ZEISSレンズとかなんとか

*画像サンプル、その他与太話*

Planar 50mm F1.4再考

Planar 50mm F1.4再考 #16 Elmar 50mm F3.5 野外比較

かなり無茶な比較ですが、これでElmar 50mmの正体が判明するはずです。
前置きとして、室内比較はこちら。

Planar 50mm F1.4再考 #15 Elmar 50mm F3.5 室内比較
http://sstylery.blog.jp/archives/75515988.html


各々のレンズを簡単に解説すると、1975年に発売され、発色も含めたバランスの良さでその後のAF時代にも見劣りしなかったスタンダードレンズといえるPlanar 50mm F1.4 AEJ、方やElmar 50mm F3.5はコーティングがなく硝材の性能もまだまだ不足していた時代のレンズで、その基本設計はなんと1930年代以前!

それでもまだ愛され、使われ続けているElmar 50mmの実際の描写はどんなもんだろう?というのがこの企画の趣旨で、普段からこのレンズを使って素朴に写真を撮っている方は眉をしかめるかもしれませんが、なにとぞご容赦くださいませ。<(_ _)> ペコリ


比較のポイントとして強調しておきたいのは、Planar 50mmはF1.4から二段半絞っているので画質についてはピントもボケも周辺画質も申し分なく、最初からElmar 50mmがかなうわけがないということ、そして、今回使用したElmar 50mmは戦後のコーティング付きで、比較的、写りの安定した個体であることです。



最初のカットがElmar 50mm F3.5、後のカットがPlanar 50mm F1.4 AEJですべて共通。

注記なければ絞りF3.5 絞り優先AEでその他は設定固定、WBは5200kから大雑把に調整
Photoshop Camera RAWの現像設定はα7でEOSのスタンダードを模したプロファイル
明るさの微調整、Planarのみ周辺減光を加えて基本的な絵を揃える(※互いに絞り込んだ場合は周辺減光の追加はなし)


Elmar 50mmは日陰も含めたすべての場面でPlanar 50mmよりも軟調です。その差があまり目立たないのは、絵柄の中間濃度を目安に明るさを揃えることで、ハイライト方向とシャドー方向の露出差が平均化されるからです。(※画質差を正しく把握するために、PCでクリック後の1000px画像を閲覧推奨)
6570


6571

続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #15 Elmar 50mm F3.5 室内比較

エルマーという名前はプラナー、ズミクロンに並ぶレンズ界隈の超有名ワードでしょう。
その概要は……と続けられないのは当方がただのあほコンタックスまにあであるためで、まあ簡単なイメージとしてはあの丸っこくて背の低いライカにくっついていたレンジファインダー初期のレンズという感じです。てきとう。


そんな古めかしい物を現代のレンズと比べても仕方ないのですが、逆に考えれば定番的な変形ガウスのPlanar 50mm F1.4を基準とすることでElmar 50mm F3.5の画質を正確に捉えられるのではないか?と、いつもの厳密比較を行うことにしました。ただし、難しいのは、大昔のライカレンズは一本一本違うなどと言われるような個体差や多大なる経年劣化、発展途上時代の硝材の不完全さなどがあり、たまたま選んだ一本がそのレンズの代表的な描写であるとは言い難いところです。


なので、最初に明記しておきますが、今回の個体は別段、美品ではありませんが戦後のコーティング付きで目立ったクモリもないので、それなりによく写る個体です。Elmar 50mm F3.5の製造期間は1930~50年代となりますが、その中でも最後期型となりますので、そういった意味では、比較的完成度の高い時期のElmar 50mmと言えるのかもしれません。

Elmar 50mm F3.5のシリアル番号と製造年代について

LEICA CAMERA FORUM WIKI
https://www.l-camera-forum.com/leica-wiki.en/index.php/Elmar_(I)_f%3D_5_cm_1:3.5
https://www.l-camera-forum.com/leica-wiki.en/index.php/Elmar_(II)_f%3D_5_cm_1:3.5


続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #14 Pancolar 50mm F1.8(仮)

※タイトルはいったん(仮)として、追加比較の結果を見てから完成とします。


オールドレンズでOrestonとよく似たレンズはなんじゃろな…… ( ̄ω ̄ ) ?

