ZEISSレンズとかなんとか

*画像サンプル、その他与太話*

Vario-Sonnar 28-70mm f3.5-4.5

Vario-Sonnar 28-70mm f3.5-4.5 MMJ #3

条件がいい時のこのレンズの写りは鼻血が出ます。解像いまいちだけど。

Vario-Sonnar 28-70mm f3.5-4.5 MMJ 注記なければ絞り開放
Photoshop Camera RAWの現像設定はばらばら

1783


1781


続きを読む

Vario-Sonnar 28-70mm f3.5-4.5 MMJ 各焦点域でのピントチェック~その他性能

巷でピントが見えない見えないと大評判(?)のVario-Sonnar 28-70mmを他の単焦点と比較してみました。できるだけ絵を合わせる努力はしましたが、それぞれに違う実焦点距離や実効f値不明のためにまあだいたいこんなものだろうと緩く眺めながら、Vario-Sonnarの絞り開放を計測的な画像で確認することが今回の目的です。

比較はこんな感じでVario-Sonnarの各焦点域を見てみます。比較対象となる単焦点レンズは像倍率ができるだけ一致するように三脚を前後させつつ絞りはAEの数値をにらみながら適当に絞り込みました。

・Vario-Sonnar 28-70mm(35mm域 f3.5~f4の間?)- Distagon 35mm f2.8(f3.5やや絞り)
・Vario-Sonnar 28-70mm(50mm域 f4付近?)- Planar 50mm f1.4(f4)
・Vario-Sonnar 28-70mm(70mm域 f4.5)- Planar 85mm f1.4(f4やや絞り)


それにしても……定規はいつの間にか傷んできてるし、黒バックは前々から傷スレ多くてスポット修正しまくり。でも、どうでもいい物撮りごときにお金を掛けたくないのがこのケチケチBlogの脇の甘さよ。



続きを読む

CONTAXのVario-Sonnarセレクション

コンタックスの標準系バリオゾナーはこれだけあります。
まずは発売順に並べると、40-80mmがなんと初代RTS発売当時から存在していたことに驚きます。レンズ性能も洗練されていく前のもので、明らかに40-80mmとそれ以後のレンズ構成、スペックに相関性はありません。後ろの*マークはマウント違いで、Gレンズはショートフランジバックでヘリコイドなし、Nレンズは絞りの駆動に電子接点が必要です。



Vario-Sonnar 40-80mm f3.5 AEG           9群13枚 1.2m 55mm 660g(1975年?)

Vario-Sonnar 35-70mm f3.4 MMJ         10群10枚 0.7m 67mm 475g(1987年)
Vario-Sonnar 28-85mm f3.3-4.0 MMJ   13群16枚 0.6m 82mm 735g(1989年)
Vario-Sonnar 35-135mm f3.3-4.5 MMJ   15群16枚 1.3m 82mm 860g(1993年?)

Vario-Sonnar 28-70mm f3.5-4.5 MMJ     8群  9枚 0.5m 67mm 325g(1998年)
Vario-Sonnar 35-70mm f3.5-5.6 G         8群13枚 1.0m 46mm 290g(1999年)*
Vario-Sonnar 24-85mm f3.5-4.5 N         12群14枚 0.5m 82mm 640g(2000年)*



この空白行を使ったグループ分けは何かというと、設計年代のおおまかな違いによって発色が違うと思われる区別です。思われる、と書くのはほとんどのレンズを自分で実写したことがないからですが、このように発売年がきれいに分散しているとあながち間違いではないと思います。
28-70mm f3.5-4.5で実感した新時代の色が90年代後半から2000年代、ある程度のズーム性能が確立された中庸な描写が80年代後半から90年代前半、発展途上だった古めかしい70年代。当然ながら、時代が遡るほどに発色は穏やかになり、現代のクリアー高コントラストを見慣れた目線からは味を感じることでしょう。

とまあ、実証の伴わない能書きはここまでで、これをレンズ選択がし易いように並び替えます。



Vario-Sonnar 24-85mm f3.5-4.5 N         12群14枚 0.5m 82mm 640g(2000年)*

Vario-Sonnar 28-70mm f3.5-4.5 MMJ     8群  9枚 0.5m 67mm 325g(1998年)
Vario-Sonnar 28-85mm f3.3-4.0 MMJ   13群16枚 0.6m 82mm 735g(1989年)

Vario-Sonnar 35-70mm f3.4 MMJ         10群10枚 0.7m 67mm 475g(1987年)
Vario-Sonnar 35-70mm f3.5-5.6 G         8群13枚 1.0m 46mm 290g(1999年)*
Vario-Sonnar 35-135mm f3.3-4.5 MMJ   15群16枚 1.3m 82mm 860g(1993年?)

Vario-Sonnar 40-80mm f3.5 AEG           9群13枚 1.2m 55mm 660g(1975年?)



