RE.Auto-Topcor 58mm F1.4には、いったいどんなフードがベストなんじゃろう?( ̄ー ̄ ?

これがなかなか難しく、フィルター径62mmで58mm F1.4という、まず他で見かけないスペックだけで頭を抱えてしまいます。果たして、あのでかい前玉にぴたりと合うフードなんてあるのだろうか……。

もちろん、その答えは当時の純正フードでしょうけど、意外とレンズとセットで見かける率は低く、単品入手なんてとてもじゃないけど無理です(あったとしてもプレミア価格)。そんなわけで、この問題を抱えている皆さんの手助けになるために、いくつかのフードで検証を行ってみました。


LH620-01(シグマの旧カミソリマクロ用)  62-67ステップアップリング+汎用67mmメタルフード
13101 13100

トプコン純正フード
13102


これらをざっと解説すると、左上はシグマのMACRO 70mm F2.8 EX DG用のフードで、おそらく等倍付近で被写体の邪魔をしないようにかなり短く作られたものです。そして、右上が当Blogでお馴染みのさまざまな50mm F1.4に対応できる組み合わせ(※特にPlanar 50mm F1.4のために考案したものです)、左下がトプコン純正フードです。あれ? 入手困難とか言いながらちゃっかり持ってるよね?というのは、運よくオンボロを手に入れたからで、外観がきれいなのはいつもの画像処理です。

LH620-01


62-67ステップアップリング+汎用67mmメタルフード


この三つの差をより分かりやすくするために並べてみた画像はこちらですが、純正フードと比べてその他のふたつはあきらかに長さが揃っていません。第一に、フードの取り付け位置からして違うわけですが、この差が致命的なのか? ケラレなく使うことができるのか?を調べるのが今回のテーマです。

13104



【RE.Auto-Topcor 58mm F1.4 絞り開放でフラットなライトパネルを撮影】

左: LH620-01  右: ステップアップリング+汎用67mmメタルフード
1310513106
左: トプコン純正フード  右: フードなし
1310713108


う~~ん、複数回シャッターを切った平均的な結果がこれですが、どれもまったく違いが見えません。それならば、フィルター装着が可能なのかを確認するために、一番、ケラレそうなステップアップリング+汎用67mmメタルフードに二種類の保護フィルターを足してみます。理屈としては、上記テストで問題のなかった(と思われる)汎用フードがフィルターの厚み分、前に出てケラレに厳しくなるはずです。

左: 5mm厚のフィルター  右: 3.8mm厚のフィルター
1310913110

わ、わからん……。強いていうなら5mm厚のフィルターはなんとなく、プラシーボ的に四隅が暗くなっている気がするような。それじゃあ、これではどうだ!? ということで、二枚重ねを試してみます。

5mm厚のフィルター(2枚重ね)
13111

フィルターの厚みは合計10mm、すなわち1cm分フードが前に出ることで、ようやくケラレが出ました。これ、WEB上に貼られた画像だけではよく分からないと思うので比較用の1000px画像をあらためて置いておきます。これをクリックしてブラウザでタブ切り替え、もしくはPCに保存して画像ビューワーで見比べてみると、あきらかに四隅が暗くなっていることが確認できるはずです。

62-67ステップアップリング+汎用67mmメタルフード
13113

62-67ステップアップリング+汎用67mmメタルフード(5mm厚の保護フィルター2枚重ね)
13114


この結果を端的に理解できる画像がこちらです。
13103


13115

純正フードは十分な長さがあると思いきや、取り付け位置がかなり下なので余裕たっぷり、これは後に発売するRE GN TOPCOR M 50mm F1.4に流用できるほどなので、根本的に長さ不足だと思われます。他のふたつのフードは純正よりも取り付け位置が前となりますが、前述した理由でそれほど無茶なわけでもなく、若干、太い外径もケラレを回避するのに役立っているようです。その中でも、LH620-01は先端が段差によって外側に広げられており、67mmメタルフードよりもやや長いフードをケラレから防いでいます。



【まとめ】
  • トプコン純正フードはかなり浅く、遮光効果は低い
    外径74mm、鏡胴先端まで深さ20mm
  • 62-67ステップアップリング+汎用67mmメタルフードはケラレなし、保護フィルターを着けるとしたら薄型の方が安全と思われる
    外径77mm、鏡胴先端まで深さ28mm強
  • LH620-01もケラレがなく十分な深さ、保護フィルター装着に関しては未確認
    外径77mm(最端は外径80mm)、鏡胴先端まで深さ31mm

結論としては、ノーフィルターならステップアップリング+67mmメタルフードもLH620-01も実用上の問題はなさそうで、保護フィルター併用に関してはテストが不十分、無限遠での追試が必要だと思います。また、他のフードを探すときには、外径77mm以上のサイズで探すと間違いないはずです。


いつも自分が常用しているのはシグマのLH620-01で、フィルターなしで使うかぎりは特に問題を感じず、ネジ径もそのまま62mmなので取り扱いも簡単です。
6701


6700