と考えた場合に、まず、キーワードとなるのは最短撮影距離の35cm
そんで、設計はだいたい1960年代で無難なガウス型のドイツ製レンズとくれば頭に浮かぶのは………


Pancolar!
 (・∀・)パン  (#゚Д゚) コラ-!! 


よし。こいつと比べれば、ますますOrestonの理解が深まるぞ……と、なぜにOrestonに拘っているのかはよく分かりませんが(たぶん、近接時の草花描写が気に入っている)、いそいそとPancolar 50mm F1.8を入手し、軽く比較してみました。

が。

ビビリのあほコンタックスまにあは前期型のアトムレンズをさけ、さらりと後期型を入手していたのでした。ところがなんと、後から気付いたのですが、レンズ構成がOrestonに近いのはアトムレンズの方だったという。

M42 MOUNT SPIRAL

MULTI COATING PENTACON auto 50/1.8(M42) & Meyer-Optik Goerlitz ORESTON 50/1.8(M42)
https://spiral-m42.blogspot.com/2010/04/mc-pentacon-5018-meyer-optik-goerlitz.html

Carl Zeiss Jena Pancolar 50mm F1.8(M42)rev.2
https://spiral-m42.blogspot.com/2014/03/carl-zeiss-jena-pancolar-50mm-f18m42rev2.html


Oreston 50mm F1.8 : 4群6枚
Pancolar 50mm F1.8(前期型) : 4群6枚+トリウム
Pancolar 50mm F1.8(後期型) : 5群6枚

まあ、ガラスに放射性物質を混入させて性能を上げようとしたのがアトムレンズなので、その前期型だろうと後のレンズ構成が変わった(後部の張り合わせが分離された)後期型だろうと、Orestonが下位のレンズであることは変わらないだろうという目論見のもとに、いつもの厳密比較をいってみましょう~。


はたして、Oreston 50mm F1.8とPancolar 50mm F1.8(後期型)は似ているのか似ていないのか?


【残念なお知らせ】
今回、Planar 50mmはF1.4もF1.7もまったく登場しません。この二本のPlanarはもうすでにしっかりOrestonと比較していますので、それを振り返ればPancolarとの差異も想像できるので不要かなと。(真実としては、レンズ三本比較はメンドクサイ。A→B→Cと順に撮影するとAとCの時間差が大きくなり光が揃わなくなるので、A→B、A→Cという二倍の手間が必要になる)


続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #13 Oreston 50mm F1.8 追加比較

Oreston 50mm F1.8の特徴はPlanar 50mm F1.4(F1.8)との厳密比較により、“色が良いのに性能が悪いので近接撮影で芸術的になる”と結論付けましたが、それから多くのレンズを比較し、徐々に収差にも詳しくなってくると以前に行った比較方法に強い疑問が湧いてくるのです。

つまり、50mm F1.8と50mm F1.4(F1.8)を比較した場合に、わずか半絞りとはいえ、絞り込んだ50mm F1.4は描写性能が上がっているのですが、その状態で比べたところで、50mm F1.8の設計が本質的に劣っているのかどうかなんて分からないのではないか? 正しくは、他の50mm F1.8クラスのレンズと比較する必要があったのでは? と、モヤモヤしはじめたところで、手元にはふとPlanar 50mm F1.7がある……。

ならば、今度こそ白黒つけようじゃないかと、やってみました追加比較。これにより、Oreston 50mm F1.8の本当の描写性能が確定するはずです。(ついでに、絞り込まないPlanar 50mm F1.4も混ぜたので、OrestonとPlanarの使い分けという意味でも明確な答えが出ることでしょう)


続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #12 コントラスト重視と解像力重視のレンズ

そんな大層な内容ではありませんが、設計によってここまで写りが違うのかとビックリした例です。
レンズ名はCANON FL50mm F3.5 MACRO、まずはCONTAX Planar 50mm F1.4 AEJとの違いをご覧あれ。


最初のカットがFL50mm F3.5 MACRO、後のカットがPlanar 50mm F1.4 AEJ(F3.5)ですべて共通。

注記なければ絞りF3.5 AE撮影でその他は設定固定、WBは5200kから大雑把に調整
Photoshop Camera RAWの現像設定はCamera Standard(DPPのスタンダード相当)、明るさ調整