ここからが本番。ズームレンズはまず利便性、その次に描写性能とのバランスが大事ということで、個人的にマイナスと思われる項目を上げ、購入候補のレンズを振り落としていきます。スペックを読む際の参考としては、最短撮影距離は焦点距離の10倍が昔からの基準で50mmレンズなら50cmまで近づければ実用十分、フィルター径は67mmまでが普通の取り回し、重さは300g前後が小型単焦点の平均で、大柄な大口径レンズは600~700g。このような数値から実際の使い勝手をイメージしつつ、手持ちで使う標準ズームの理想を一昔前の28-70mm f2.8と仮定してざくざくと切っていきましょう。(※近年のf2.8ズームはどんどん巨大化しているため)


参考にしたのはまたまたこの本と、ZEISSのデータシート。




続きを読む

Vario-Sonnar 28-70mm f3.5-4.5 MMJ #2

驚きの廉価版バリオゾナー。

Vario-Sonnar 28-70mm f3.5-4.5 MMJ 注記なければ絞り開放
Photoshop Camera RAWの現像設定はばらばら

1538


28mm。Pフィルターにさらにフード代わりのフィルター枠を被せたら四隅がケラレたようです。
1548


続きを読む

Vario-Sonnar 28-70mm f3.5-4.5 MMJ #1

………えーと文章はあとで足します。
暑くて撮影も現像もやってられるか状態。(°言°)

以下の画像は風の吹く中、いまいちなピントもありますがすべて接写で、個人的には素晴らしい写りだと思います。年代的にはCONTAX最後期のバリオゾナーなので、最新のコーティングが効いているのでしょうか。ピント見にくいけど。


Vario-Sonnar 28-70mm f3.5-4.5 MMJ すべて絞り開放
Photoshop Camera RAWの現像設定はスタンダードでほぼ無調整

866


868


続きを読む
その辺写真の機材ブログ。画像と記事は時々整理、日付も変更。

クリックなしの大きい画像集はこちら。

Twitter プロフィール
ブログ内検索
最新コメント

*メインはCONTAXのZEISSレンズで、その他ROLLEI、HASSELBLADなど少々。レンズ構成ごとにページが分かれていて割と読み応えあり。ボディはなし。乱発され内容も薄かったこのシリーズの中で唯一面白かったZEISS本。


*おすすめ。文字の分量は少なめだが書いてあることは濃い。写真よし、記事よし、品よし。


*おすすめ。レンズ描写にテーマを絞っていて文章が読み応えあり。内容的には無難なレンズ本と濃厚なマニア本の中間あたりで、レンズの特徴はそれなりに出ています。いまいち売れなかったのは作例に面白味がないため。


*メーカーの公式本。たしか、MM時代のMTFデータとプロの作品とZEISS技術者のインタビューなど。メーカー発なので当たり障りのない内容、コレクター向け。定価4,000円くらいの豪華本だったので、それを目安に購入検討を。


*詳細なボディ解説で、たしかレンズはクローズアップされてなかったはず。あんまり記憶に残っていません。


*「季刊クラシックカメラ 10ツァイスTレンズの描写力、表現力」に解説を寄せているプロが書いているので兄弟本みたいな内容。平均以上の充実度ですが、割とあちこちに記事を書いている人なので内容が重複する印象あり。


*CONTAXレンズを数値評価でばっさり。当時のユーザーの情熱的な声とは対照的に、たいして褒められていないのが面白かったり。


*ネットの普及していない時代にこれだけ各レンズの特徴に深く言及した人はいませんでした。書いてあることはかなり的確ですが、撮影時の姿勢が拘りすぎで肩が凝るかも。なんせ、カラーメーターを使っているくらいなので。


*90年代クラカメブームの隠れた先駆者で、古今東西のレンズを一律で横並びに評価した記事は一部の人たちにじわじわと火をつけました。レンズの階調描写について水墨画の複写を例に出していたのは今にして思えばまさに的確。レンズ評そのものは淡泊なので、ネット時代に参考になるとしたら機材運用に対する現実的なものの見方でしょうか。


*特定ライターの主観を廃しカタログ的に物撮りされた機材を魅せていくこの内容は「コンタックスとツァイス・イコンの肖像」の編集方針にも似て品が良い。ただし、出てくるカメラの数が多いので個々の解説記事は薄め。巻末の黒川氏のモノクロ作例はオールドレンズの味わい方を見事に示しているようでおすすめ。


*Carl ZeissはPフィルターを嫌うようで、CONTAX時代もUVフィルターはマルチコーティング、Pフィルターはシングルコーティング=保護用だから撮影時には使うなよ(無言の圧力)みたいな感じでした。フィルターのT*にどこまで意味があるのかは分かりませんが拘る方はどこまでも突き進むべし!


*マルミ製リアキャップ。形は純正とは違います。今時はマウント変換後の他社用を使うのが常套でしょか。


*Planar 50mm f1.4はこの67mm金属フードに55-67ステップアップリングをかませると軽快かつほどほどの深さでベター。


*上記組み合わせの55-67ステップアップリング。


*中華アダプターやレンズフードの反射防止に。


*ここまでのクオリティがいるかはともかく、安心の国産アダプター。中国製を選ぶ方は確実な遠景撮影ができる代わりにミラー衝突の危険が高まることを承知の上で。宮元製作所の直販サイトの方が安いかも。



  • ライブドアブログ