最近、かなりじっくりと比較撮影をするので、記事の公開が遅くて申し訳ございませんのあほコンタックスまにあでございます。これだけ時間をかけた割には、本当のメインはこの後のContarex Planar 50mm F2との比較になるわけですが、そうはいっても、当シリーズの基準であるCONTAX Planar 50mm F1.4 AEJと比較しておけば、SUMMICRON-R 50mm F2がどれほど現代的な描写に近いのか?(遠いのか?)ということが判明するので、まるで意味がないわけではありません。


ここでちょいと脇道。SUMMICRONといえばライカの超有名レンズで、さらにその中でも一眼レフ用のSUMMICRON-R 50mm F2は比較的買いやすい中古の値付けです。そういうわけで、WEBではたくさんの記事が見られるのですが、その中で一番衝撃的なのはこれ。

プロカメラマンが選ぶ、
「使える機材のセレクトショップ」Blog 
Panproduct.

【ズミクロン-R50mmの悲劇!】マジ、シャレにならない大事件発生ーーーーー!!!!!

10699


ようするにSUMMICRON-R 50mmを雑に扱っていたら、バッグの上にちゃんと置いたつもりがコロコロと転がってコンクリに落っこちてしまった。そしたら、なんと、後玉がもげてしまったと。 ヒイィィィ!! (゚ロ゚ノ)ノ

ズ……ズミクロンの後玉ってねじ込み式じゃないんだ……(?)という変な感心はさて置き、実はこの事件、似たようなことは誰でも起こりえます。というのもSUMMICRON-R 50mm、見た目は小さいくせに真鍮を使いまくっているのか、やたら重くて手のなかでズシっとくるのです。
10700

で、ただ重いだけでなく、先細スタイルなのでピントリングの幅が狭く、きちんと手のひらで包み込める面積が少ないことに加え、ピントリングそのものも金属の平らな溝のパターンがあるだけで指がかりが悪いのです。そんな鏡胴を雑に扱うとどうなるか? 特にフードを着けていない時が要注意。

するっと手のひらから滑り落ちます。 ヒイィィィ!! (゚ロ゚ノ)ノ


実際に、悲劇が発生してしまったパンプロダクトさんのWEB記事を知っていてなお、レンズ交換中に「あ、怖っ」というような感覚が何度もありましたので、とにかく、SUMMICRON-R 50mmを扱うときはていねいに慌てずに、ということを肝に銘じなければなりません。

……といっても、ライカレンズを雑に扱うなんて、仕事で使う人か、素早いレンズ交換を必要とする当Blogの比較撮影ぐらいでしょうけども……。


さて、本題。今回の比較の注意点としては、レンズの開放F値が違うのでボケはあまり参考にならないこと、CONTAX Planar 50mm F1.4をF2に絞っているので、F2の比較に限り後から周辺減光を足していることです。このあたりはもう当Blogではお馴染みですが、初めての方は十分に注意して比較をご覧ください。


最初のカットがSUMMICRON-R 50mm F2、後のカットがCONTAX Planar 50mm F1.4 AEJですべて共通。

注記なければ絞りF2 マニュアル撮影で設定固定、WBは5200kから大雑把に調整
Photoshop Camera RAWの現像設定はα7でEOSのスタンダードを模したプロファイル
※CONTAX Planar 50mmの絞りF2はRAW現像で周辺減光を足し、そこからさらに絞り込んだ場合は補正なし。


SUMMICRON-R 50mmの基本的な特徴は、画角がPlanar 50mmよりもやや狭く、微妙に黄色いことです。ボケ量も違いますが、比較対象は一段絞って余裕のできたPlanar 50mmなので何とも言えません。
10648


10649



絞りF4
このくらいの絞りでは周辺減光が解消しないので全体の諧調は揃いません。空色には大きな違いなし。
10650


10651


絞りF5.6
かなり強い光ですが、クラシカルなレンズでありがちな内面反射による軟調化は起こっていません。
10691


10692


厳密にはSUMMICRON-R 50mmには微妙な彩度の低さがあるようで、全体としては少し青いはずのPlanar 50mmに黄色味の発色で劣っていることがこの画像から読み取れます。
10658


