前回の記事の続きで、Contarex Planar 50mmm F2が本当にその格付けにふさわしいレンズかどうかを調べるために、同時代のPancolar 50mm F2(EXAKTA)と比較してみます。

参考までに海外のCamera-wiki.orgによると、当時の広告に記載されたContarex I + Planar 50mm F2の価格は1450DM(ドイツマルク)、Exakta Varex IIa + Pancolar 50mm F2が691DMと、カメラ本体を含んだ価格としては、2倍少々の開きがあります。技術の極まった現代では価格差2倍のレンズがその描写で明らかな差をつけるなんてことは考えにくいですが、この時代は硝材も設計も発展途上、自分自身もオールドレンズマニアといえるほど詳しくないのでこの比較はまったく予想が付かず、とても興味深い内容となります。

※シリーズ記事なので、検索などでいきなりこの記事に辿り着いた方は以下のリンクを前もってご覧ください。

Planar 50mm F1.4再考 #21 Contarex Planar 50mm F2 野外比較

Planar 50mm F1.4再考 #20 Contarex Planar 50mm F2 室内比較

なぜ、Pancolarなのか?というのは、Contarex Planarと同じ1950年代の設計かつ4群6枚ガウス型の一眼レフ用交換レンズという条件を満たしているからです。ただし、信頼性のあるオールドレンズ記事ならこの人!というM42スパイラルさんによると、Pancolar 50mm F2はFlexon 50mm F2のマイナーチェンジらしいので、1959年発売のContarex Planar 50mmm F2よりやや設計が古いかもしれません。設計が古いということは使用している硝材も古い可能性があるので(新しい硝材ほど高性能!)、もしかしたら今回の焦点であるコスト面を脇に置いたとしても、ややPancolarに不利があるのかもしれませんが……。

M42 Mount Spiral
「Carl Zeiss Jena Pancolar 50mm F1.8(M42)rev.2」

Pancolarのルーツはプロ用一眼レフカメラのPraktina、およびExaktaの交換レンズとして供給されたFlexon(フレクソン) 50mm F2で、このレンズは1957年から1960年までの3年間に19400本が生産されている。Flexonは1959年にPancolar 50mm F2へと改称され、その後1969年までの10年間で133500本が生産されている。


が、そんな難しいことばかり言っていても仕方がないので、とりあえず始めてみましょう、Contarex Planarが本当に王様レンズなのかを検証するための厳密比較。

それでは皆さん、レンズがPancolarということでお手を拝借、

(・人・)パン  (#゚Д゚) コラ-!! 


※これをやらない人は先へ進んではいけません。
※さあ、恥ずかしがらずに、ぱんっと手を合わせたあとに思いっきりモニターに向かって怒鳴りつけましょう!(近所迷惑なのでエイヤーと怒るフリだけで)


最初のカットがContarex Planar 50mm F2、後のカットがPancolar 50mm F2ですべて共通。
注記なければ絞りF2 マニュアル撮影で設定固定、WBは5200kから大雑把に調整
Photoshop Camera RAWの現像設定はα7でEOSのスタンダードを模したプロファイル


絞りF8
まずは前回と同じ遠景を比べてみます。中央の解像力は気のせい程度にContarex Planarの方が上、周辺部は像面湾曲の違いでピントの入り方が違い、等倍画像を見ると手前までそれなりに被写界深度が取れているのがContarex Planarです。
10310


左下の草が分かりやすいのですが、逆光のコントラスト低下がContarex Planarよりもさらに強いです。
10311


色味はCONTAX Planarを基準とすると、Contarex Planarがやや青く、Pancolarはやや黄色い。
10330


10331


10336


Pancolarの描写のポイントは像面湾曲の強さです。像面が画面奥へと曲がっていて非点隔差も大きいので細かいボケはざわざわ、グルグル傾向です。
10337


画角はほぼ同じに見えますが、強い歪曲収差によってPancolarの画面はぼこっと立体的に膨らむので、写る範囲としてはややPancolarの方が狭く感じます。
10326


10327


中央のボケはPancolarの方がやわらかいのに、端のボケはContarex Planarよりもニ線ボケが強くなるというPancolarの画質の不均一性がよく表れています。
10316


10317


10318


Pancolarにコントラスト低下、ゴースト。強い内面反射によって、黄色味が増しています。
10319


画面周辺部のボケに落ち着きがあるのがContarex Planarの美点。
10320


10321


歪曲は大きな差があり、PancolarはContarex Planarとは比較にならず、CONTAX Planarの-2.0%をゆうに超えているでしょう。
10348


