これはメーカーに喧嘩を売る形になってしまうのかもしれませんが、しかたありません。いち消費者として、明かな欠点を抱えたこの商品についてきちんと情報を周知せずに売り続けている現状が歯がゆいからです。

X-Rite
ColorMunki Smile

【 ColorMunki Smileのユーザー例/特徴 】
  • カラーマネージメント 初心者向け。
  • はじめてモニターキャリブレーションを行う方。
  • RAWデータの現像を、正しい色のモニターで行いたい方。
  • SNSやWebでの写真の色を正しく表示したい方。
  • モニターのキャリブレーションが可能。
  • 撮影した写真データをディスプレイ上で見るための色温度「D65」をサポート。
  • ColorTRUEモバイルアプリケーションのサポートあり。




ColorMunki Smileは消費者にとってリスクの高いものであり、すべてを理解してこれを選ぶことは止めませんが、記事執筆時の現状ではメーカー自身も十分な注意喚起をしていません。したがって、それに言及するのが今回の記事です。


X-Riteのモニターキャリブレーションツールは写真業界のスタンダードで各種ありますが、その最廉価に当たるのがColorMunki Smileとなります。さすがにそんなにたくさん売れるものではないので、新製品があってもマイナーチェンジだけのものが多く、基本的なラインナップはもうだいぶ前から変わっていません。ざっくり説明してみましょう。


ColorMunki Smile  [フィルター方式]
初級機で色温度はD65固定、必要最低限の機能。

ColorMunki Display [光学フィルター方式]
中級機で色温度はD50/D55/D65から選択可能、WEB/写真用途で使うのはD65なので実用的な意味では初級機と変わらないが、より経年劣化に強い仕組みになっている。

i1Display Pro [光学フィルター方式]
中級機で色温度は自由に選択可能、アマチュア向けのスタンダードで様々な用途に対応する。ただし、プリンターの色合わせは不可。

i1Studio [スペクトル方式(分光測色器)]
上級機で色温度はD50/D55/D65/D75から選択可能、プリンターの色合わせに対応する。

i1Basic Pro 2など [スペクトル方式(分光測色器)]
業務機で印刷業界なども含めたプロ用途。


モニターキャリブレーションツールという商品は、測色器とそれを制御するソフトウェアの性能で成り立っているので、X-Riteはソフトウェアの機能制限をすることで、商品のグレード分けをしていることがこのラインナップから読み取れます。

つまり、一番自由度が低い安価なColorMunki Smileから耐久性を上げ、ソフトウェアをやや良くしたのがColorMunki Display、その測色器を流用しさらにソフトウェアを多機能にしたのがi1Display Pro。そこからさらにグレードを上げたi1Studio(旧ColorMunki)はプロ仕様の分光測色器となりましたが、これを多機能にすると業務用のi1 Proシリーズが売れなくなるということで、ソフトウェアは逆に中級機並みに退化し、上級機としての付加価値をプリンターの色合わせだけに制限しています。

このように本来は実現可能な機能をソフトウェアで制限する売り方は、実は測色器がとてもシンプルな機材であり商品としての差別化をしにくいことを示しているのかもしれませんが、問題はそこではありません。


測色器、すなわち校正機器は普段、我々が使う機材の精度を正し、作業の質や効率を上げるためのものです。言い換えれば、機材のために使う機材として高い精度が要求されるのが校正機器であり、本来、そういった機器は業務用途として安価には入手できません。そこで、一般アマチュア用として、校正機器の価格と性能をどこまで妥協できるかというのがメーカーの課題であり、その結果、X-Riteの最廉価であるColorMunki Smileはカラーフィルターの耐久性という部分に大きな無理を抱えることとなったのです。

これは、旧製品のi1Display 2でもひっそりと話題になっていたことですが、その測色器と同型であるColorMunki Smileは高温多湿にかなり弱いです。特に、近年の猛暑になんの対策もしないような保管方法はColorMunki Smileの精度を著しく劣化させることでしょう。これについては、実際にColorMunki Smileを使った上での話ではなく、現在、ColorMunki Photoを使っている自分が前に使っていたi1Display LT(i1Display 2の廉価版、つまりColorMunki Smileの旧型)で体験した事実です。そのときも当然、こういった情報は出回っていず、もしかしたら説明書の片隅になにか書いてあったのかもしれませんが、測色器を安く買えたと喜んでいた自分は、およそ一年半で真っ赤となるキャリブレーション結果を目の当たりにしたのでした。

