そんなかっこわるい名前の物が使えるか!なんて文句はお門違いです。だって、たぶん、BESCHOIはベストチョイスの略だから(笑)。こういういかにも適当なところが、このブランドの楽な儲け方を暗示しているような気もしますが、そこは突っ込んではいけないのかもしれません。



【数か月後の追記】

※いくつかの製品は多少安値程度に上がってしまいましたが、アダプターの種類によっては、まだ安い物もあります。近頃、K&Fも含めてカメラマウントの固さがちらほらと指摘されているので、マウント時に嫌だな、という感覚があったら無理に最後まで捻じ込まずにすぐに返品処理をしましょう。


中華アダプター 重い望遠レンズをしっかりと支える方法

どんっ。
5626

α7IIにこの物々しいレンズは何かというと、中判用のApo-Makro-Planar 120mmでございます。アダプターの組み合わせはCONTAX 645-EOS+EOS-NEXで、さすがに重いレンズに中華アダプターの二段重ねだと製造公差の緩さが仇になるのか、EOSの接続部で縦方向のおじぎが発生してしまいました。その対策としては、アダプターの板バネをかっちかちに固くすればよいのですが、明確なお辞儀が発生するということはマウント同士のガタが多いということでもあるので、レンズを振り回していればいずれ板バネが重さに負けてまたおじぎが始めるはずです。

重い望遠レンズでもしっかりと中華アダプターで支えられるようにすると、当然、それ以外のレンズの取り外しが固くなり、ほぼ専用の物となってしまいますが仕方ありません。


改造じゃ~~~っ!


続きを読む

今日びの中華アダプター EOS - NEX 三脚座付(取り外し式)

え~いつも当blogの記事には何かしらテーマや主張があるはずですが、今回は何もなし。また新しいアダプターを買ったので、皆さんの暇つぶしになればいいかなと。


買ったのはこれ。EOS-NEX 三脚座付アダプター(取り外し式)。
なぜ今更こんなものを?(AFアダプターを買えば三脚座がついてくるのに……)という疑問が浮かぶでしょうが、Apo-Makro-Planar 120mm F4をα7IIで使うとあまりにも重量/体積比のバランスが悪くて接写時に安定しないので、こ~りゃ一個三脚座付のアダプターを買って試してみんべえと海外から取り寄せてみました。この製品、アルカスイス互換の長い三脚座があるのですが、Apo-Makro-Planar 120mmの太いピントリングの邪魔になると困るんで、とりあえず無難なのを選びました。

5610



続きを読む

K&F Conceptは本気です! 新型M42 - NEXの詳細レビュー

マウントアダプターのK&F Conceptは只者ではありません。
海外市場でその名前を見かけた当初からカラー印刷の箱付きで、製品は中華の匂いを感じさせないロゴ入りかつスマートなデザインという、きちんとブランディングされたメーカーの姿勢は日本AMAZONでの取り扱いを契機にあれよあれよとマニア層に浸透し、とうとう本格的な日本進出を果たすまでになるのです。

【CP+】MFレンズとマウントアダプターのマニアックな世界
マイクロフォーサーズ用魚眼レンズなど 廉価アダプターのK & F Conceptが日本初上陸
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/eventreport/1046440.html

5278


焦点工房、K&F CONCEPTの取り扱いを開始
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1047312.html


K&F Conceptの良さはひとえに品質が一定に保たれていることで、その品質とは極端な安値競争をしない代わりにむやみやたらなコストダウンをしないことです。その結果、K&F Conceptのアダプターは中国製品にありがちの初期不良や個体差を排除するには至っていませんが、マウント時のスムーズさやマウントロックのぎくしゃく感のなさなどでユーザーに好印象を与え、「次もここにしよう」と素直に思わせるほどの安心感を醸し出しているのです。


とても興味深いのは、これだけ本質を突いてユーザーに受け入れられている割にメーカーは売れ筋をすべて網羅しようなどという大胆さはないのです。まさに力押しではない従来の販売戦略どおりに、ヘリコイドアダプター(LEICA M - NEX)やギア駆動のCONTAX G - NEXなど製造難度の高い製品は避け、今最も流行りの電子接点付アダプターはEF - NEXの一商品だけです。
そういった保守的な一面が見える一方、フジの中判ミラーレス GFX用アダプターは数が出ないはずなのに積極的に網羅するなど攻めの姿勢もあり、これらを総合すると、K&F Conceptは非常に商才のある方が全体の方向性を決めているのではないかと思われます。


そんなK&F Conceptが初めて独自の進化を見せたのが、少し前に発表になった新型マウントアダプター四種。後部は真鍮製の別パーツとなり、内部は反射防止塗装あり。果たして、その実態は?

K&F CONCEPT、ソニーE用マウントアダプターに改良型
M42、ニコンF、キヤノンFD、ミノルタSR用
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1051426.html

5279


続きを読む

へろへろ工作室

痒いところに手が届くはずの工作ですが、基本的に実利重視なので形にはこだわりません。
へろへろです。


1、マウントアダプターの電子接点隠し 【実用可】

材料: 植毛紙
効果: 反射防止
お手軽度: ☆☆☆☆☆
推測される実用度: ☆☆☆☆☆


安い中華アダプターには植毛紙を貼っているのですが、よく見ると後部内壁は電子接点にくっつくほど接近しています……。 ひらめいた ( ゚∀゚) !!
3870

植毛紙を積み重ねるだけで電子接点が隠せるじゃん!!
3871

続きを読む

Planarでトイカメラ てぃるってぃるにぐるっぐる

ティルトアダプター(改造済み)を使って、いろいろ実験中。
すんごく面白いです。

Planar 50mm F1.4 AEJ Planar 85mm F1.4 MMJ 注記なければ絞り開放
Photoshop Camera RAWの現像設定はSONYのStandardから調整