10349


遠景ですが、絞っていないので像面湾曲の違いが明確に表れています。ピントは画面中央の階段付近、ぜひ拡大画像をご覧ください。
10312


球面収差の補正形式が違うのか、ど真ん中のピント位置はPancolarの方がくっきりしています。本来はピントが深くなるはずの右奥がボケてしまっているのは、曲がった像面が無限遠でほぼ平面となっているピント面を突き抜けてしまっているからと考えられます。
10313


Contarex Planarは右上に逆光の光線かぶり、Pancolarはさらに強い光線かぶりと左下に薄いゴースト。
10314


10315


鏡胴の構造によって発生する内面反射、ゴーストは両者とも似たような雰囲気です。円形の絞りユニットに反射要因が多いと逆光に弱くなります。
10334


10335


とにかくPancolarは像面の奥行き方向への曲がりが特徴的で、Contarex Planarとは被写界深度の違いが目につきます。
10354


10355


10350


Pancolarはレンズ間反射が多いようで、後ろから光が降り注ぐ構図になるとシャドーが浮き、画面が明るく写ります。その理由は、ガラス各面の反射が強まりある限度を超えると、光が回りまわって全体の露出量を増やしてしまうため。
10351


色収差に差はないと言いたいところですが、設計の違いにより像面(ピント面)が揃っていないのでなんとも言えません。
10322


10323


10338


ピントを合わせた中央部分だけはPancolarの方がくっきりしています。
10339


被写体と背景の関係性によっては、Pancolarの像面湾曲は目立たずContarex Planarと似たような絵になることもあります。
10324


10325


10340


10341


これも像面湾曲の差により右下の背景描写が違います。ピント位置が中央から外れたためか、この絵ではContarex Planarの方が良いピントです。
10342


10343


10332


10333


10328


大きい非点収差により、Pancolarにグルグルが発生。ただし、よく観察してみると四隅は落ち着いているので、よく見かける画面の端まですごい勢いで流れるような描写とは違うようです。
10329


条件によっては、ほぼ同じボケになるということで、レンズの世界は奥が深いです。
10362


10363


まったく同じ絵に見えますが、パソコンで大きい画像を切り替え比較してみるとPancolarがぐにゃっと立体的に歪んでいることが確認できます。
10360


10361


絞りF5.6
10358


10359


絞りF5.6
日陰の色味。
10352


10353



さて、比較画像で何度も何度も連呼していた像面湾曲がPancolar 50mm F2の写りを読み解くキーワードです。とにかくPancolarの描写特性は分かりやすくて、レンズ側にとても強く湾曲した像面(ピント面)が画質の均一性を崩しながら歪曲収差とともに画像周辺部をぐんにゃりと立体的に歪ませ、大きい非点収差が周辺ボケを荒らします。現代的な視点から解釈すれば、とてもオールドレンズらしいと言えるのがPancolarであり、画質の乱れを楽しみたい方々にはとても合っているレンズなのかもしれません。

オールドレンズらしさを助長する逆光耐性の低さも、現代の目から見て、別段、反射防止性能の高くないContarex Planarを下回り、全体的に良いところがないPancolarは確かに1950年代の古いレンズだと思います。唯一、Contarex Planarを上回るのが、中央の狭い範囲のクッキリ感、ボケの良さなので、基本的な設計方針は悪くないと思われますが、それが画面周辺部にいくにしたがって明確に乱れていくという、まさに時代性(硝材の性能不足)とコスト制限に縛られた設計の限界を露呈しています。補足として、比較に使ったレンズのS/Nは古く、まさしくContarex Planarとの比較に足るレンズ、しかも、描写に片ボケなどの違和感は感じないごく普通の個体でした。


ここで、像面湾曲、非点収差なんて言われても分かんないよー!という方のために簡単解説。


像面湾曲というのは、カメラ側にある撮像面(CMOSセンサー)に対し、レンズの結像面がマクロ的視点で平面にならないことを意味します。これにより、像面湾曲の大きいレンズは平面のチャート撮影で成績が上がらず、平均解像力の足を引っ張る形となります。

※図は極端に誇張していますが、通常、像面湾曲を示す大きな単位は0.1mmです。
10364

このようにレンズの結像面が湾曲するので、実際のピント面は画面の端へ行くほど撮像面から離れ、遠景側(写真の奥行き方向)に被写界深度がずれていきます。像面湾曲には様々な歪み方がありますが、この図を例にすると、中央付近でピントを合わせた場合には画面の隅ほど奥側にボケにくく、手前側はボケやすいという映像になります。
10365