10659


SUMMICRON-Rは球面収差の過剰補正型なので、本質的にボケの輪郭が強めとなります。
10674


開放F1.4のレンズをF2に絞ると周辺光量に余裕ができ、開放F2のレンズよりもボケ量が大きくなる傾向があります。(特に画面端のボケに顕著)
10675


10676


10677


設計の苦しいオールドレンズなら確実に周辺部のボケが乱れている絵柄ですが、さすがに高級レンズとしてしっかり写っています。
10670


10671


太陽の反射光があまり入らない日陰になると、SUMMICRON-R 50mmは微妙に青みがかるような感触があります。
10689


10690


日陰はやはり発色が鈍るようです。
10664


10665


こちらは角度が変わって、やや太陽の光を受けている感じ。少し黄色味が出ています。
10668


10669


10687


10688


ここで見るべきは有刺鉄線のボケで、開放F2ながら色収差補正はそれほど優秀なわけではありません。
10662


10663


アサヒカメラで測定された収差図によると、像面は画面中心から周辺に向けて、だんだんと奥側に曲がっていくタイプながら(=背景の被写界深度が深い)、ボケのグルグルやざわざわは抑えられています。
10666


10667


10672


10673


SUMMICRON-R 50mm F2(絞りF2)
参考までに絞り開放同士の比較。
10678


Planar 50mm F1.4(絞りF1.4)
10680


10681


Planar 50mmはF2に絞っているので、絞り羽根の形が出ています。
10682


絞りF8
10656


10657


開放からコントラストの高いレンズで、一段絞ったPlanar 50mmにまったく見劣りしません。
10701


10702


絞りF8
SUMMICRON-R 50mmの特徴はアサヒカメラによって計測された解像力の高さですが、ローパスありの2400万画素程度ではベイヤーセンサーの限界が先に来てしまってよく分かりません。
10703


10704


絞りF5.6
レンズ内部に反射要因がないので、画面に直射光さえ入らなければきっちり写ります。
10693


10694


像面湾曲の影響により、中央ではさほど変わらないボケ量が画面端で明確な違いを見せています。1000pxの大きな画像をご覧ください。
10715


10716


絞りF4
一般論として、二線ボケは絞ればおさまります。
10713


10714


絞りF8
歪曲は一眼レフ用の50mmとしては良好で、Planar 50mmよりも若干、フレーミングが楽です。
10707


下の標識でボケ量に差が出ているのも、像面の平坦性の違いが原因です。つまり、Planar 50mmの方が比較的正しい描写で理想に近く、SUMMICRON-R 50mmは奥に向かってお椀型にピント面が曲がっているので明確に被写界深度から外れてしまっているということです。
10708


絞りF8
歪曲の差とともに画角の差が目立ちます。Planar 50mmはライカの標準51.6mm付近ですが、当のライカはM型もR型も、実焦点距離が52mmを越えるものが多いという不思議な話。歪曲は-1.4~-1.6%程度の樽型。
10646


10647


シングルコーティングのレンズとして逆光性能は優れていますが、マルチコーティングにはかないません。太陽の直射光に耐えられず、全体的なコントラスト低下と、最下部にゴースト。
10709


Planar 50mmのAEJは鏡胴内面反射に問題を抱えていて、現代的な視点ではシャドー浮きが起こってオールドレンズ風味です。これが改善されるのがのちのMMJ。
10710


完全逆光でも太陽さえ外せればゴーストは出ず、このようにわずかなシャドー浮きだけで済みます。
10697


10698


絞りF5.6
順光でも様々な色が入ると、微妙に色の違いを感じます。
10660


10661


絞りF8
10630


10631


絞りF8
こういった一般的な景色では、SUMMICRON-R 50mmの黄色味はごくわずか、現像ソフトの50K程度です。
10632


10633


細かくざわざわした背景になると、過剰補正型の二線ボケが目につくようになります。
10636


Planar 50mmはF2に絞っているのでボケは穏やかです。
10637


諧調を比べたいところですが、ここまで単純な絵柄だと、Planar 50mmの周辺光量調整だけでは絵が揃いません。
10711


赤色に違いがあり、この比較ではSUMMICRON-R 50mmがマゼンタ系、Planar 50mmが朱色系です。が、こういうのは状況(被写体の色+環境光)によって変わるので、いつも同じとは限りません。
10712


