ZEISSレンズとかなんとか

*画像サンプル、その他与太話*

マウントアダプター

へろへろ工作室

痒いところに手が届くはずの工作ですが、基本的に実利重視なので形にはこだわりません。
へろへろです。


1、マウントアダプターの電子接点隠し 【実用可】

材料: 植毛紙
効果: 反射防止
お手軽度: ☆☆☆☆☆
推測される実用度: ☆☆☆☆☆


安い中華アダプターには植毛紙を貼っているのですが、よく見ると後部内壁は電子接点にくっつくほど接近しています……。 ひらめいた ( ゚∀゚) !!
3870

植毛紙を積み重ねるだけで電子接点が隠せるじゃん!!
3871

続きを読む

Planarでトイカメラ てぃるってぃるにぐるっぐる

ティルトアダプター(改造済み)を使って、いろいろ実験中。
すんごく面白いです。

Planar 50mm f1.4 AEJ Planar 85mm f1.4 MMJ 注記なければ絞り開放
Photoshop Camera RAWの現像設定はSONYのStandardから調整

3861


3864


続きを読む

【緊急】 謎のEF - NEX 電子式AF ヘリコイドアダプターを追跡せよ

Amazonでなんか面白いアダプターないかなーとうろうろしていたら、とんでもないものを見つけてしまいました。

Viltrox マイクロフォーサーズ用 補助ヘリコイド付 オートフォーカス レンズマウントアダプター EF EF-S レンズ Sony E NEX マウント フルフレームに対応 [並行輸入品]



たいていの人は商品タイトルで目が点になると思います。

マイクロフォーサーズ用 補助ヘリコイド付 オートフォーカス レンズマウントアダプター EF EF-S レンズ Sony E NEX マウント フルフレームに対応」


なんでマウント名が三つ出てくるのかと(笑笑笑)。
まあ画像を見れば、これがEF - NEXだというのは分かるのですが、なぜにマイクロフォーサーズ? これはおそらく、マウントアダプターの補助ヘリコイド付は一般にマクロヘリコイドという名称で売り出されているので、それをAmazonの売り手が誤読したのではないかと思います。

ところが、この話はここで終わりません。
詳しい情報を得ようと、当のViltroxで検索してみても簡単には見つからないのです。その理由は……

続きを読む

Bokeh使いはご用心 マウントアダプターのボケのケラレ

疑問の発端は現在、テスト中のCONTAX N Planar 85mm f1.4でした。このレンズ、大口径中望遠なので当然ながらボケは重要で、必然的に画面の多くに発生するアウトフォーカスの質を確かめるためにいろいろな撮影をしていました。ところが、別に特殊な構図を意図したわけでもないのに、簡単に丸ボケが欠けるのです。
おや?と画面内の異変に気づいてカメラを振るとその動きに連鎖してボケの上下が欠けたり戻ったり。これは間違いなく、アダプターの内部でケラレている。

3450

なんと見事なケラレ……。
3451


続きを読む

アダプター問題 オーバーインフとフローティングの組み合わせ その2 超広角とズームレンズ

マウントアダプターのオーバーインフとフローティングの相性を検証する第二弾。かなりややこしいことをしていますので、テストの詳しい内容については前回の記事を必ずご参照ください。

アダプター問題 オーバーインフとフローティングの組み合わせ その1
http://sstylery.blog.jp/archives/70177527.html



続きを読む

アダプター問題 オーバーインフとフローティングの組み合わせ その1

多少なりとも詳しい方なら、マウントアダプターのオーバーインフはインナーフォーカスやフローティングとの相性はどうなんだろう?と疑問に思うはずです。レンズ設計の意図としては、無限遠の基準位置がずれた状態のフローティング補正は論外、しかし果たしてそれはどの程度、画質劣化に影響するのか?