今回、両者の明るさを揃えたのは全体の写りの差がテーマではないからです。
2362


周辺光量は絞り込んでいるPlanar 50mmの方が有利。
2363


続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #11 RE.Auto-Topcor 58mm F1.4(東京光学) 撮り歩き

比較撮影ではなく実際にちゃんと使ってみると、かなり驚きのレンズでした。まずはサンプル画像をご覧あれ。

RAW現像の前置きとしては、軟調かつ環境光によってかなり表情の変わるレンズなので無暗にコントラストを上げないよう気を付けながら、レンズの味が素直に出るように調整しています。

注記なければ絞り開放
Photoshop Camera RAWの現像設定はCamera Standardから微調整


コントラストは触らず、WB調整のみ。
2136


2116


続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #10 RE.Auto-Topcor 58mm F1.4(東京光学) 野外比較

前回に引き続き、東京光学のRE.Auto-Topcor 58mm F1.4の描写を明らかにするのが目的です。

このレンズはコシナが復刻版のネタ元にするくらい評価の高いレンズらしいのですが、個人的にはあまりその声を聞いたことがなくネット上にも具体的な言及はほとんど見つかりません。もしかしたら、撤退したトプコンの希少性も絡んでいるのかもしれませんが、とにかくいつもの比較をしてみましょう。

比較対象となる復刻版TOPCOR=NOKTON 58mm F1.4 SLIIの特徴は、マルチコーティングで発色がよくやや青みがあり、絞り開放は独特の軟調で目立つ色収差、絞れば高解像でPlanar 50mmと同等のコントラスト、歪曲はさほど目立たず逆光性能は高いといったところ。一言でまとめると使い易くリファインされた現代のオールドレンズで、この手の描写比較の基準にしてもいいくらいです。


注記なければ絞り開放 マニュアル撮影で設定固定、WBは5200kから大雑把に調整
Photoshop Camera RAWの現像設定はCamera Standard(DPPのスタンダード相当)
※F4の画像は絞り羽の形状/状態差で露出がばらつくので絞り優先AE、さらにRAW現像で明るさを揃えています。


最初の画像がRE.Auto-Topcor 58mm F1.4(東京光学)、後の画像がNOKTON 58mm F1.4 SLIIですべて共通。

絞りF4
コーティング性能が低いからか光に敏感で、絞り込んでもNOKTONと諧調は揃いません。
2076


2077


続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #9 RE.Auto-Topcor 58mm F1.4(東京光学) 室内比較

Topcor 58mmはオリジナルも復刻版も、元々Planar 50mmとは画角が違うので比較の対象にはなりません。ではなぜNOKTON 58mmを比べたのかというと、それは現代に設計されたクラシックレンズという趣に興味があったのと、このレンズが幅広いユーザー層から支持を得ているからです。結果はまさに評判どおりの実感となり、ではそのオリジナルはどんなもんかいな?ということで今回の番外編となります。


続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #8 NOKTON 58mm F1.4 旧型Topcorの数値を読む

今回はやや脇道。

コシナのNOKTON 58mmをちょっとだけ使ってみた感想は、まさに現代に設計されたクラシックレンズでネガがほとんどない優等生でした。唯一目に付く色収差に関しては、古いレンズを知り尽くす達人の趣向なのか、コストと性能のバランスを取った結果なのかはよく分かりません。もっと根本的な話として、ただ単に2003年という時代性を反映したフィルム用だったというオチかも知れません。

このレンズは元が「復刻」というのがひとつの売りで、よくレンズ紹介の枕詞に使われていたりしますが、使えばすぐに分かる発色の違いなどから、オリジナルとは似て非なるものというのが一般的な見解だと思います。じゃあ、実際にどれくらい違うのか?どの程度まで似せているのか?というのは気になるところですので、取り寄せてみました以下の本。