ただし、写真レンズがそんなに単純ではないのは、円形であるレンズの同心/放射方向それぞれに違う傾向が見られることで、像面湾曲は実際にはこのように二種類の曲線で表され、その中間を取ったものが平均像面となり像面の平坦性として評価されます。
10366

そして、この二本の曲線が指し示すのが非点収差、そのズレ量は具体的に非点隔差と呼ばれます。この同心方向と放射方向の曲線が一致しないということは、すなわち結像が(マクロ的視点で)乱れている状態であり、それがボケとなって拡大されるとざわざわした背景描写やグルグルとなるのです。
10367

余談として、ライカは像面湾曲をわざと残しながらも同心/放射像面をぴたりと一致させ、ボケの乱れをできる限り防ぎつつ、その余力で歪曲収差をビシっとおさえる手法を好んでいるようです。


話がそれましたが、奇しくもContarex Planarが像面の平坦性に非常に気を配った設計であることが災いして、Pancolarは余計に像面湾曲、非点収差の大きさが目立つ結果となってしまいました。


【Contarex Planar 50mm F2とPancolar 50mm F2の違い】

色調  相対的にContarex Planarは青く、Pancolarは黄色い
明るさ  ほぼ同等だが、Pancolarは内面反射の影響で画面が明るくなる場合あり
コントラスト ほぼ同等

先鋭度  Contarex Planar>Pancolar
ボケ  Contarex Planar>Pancolar
歪曲補正  Contarex Planar>>Pancolar
周辺光量  Contarex Planar≒Pancolar

逆光性能  Contarex Planar>Pancolar
画角の広さ  Contarex Planar>Pancolar
絞り羽  Contarex Planarは特殊なギザギザ Pancolarはカーブのある6枚羽
最短撮影距離  Contarex Planarは30cm、Pancolarは50cm


このように、厳密比較した結果はほぼすべての項目でContarex Planarが上となり、この時代に画質の均一性を確保することは容易ではないということが伺い知れると思います。しかし、Pancolarは当時の普及レンズ(中級レンズ?)かもしれず、高級レンズであるContarex Planarと比べるのは間違いだという指摘もあるかもしれませんが、まさにその差を確認することが今回の目的であり、Contarex Planar 50mm F2はその実力を十分に我々の前に示したといえます。過去のレンズ比較を振り返ってみても、Oreston 50mm F1.8もPancolar 50mm F1.8もこれだけ周辺ボケの乱れない画質ではなく、かなり後のCONTAX Planar 50mm F1.7 AEJに匹敵するかもしれない像面の平坦性(周辺ボケの綺麗さ)やその他のトータルバランスの良さは、開放F値をF2に抑えた高級レンズの面目躍如といったところでしょう。

付け加えるなら、現代のマルチコートと比べてさすがに見劣りしたContarexのクラシカルな反射防止性能も、Pancolarの描写を見る限りはレンズ間反射がかなり抑えられている優位性はあるようです。素直に高屈折率ガラス特有の黄色味を示すPancolarに対し、やや青味がかるContarex Planarは色彩面でもよりニュートラルを目指した配慮があるのかもしれません(※これについては根拠薄)。


そろそろまとめましょう。


ContarexのPlanar 50mm F2は、まさにその王たる名(rex)にふさわしい標準レンズか否か?


確かにそのとおり!!



……んで、今回のふたつのレンズの印象について。

まず、Contarex Planar 50mm F2は光学設計で最高を目指しつつも反射防止性能が時代なりというのは当時のシネレンズに近いのかな?と思いました。シネレンズ、一本も撮ったことがありませんけど。次に、Pancolar 50mm F2はなかなかに描写が読めないレンズで、一芸に秀でている(ある部分が目立って荒れる)というよりは全体的に描写が悪いのですが、古いノンコートのレンズほどには手を焼かない感じです。最短50cmできちんとシャープネスはありますし、像面湾曲も絞れば問題ないということは、つまり、普段絞るような景色をわざと開放で撮影すると微妙に不思議な絵が得られるはずです。


ところで皆さん、せっかくの50mm F2ということで、Contarexはまだ他のレンズと比較してみようと思います。そうなると、出てくるのはアレですよ、アレ。いい個体が手に入ったら、また比較を行う予定です。はてさて、どうなることやら……。