3861


3864


続きを読む

【緊急】 謎のEF - NEX 電子式AF ヘリコイドアダプターを追跡せよ

Amazonでなんか面白いアダプターないかなーとうろうろしていたら、とんでもないものを見つけてしまいました。

Viltrox マイクロフォーサーズ用 補助ヘリコイド付 オートフォーカス レンズマウントアダプター EF EF-S レンズ Sony E NEX マウント フルフレームに対応 [並行輸入品]



たいていの人は商品タイトルで目が点になると思います。

マイクロフォーサーズ用 補助ヘリコイド付 オートフォーカス レンズマウントアダプター EF EF-S レンズ Sony E NEX マウント フルフレームに対応」


なんでマウント名が三つ出てくるのかと(笑笑笑)。
まあ画像を見れば、これがEF - NEXだというのは分かるのですが、なぜにマイクロフォーサーズ? これはおそらく、マウントアダプターの補助ヘリコイド付は一般にマクロヘリコイドという名称で売り出されているので、それをAmazonの売り手が誤読したのではないかと思います。

ところが、この話はここで終わりません。
詳しい情報を得ようと、当のViltroxで検索してみても簡単には見つからないのです。その理由は……

続きを読む

Bokeh使いはご用心 マウントアダプターのボケのケラレ

疑問の発端は現在、テスト中のCONTAX N Planar 85mm F1.4でした。このレンズ、大口径中望遠なので当然ながらボケは重要で、必然的に画面の多くに発生するアウトフォーカスの質を確かめるためにいろいろな撮影をしていました。ところが、別に特殊な構図を意図したわけでもないのに、簡単に丸ボケが欠けるのです。
おや?と画面内の異変に気づいてカメラを振るとその動きに連鎖してボケの上下が欠けたり戻ったり。これは間違いなく、アダプターの内部でケラレている。

3450

なんと見事なケラレ……。
3451


続きを読む
その辺写真の機材ブログ。画像と記事は時々整理、日付も変更。

クリックなしの大きい画像集はこちら。

お問い合わせ: ahocontaxmania@gmail.com

Twitter プロフィール
ブログ内検索
最新コメント


*メインはCONTAXのZEISSレンズで、その他ROLLEI、HASSELBLADなど少々。レンズ構成ごとにページが分かれていて割と読み応えあり。ボディはなし。乱発され内容も薄かったこのシリーズの中で唯一面白かったZEISS本。作例よりも語り中心。


*おすすめ。文字の分量は少なめだが書いてあることは濃い。写真よし、記事よし、品よし。


*おすすめ。レンズ描写にテーマを絞っていて文章が読み応えあり。内容的には無難なレンズ本と濃厚なマニア本の中間あたりで、レンズの特徴はそれなりに出ています。いまいち売れなかったのは作例に面白味がないため。


*メーカーの公式本。たしか、MM時代のMTFデータとプロの作品とZEISS技術者のインタビューなど。メーカー発なので当たり障りのない内容、コレクター向け。定価4,000円くらいの豪華本だったので、それを目安に購入検討を。


*詳細なボディ解説で、たしかレンズはクローズアップされてなかったはず。あんまり記憶に残っていません。


*「季刊クラシックカメラ 10ツァイスTレンズの描写力、表現力」に解説を寄せている築地氏が書いているので兄弟本みたいな内容。平均以上の充実度ですが、割とあちこちに記事を書いている人なので内容が重複する印象あり。


*CONTAXレンズを数値評価でばっさり。当時のユーザーの情熱的な声とは対照的に、たいして褒められていないのが面白かったり。


*ネットの普及していない時代にこれだけ各レンズの特徴に深く言及した人はいませんでした。書いてあることはかなり的確ですが、今時のデータ主義とは違い当時の熱量をそのまま表した官能評価です。オールドレンズで有名な澤村氏の口調に似ているかも。ただし、カラーメーターを使い印刷にもこだわったその姿勢は雑誌作例をゆうに超えています。


*90年代クラカメブームの隠れた先駆者で、古今東西のレンズを一律で横並びに評価した記事は一部の人たちにじわじわと火をつけました。レンズの階調描写について水墨画の複写を例に出していたのは今にして思えばまさに的確。レンズ評そのものは淡泊なので、ネット時代に参考になるとしたら機材運用に対する現実的なものの見方でしょうか。


*特定ライターの主観を廃しカタログ的に物撮りされた機材を魅せていくこの内容は「コンタックスとツァイス・イコンの肖像」の編集方針にも似て品が良い。ただし、出てくるカメラの数が多いので個々の解説記事は薄め。巻末の黒川氏のモノクロ作例はオールドレンズの味わい方を見事に示しているようでおすすめ。


*Carl ZeissはPフィルターを嫌うようで、CONTAX時代もUVフィルターはマルチコーティング、Pフィルターはシングルコーティング=保護用だから撮影時には使うなよ(無言の圧力)みたいな感じでした。フィルターのT*にどこまで意味があるのかは分かりませんが拘る方はどこまでも突き進むべし!


*マルミ製リアキャップ。形は純正とは違います。今時はマウント変換後の他社用を使うのが常套でしょか。


*Planar 50mm f1.4はこの67mm金属フードに55-67ステップアップリングをかませると軽快かつほどほどの深さでベター。


*上記組み合わせの55-67ステップアップリング。


*中華アダプターやレンズフードの反射防止に。


*ここまでのクオリティがいるかはともかく、安心の国産アダプター。中国製を選ぶ方は確実な遠景撮影ができる代わりにミラー衝突の危険が高まることを承知の上で。宮元製作所の直販サイトの方が安いかも。


  • ライブドアブログ