クラシックカメラ選書-22
レンズテスト[第一集] 中川治平・深堀和良



続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #7 いったんのまとめ

1560


おや、もうこのテーマは終わりかい?と思われるでしょうが、2000年代と1960年代というPlanar 50mm F1.4の前後に設計されたレンズをあれだけ徹底的に比べれば、さすがにCONTAXユーザーとして麻痺した自分でも十分に理解できるというか。欲を言うなら個人的に発色の良いメーカーと認識しているCANONのEF50mm F1.4 USM、はたまた駄目押しの冗談でSIGMAのART 50mm F1.4 DG HSMと比べたかったのですが、そんなあほみたいな資金力はないっ!! ……いえ、ハンドルネームはあほCONTAXまにあですが、あほの部分はCONTAX限定なので。


続きを読む
その辺写真の機材ブログ。画像と記事は時々整理、日付も変更。

クリックなしの大きい画像集はこちら。

お問い合わせ: ahocontaxmania@gmail.com

Twitter プロフィール
ブログ内検索
最新コメント


*メインはCONTAXのZEISSレンズで、その他ROLLEI、HASSELBLADなど少々。レンズ構成ごとにページが分かれていて割と読み応えあり。ボディはなし。乱発され内容も薄かったこのシリーズの中で唯一面白かったZEISS本。作例よりも語り中心。


*おすすめ。文字の分量は少なめだが書いてあることは濃い。写真よし、記事よし、品よし。


*おすすめ。レンズ描写にテーマを絞っていて文章が読み応えあり。内容的には無難なレンズ本と濃厚なマニア本の中間あたりで、レンズの特徴はそれなりに出ています。いまいち売れなかったのは作例に面白味がないため。


*メーカーの公式本。たしか、MM時代のMTFデータとプロの作品とZEISS技術者のインタビューなど。メーカー発なので当たり障りのない内容、コレクター向け。定価4,000円くらいの豪華本だったので、それを目安に購入検討を。


*詳細なボディ解説で、たしかレンズはクローズアップされてなかったはず。あんまり記憶に残っていません。


*「季刊クラシックカメラ 10ツァイスTレンズの描写力、表現力」に解説を寄せている築地氏が書いているので兄弟本みたいな内容。平均以上の充実度ですが、割とあちこちに記事を書いている人なので内容が重複する印象あり。


*CONTAXレンズを数値評価でばっさり。当時のユーザーの情熱的な声とは対照的に、たいして褒められていないのが面白かったり。


*ネットの普及していない時代にこれだけ各レンズの特徴に深く言及した人はいませんでした。書いてあることはかなり的確ですが、今時のデータ主義とは違い当時の熱量をそのまま表した官能評価です。オールドレンズで有名な澤村氏の口調に似ているかも。ただし、カラーメーターを使い印刷にもこだわったその姿勢は雑誌作例をゆうに超えています。


*90年代クラカメブームの隠れた先駆者で、古今東西のレンズを一律で横並びに評価した記事は一部の人たちにじわじわと火をつけました。レンズの階調描写について水墨画の複写を例に出していたのは今にして思えばまさに的確。レンズ評そのものは淡泊なので、ネット時代に参考になるとしたら機材運用に対する現実的なものの見方でしょうか。


*特定ライターの主観を廃しカタログ的に物撮りされた機材を魅せていくこの内容は「コンタックスとツァイス・イコンの肖像」の編集方針にも似て品が良い。ただし、出てくるカメラの数が多いので個々の解説記事は薄め。巻末の黒川氏のモノクロ作例はオールドレンズの味わい方を見事に示しているようでおすすめ。


*Carl ZeissはPフィルターを嫌うようで、CONTAX時代もUVフィルターはマルチコーティング、Pフィルターはシングルコーティング=保護用だから撮影時には使うなよ(無言の圧力)みたいな感じでした。フィルターのT*にどこまで意味があるのかは分かりませんが拘る方はどこまでも突き進むべし!


*マルミ製リアキャップ。形は純正とは違います。今時はマウント変換後の他社用を使うのが常套でしょか。


*Planar 50mm f1.4はこの67mm金属フードに55-67ステップアップリングをかませると軽快かつほどほどの深さでベター。


*上記組み合わせの55-67ステップアップリング。


*中華アダプターやレンズフードの反射防止に。


*ここまでのクオリティがいるかはともかく、安心の国産アダプター。中国製を選ぶ方は確実な遠景撮影ができる代わりにミラー衝突の危険が高まることを承知の上で。宮元製作所の直販サイトの方が安いかも。


  • ライブドアブログ