これを明らかにしてみようの第一弾。

ただ少し片手落ちなのは、インナーフォーカスのレンズを一本も持ってないんですよね。基本的にインナーフォーカスはレンズ駆動の軽さ(俊敏さ)を実現するためのものなので、そういった性質のAFレンズが今現在手持ちにありません。というわけで、今回はDistagon 35mm f1.4とApo-Makro-Planar 120mm f4のフローティング機構についての検証になります。続いての第二弾は、Distagon 18mm f4とVario-Sonnar 28-70mm f3.5-4.5といったより厳しい条件となるレンズを予定していますが、なんで記事を分けるのかというと、テストを思い立った時にこれらのレンズが思い浮かばなかったからです。ははは、二度手間じゃ。 ┐(´ー)┌



続きを読む

アダプターの二段重ねと内面反射

前回、書き切れなかったことの続きです。

マウントアダプター 理想の内面反射対策
http://sstylery.blog.jp/archives/69456482.html

ミラーレスのマウントアダプターは厚みがあるため一眼レフのミラーボックスに相当し、低価格の単純な物では明確な内面反射が起こる、それを防ぐにはどうしたらいいか?というのが前回の大まかな内容でしたが、もうひとつ、反射要因が増える理由にアダプターの二段重ねがあります。

なぜ二段重ねをするのか?というのは人によって様々な理由があるでしょうが、一般的にはEFマウントを間に挟み、多くのレンズ接続をEOS - NEXで賄う便利さがあると思います。例えば、NIKON AI - EOS、LEICA R - EOS、C/Y - EOSを揃えている方はEOS - NEXを買い足すだけですべてのレンズをEマウントに対応させることができます。
ただ、その際に不安要素となるのは、アダプターを二つ接続することでアダプター自身の遊びや個体差が二倍になることです。特に中華製品の場合、オーバーインフが掛け合わさって強オーバーインフとなることで距離指標が大きくズレ、フローティング機構に悪影響を与えるかもしれません。(※フローティングはレンズ内部の独立したエレメントの動きで周辺画質を補正するもので、無限遠がずれていると設計外の効果となります。)

とまあ、堅苦しく考えるとアダプターの二段重ねは良くないのですが、オールドレンズなんてほとんどが全体繰り出しの単純なMFなのでオーバーインフはどうでもいいですし、逆に自分はEOS - NEX ヘリコイドアダプターを使ってすべてのレンズで最短撮影距離を突破する便利撮影とかしてるんで、思いっきり二段重ねを常用しています。これは個人的な話。


んで。
アダプターの二段重ねは物によっては反射要因が増えるんじゃない?って話が今回のテーマ。


続きを読む

マウントアダプター 理想の内面反射対策

最近、中国製アダプターに関して驚いたことがひとつあります。

適当に買ったこのEXAKTA - NEXアダプター、FOTOFOXという名前がついていますが同じ形の名無しも出回っているので単なるOEM製品に違いありません。ここまではよくある話。
ところが、これ…………
2621


反射防止塗装が………あ……あるっ………。
2716


なるほど狡猾な女狐ねっ!! もふもふした尻尾をふりふりしながら艶消し塗装をぬりぬりして村の男どもをたぶらかそうというのか!? あひーこりゃたまらん!!


………………


もとい。

続きを読む

Eマウントのケラレ検証 その2 α7II

Eマウントに一眼レフ用のレンズを着けると蹴られるかも?問題の第二弾。

Eマウントのケラレ検証 その1
http://sstylery.blog.jp/archives/67324295.html

ただし、冷静に考えると初代α7がすでにぎりぎりのマウント径なのに、さらにそこから形状変更して蹴られる可能性を上げてしまうことは考えにくいです。Eマウントのあの狭さは、もともとSONYがNEXのフルサイズ化を考えていなかったことが理由ですが(※ITmediaの公式インタビューで明言しています)、いくらミラーレスといえどもさらにレンズ設計に影響が出るような改悪をするのかな?と。

二代目のα7IIではボディ内手ブレ補正も載っていることですし、さすがにマウント開口部の広さだけは死守しているだろうと、希望的観測で今回のテストは手抜きです。


はい、ようするにこの前置きで手抜きの言いわけがしたかったのです。(゚ε゚)


続きを読む

Eマウントのケラレ検証 その1

Eマウントに一眼レフ用のレンズを着けると蹴られるかも?というのはα7発売当初から囁かれていましたが、実際問題としてユーザーの間では話題になっていないように思います。ケラレというと画面の四隅が黒々とするのをイメージしてしまいますが、専門的にはごくわずかな翳りもケラレに入るそうです。

