※※※ この記事は未完成どころか、序文だけです ※※※

解像力がものすごいFD50mm F1.4の最終章で、初代とS.S.C.のII型を比べます。

べつにFD/FLマニアでもないのに、なんでそこまでするのかというとFD50mmは安いからではなくて、この50mm F1.4はどうもマイナーチェンジの回数が多いらしく、しかも、アサヒカメラで計測された数値は一番最初のモデルだからです。つまり、すごいすごいと騒いでいたFD50mmの解像力はS.S.C.のII型には当てはまらない可能性があり、しかしそうは言っても、同じレンズ構成なのだからそこまで明確に性能が変わることはないだろう、ということで画質を調べたのがここまでの記事となります。

このFD50mm F1.4がいろいろめんどくさいレンズである理由は、そもそもCANONの公式ページが堂々と間違いを載せているからです。それはこんな感じ。

CANON CAMERA MUSEUM

誤)
FD50mm F1.4 1971年3月 黒のフィルターリング、Aマーク
FD50mm F1.4 S.S.C.(I) 1973年3月 黒のフィルターリング、Aマーク
FD50mm F1.4 S.S.C.(II) 1973年6月 黒のフィルターリング、〇マーク
     ↓
たぶん、正)
FD50mm F1.4 1971年3月 銀のフィルターリング、〇マーク
FD50mm F1.4 S.S.C.(I) 1973年3月 黒のフィルターリング、〇マーク
FD50mm F1.4 S.S.C.(II) 1976年?月 黒のフィルターリング、Aマーク

※当時のカメラ誌などで突き合せ確認をしていないので、発売年月日はこれで確定ではありません。

この中で外観写真の間違いはいちおうは同じモデルなので許せるとしても、一番、重大なのはS.S.C.(II)の発売年月日で、たった三か月でマイナーチェンジって、このレンズにいったい何があったの?と驚いてしまいます。しかし、他のレンズをながめるとII型の発売年はほぼ1976年で、仮に50mm F1.4だけが先行でモデルチェンジしていたとしても、絞りリングの〇マークからAマークへの変更の足並みがそろわなすぎるのは工業製品としてあきらかにおかしいです。つまり、客観的に考えられるのは、外観写真でこれだけ間違いをやらかしているWEBページなのだから、FD50mm F1.4 S.S.C.(II)の発売年は単なる入力ミスの可能性が高いということです。

英語版 Wikipedia
Canon FD lens mount

The third variant, made from 1976 to the end of production of breech ring FD lenses (around 1980) changed the green "o" to a green "A" and the chrome aperture ring lock button was changed from chrome to black.

というわけで、1971年 - 1973年 - 1976年と三つのモデルがあるFD50mm F1.4の描写がどこかで変わっていてもおかしくないわけで、それを確かめるために初代の描写を見てみよう!というのが今回の趣旨です。当然、その疑いもあてずっぽうではなく、前回の比較で感じた違和感が元となっています。

果たして、この推測の結末は……。



*****

……という序文だけをなぜ急いで公開するのか?というのは、もうだいぶ前に比較撮影が終わっていたFD50mmの画像を精査している中で、新たに確認したいことができてしまったからです。そうなると、記事の完成にはまだ時間がかかりそうなので、先に他のレンズ記事が書けるようにいったんの区切りをつけておこう……ということです。

そんなわけで、変な記事ですが大事なことだけ先に公開しておきます。
ついでにCANONさんへ。公式のWEBページで全世界に誤情報を発信するのはやめてください。