絞りF4
SUMMICRON-R 50mmの赤色チェック。この画像では微妙に渋いかな~程度。
10720


10721


絞りF4
各所の赤を比べてみると、色味によって一律ではありませんが、やはりPlanar 50mmとの差が出ているようです。
10722


10723


絞りF4
10652


10653



SUMMICRON-R 50mm F2、はっきり言うと「よくわからん」というのが素直な感想です。おい、ちょっと待て、これだけ比較しておいてそれは何事か?という突っ込みを受けるかもしれませんが、要するに、性能が高すぎて語るべきことがないのです。

その性能の高さとは何かというと、解像力とコントラストが高く、ボケは良好、逆光に強く、歪曲もまあまあ。唯一、欠点として目につくのは像面湾曲ですが、これは現代的なPlanar 50mm F1.4と比較するから見えてくるものであって、通常は特別、気になるほどではありません。振り返ると、WEB界隈でSUMMICRON-R 50mmの感想がどうも曖昧模糊としているのも当然で、F1.4のような写りの派手さもなく、コストとのせめぎあいで生まれた低画質=味もなく、ライカの一眼レフ用標準レンズとして、質実剛健そのものであるSUMMICRON-R 50mmはまさに1960年代当時の最高峰のひとつであることは間違いありません。

かつての数値評価で“数あるRレンズのなかで傑作中の傑作”と評され、またフィルム時代のマニアの語り草となっている日沖氏が(*1)一眼レフ用50mmで唯一、このレンズを褒めていたという事実は、この比較を終えた今となってはなるほどと納得するしかありません。

では、その画質の詳細とは?


(*1 クラカメブームの始まる前の90年代初頭に新旧のありとあらゆるレンズを横並びに評価した人で、設計が難しく発展途上にあった一眼レフ用50mmに対する評価がやたら厳しかった)



SUMMICRONといえば解像力が高くビシッと写るイメージがありますが、このレンズもその通りで、アサヒカメラで計測された数値性能は中心解像ミリあたり200本超え、絞り込めば250本となります。これがどの程度凄いのかというと、例えば、ごく一般的な標準レンズは絞り開放の中心解像ミリあたり100~160本、絞り込んで200本超えという数値に過ぎません(※Planar 50mm F1.4の一番良い個体で中心解像160本)。物知りの方は初期のM型SUMMICRON 50mmが叩き出した“絞り開放の中心解像280本超えで計測不能”というとんでもない記録を思い出すかもしれませが、このSUMMICRON-R 50mmもまさにM型と同じ思想で開発されたようで、国産のレンズとは一味違う解像力を誇っています。

昔の標準レンズで解像力が高いというと、球面収差の過剰補正型を連想しますが、まさしくこのレンズもそのとおりです。ただし、過剰補正型に付き物のハロ(光のにじみ)はそれほど多くなく、絞り開放でピント拡大するともやもやというほどではありません(※完全補正型のPlanar 50mmと比較すれば、もやっとした感じはある)。このあたり、過剰補正量を大きくして無理やり高解像に仕立てたレンズというわけではなく、全体的なバランスを保ったSUMMICRON-R 50mmの設計、硝材の良さが表れているといえるでしょう。


SUMMICRON-R 50mmを特徴付けるもうひとつの事柄は絞り開放からのハイコントラストです。F2レンズのきりっと写るイメージそのままにあらゆる場面でコントラストが高く、強い光による軟調化が起こりません。もちろん、直射日光がレンズに入るとシャドーは浮きますし、1960年代半ばのシングルコーティングなのでさすがにマルチコーティングにはかないませんが、クラシカルなレンズが見せる敏感な諧調変化(=ガラス各面の反射が多い)とは別物の、真っ当な反射防止性能といえます。Planar 50mmと比較すると、微妙な彩度の低さや青味を感じるときもありますが、太陽光が当たる場面では十分に遜色なく、時に派手なフレアやゴーストの原因となる鏡胴内部にも反射要因は見当たりません。

以上の特徴により、フィルム時代には若干の渋みとともにディテールの彫りが深く精緻な印象があったのがSUMMICRON-R 50mmで、このレンズをスナップ撮影で使ってみると、そのとおりに独特の力強さを感じます。