それならば、CONTAXレンズで確かめようと比較してみたのが、この実験。



暗い白壁に向かってスローシャッターになるように設定、数秒の露光中にカメラを素早く回転させ環境光のムラをなくす。各RAW画像の中心部をグレー矯正、明るさをRGB(160,160,160)に。無限遠と最短を比べたのは後玉-センサー間の距離の差による影響を見たかったため。

左がα7、右がEOS 5Dで共通。


Distagon 18mm f4 開放 無限遠
2268 2270
Distagon 18mm f4 開放 最短
2269 2271

Distagon 18mm f4 f8 無限遠
2272 2274
Distagon 18mm f4 f8 最短
2273 2275
続きを読む
その辺写真の機材ブログ。画像と記事は時々整理、日付も変更。

クリックなしの大きい画像集はこちら。

Twitter プロフィール
ブログ内検索
最新コメント

*メインはCONTAXのZEISSレンズで、その他ROLLEI、HASSELBLADなど少々。レンズ構成ごとにページが分かれていて割と読み応えあり。ボディはなし。乱発され内容も薄かったこのシリーズの中で唯一面白かったZEISS本。


*おすすめ。文字の分量は少なめだが書いてあることは濃い。写真よし、記事よし、品よし。


*おすすめ。レンズ描写にテーマを絞っていて文章が読み応えあり。内容的には無難なレンズ本と濃厚なマニア本の中間あたりで、レンズの特徴はそれなりに出ています。いまいち売れなかったのは作例に面白味がないため。


*メーカーの公式本。たしか、MM時代のMTFデータとプロの作品とZEISS技術者のインタビューなど。メーカー発なので当たり障りのない内容、コレクター向け。定価4,000円くらいの豪華本だったので、それを目安に購入検討を。


*詳細なボディ解説で、たしかレンズはクローズアップされてなかったはず。あんまり記憶に残っていません。


*「季刊クラシックカメラ 10ツァイスTレンズの描写力、表現力」に解説を寄せているプロが書いているので兄弟本みたいな内容。平均以上の充実度ですが、割とあちこちに記事を書いている人なので内容が重複する印象あり。


*CONTAXレンズを数値評価でばっさり。当時のユーザーの情熱的な声とは対照的に、たいして褒められていないのが面白かったり。


*ネットの普及していない時代にこれだけ各レンズの特徴に深く言及した人はいませんでした。書いてあることはかなり的確ですが、撮影時の姿勢が拘りすぎで肩が凝るかも。なんせ、カラーメーターを使っているくらいなので。


*90年代クラカメブームの隠れた先駆者で、古今東西のレンズを一律で横並びに評価した記事は一部の人たちにじわじわと火をつけました。レンズの階調描写について水墨画の複写を例に出していたのは今にして思えばまさに的確。レンズ評そのものは淡泊なので、ネット時代に参考になるとしたら機材運用に対する現実的なものの見方でしょうか。


*特定ライターの主観を廃しカタログ的に物撮りされた機材を魅せていくこの内容は「コンタックスとツァイス・イコンの肖像」の編集方針にも似て品が良い。ただし、出てくるカメラの数が多いので個々の解説記事は薄め。巻末の黒川氏のモノクロ作例はオールドレンズの味わい方を見事に示しているようでおすすめ。


*Carl ZeissはPフィルターを嫌うようで、CONTAX時代もUVフィルターはマルチコーティング、Pフィルターはシングルコーティング=保護用だから撮影時には使うなよ(無言の圧力)みたいな感じでした。フィルターのT*にどこまで意味があるのかは分かりませんが拘る方はどこまでも突き進むべし!


*マルミ製リアキャップ。形は純正とは違います。今時はマウント変換後の他社用を使うのが常套でしょか。


*Planar 50mm f1.4はこの67mm金属フードに55-67ステップアップリングをかませると軽快かつほどほどの深さでベター。


*上記組み合わせの55-67ステップアップリング。


*中華アダプターやレンズフードの反射防止に。


*ここまでのクオリティがいるかはともかく、安心の国産アダプター。中国製を選ぶ方は確実な遠景撮影ができる代わりにミラー衝突の危険が高まることを承知の上で。宮元製作所の直販サイトの方が安いかも。



  • ライブドアブログ