発色についての補足ですが、全体としてはコントラストが高いこともあり、かなり標準的な写りに近く、黄色味が出ている時でも現像ソフトの50K(ワンクリック)程度です。厳密には日陰で発色の鈍りが出たり、赤色には渋さがあるようですが、その個性は他のオールドレンズの振れ幅――真っ黄色、真っ青、低コントラストで地味など――に比べると、ごくわずかなものです。おそらく、環境光が鈍く被写体に強い色があるような場面でコントラストを上げない現像をすると味が出てくるのかもしれませんが、SUMMICRON-R 50mmの本質としては、発展途上時代のレンズながらコーティングと硝材の良さによって分光透過率をできるだけ理想に近く仕上げようとしたが、あと一歩届かなかったという見解が妥当だと思います。例えば、Oreston 50mm F1.8などはPlanar 50mm F1.4 AEJに近い高発色ですが、その写りは明確に黄色いです。(※高屈折率ガラスの色つきをコストの都合でそのままにしていると考えられる)


Bokehは悪くはないが特別良くもないといった印象で、球面収差の過剰補正型のために後ボケは二線ボケ傾向ですが、それが画面周辺部で乱れたりはしません。ボケで意外と見過ごされがちなのが画面中央と周辺の差異で、これが大きいと変形したボケがグルグルやざわざわを発生させたり、二線ボケがさらに強調されたりして画面全体の均質性を失います。SUMMICRON-R 50mmは開放F2なので、さほど大きなボケは楽しめませんが、画面周辺部まで比較的きれいなボケ質を保ち、当時の評価としては十分にボケの良いレンズだったのではないでしょうか。

歪曲収差は-1.4~-1.6%程度の樽型と一眼レフ用の標準レンズとしては良好で、ライカはM型同様に、歪曲収差にこだわりを見せています。標準レンズの光学設計の都合として、歪曲収差を強く補正すると像面湾曲が増えるという一面があるようで、それゆえ、直線の再現にこだわるライカは像面湾曲を残し、像面の平坦性にこだわるツァイスは歪曲を残すのではないでしょうか。このSUMMICRON-R 50mmは直線が常にまっすぐ写るというほどではありませんが、Planar 50mmほどのぐんにゃり感はありません。そして、像面湾曲もPancolar 50mm F2のように遠景で画面周辺部のピントの突き抜け(周辺ボケ)が起こってしまうほどでもなく、味付けとしての範囲を保っています。



さて、ここでSUMMICRON-R 50mm F2の正体をまとめてみましょう。

SUMMICRON-R 50mmは1960年代前半のライカの思想をそのまま受け継いだ標準レンズであり、M型SUMMICRON 50mmと同様の高解像型、さらに歪曲もできるだけ抑えられ、像面は奥に曲がっていますがボケは整っており(=非点隔差が小さい)、発色もよく多くの場面で力強いハイコントラスト、まさにライカの看板レンズとしての高性能標準レンズとなっています。この持ち難ささえある前期型の先細スタイルも、もしかしたら、M型の小型軽量をイメージして、カメラ装着時の外観を小さく見せたかったのかもしれません。(これはてきとうな推測)

Elmar 50mm F3.5から始まったライカの交換レンズは50mmこそシステムの中心であると考え、時代の変節とともに常に最高を目指すその姿勢はついにAPO-SUMMICRON-M 50mm F2 ASPH.として、レンズの肥大化を抑えながらアポクロマート補正、非球面レンズ/フローティング採用と、究極の次元にまで行き着きました。そういった流れの中にあるのがSUMMICRON-R 50mm F2と考えると、このレンズに性能不足=味という概念が入り込む余地がないのは当然と言えるのかもしれません。



【SUMMICRON-R 50mm F2(前期型)とPlanar 50mm F1.4 AEJ(F2)の違い】
※開放F値が揃っていないので、絞り込みが影響しない項目のみ

色調  相対的にSUMMICRON-R 50mmはやや黄色く、Planar 50mmはやや青い
歪曲補正  SUMMICRON-R 50mm>Planar 50mm

逆光性能  Planar 50mm>SUMMICRON-R 50mm
画角の広さ  Planar 50mm>SUMMICRON-R 50mm
絞り羽  SUMMICRON-R 50mmはカーブのある6枚羽 Planar 50mmはぎざぎざ
最短撮影距離  SUMMICRON-R 50mmは50cm弱、Planar 50mmは45cm


最後に、ものすごく簡単にSUMMICRON-R 50mm F2の個性をまとめておくと、このレンズはとてもシャープで力強い描写、F2に絞り込んだPlanar 50mm F1.4 AEJに意外にも遜色がないオールドレンズとなります。その時代差はゆうに10年もあるのに!