この耐久性のなさが端的に表れたAMAZONレビューが以下であり、この内容を気の毒に思った自分が一度、きちんと注意喚起しておこうと、書き始めたのがこの記事というわけです。

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3E68DN1IAFDMS/ref=cm_cr_arp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=B00C2GSFO8

イラストを描いて印刷する者です。

いままで目で見てキャリブレーションしていましたが、2枚のモニターを使ってるとどちらが正しい色か分からなくなる。
そこで客観的に校正しようと思い、ColorMunki Smileを買った。

しかしまずソフトのインストールに問題があって、Windowsをテストモードにしないとインストールできない。
要するにウイルスを入れられるようにセキュリティを下げる必要がある。「仕様」とのこと。

それもどうかと思うが、製品として完全に無駄だった。
校正するとディスプレイがどう見ても赤い。


「これが本当の色なのだ」と不満ながら自分を納得させて使ってみたが、やっぱり赤い。
当然これでは思ったとおりの色を選べるはずもなく、結局また目視でキャリブレーションしなおすことに。


どうせ選ぶならsmileじゃなくて上位のを選んだほうがいいです。
1万円をドブに捨てるかバクチする気がある人は別ですが。


この下線強調部分、なぜこうなってしまったのかはあくまで推測になりますが、ColorMunki Smileの商品としての精度が低いのではなく、不適切な倉庫環境または長期在庫により販売前に劣化が進んでしまった個体であると考えられます。

また、こういったレビューもあります。


比較するものがないのではっきり解らないが、なんとなく違う気がする。
モニターだけではなく、ソフト(フォトショップ)やプリンターの設定も関わっているのではないだろうか。と思う。


モニターキャリブレーションツールは、効果の大小はあれど、使えば誰でも諧調の豊かさやグレーの偏りのなさ(割とありがちな青味の除去)を体感できるので、この方のなんとなく違う気がするという感想はおそらく正しく、その理由も在庫期間中の精度低下だと思います。


ここで問題はふたつ。
  • X-Riteは安価なフィルター方式の測色器を販売する上で、事前にその耐久性および取り扱い方法を説明していない
  • それにより、消費者はどのモデルを選ぶか?という際に適切な判断ができず、在庫期間中に劣化した個体に当たった場合、安かろう悪かろうで納得してしまう可能性がある

この問題のやっかいな本質は、ユーザーは測色器を信じるしかないので、測色器自体の狂いをはっきりと指摘できないということです。現実的な話としては、モニターもプリントも部屋の照明も日々劣化(変化)していくものだし、人の目もそれぞれに見えが違うのかもしれません。しかし、それでもある程度の正確性を保って、作業環境の基準を得たいというのがカラーマネジメントを行う動機であり、メーカーはこのいいかげんな販売状況を早急になんとかすべきだと思います。この安価なColorMunki Smileが採用しているフィルター方式の耐久性を改善したのがColorMunki Displayとi1Display Proの光学フィルター方式であり、さらにグレードの高い分光測色器となったi1Studioでは使用開始前に毎回、セルフキャリブレーションを行うようになっています。このように選択肢は多数あるのですから、メーカーはきちんとColorMunki Smileのデメリットを説明すべきでは?


付け加えるならば、商品購入後の保管方法について、パッケージ内に誰でも気が付くような注意書きでも入っていればいいのですが、自分自身は最近の製品を買っていないので、その辺りのフォローは不明です。以前、X-RiteはWEBサイトのQ&Aでこのように明記していましたが、今ではそのリンクも消えています。

X-Rite よくある質問と回答
http://www.xrite.co.jp/36-faq%EF%BC%88%E3%82%88%E3%81%8F%E3%81%82%E3%82%8B%E8%B3%AA%E5%95%8F%E3%81%A8%E5%9B%9E%E7%AD%94%EF%BC%89.html

i1(Eye-One)の測定器はどの様に保管すればよいのでしょうか。
高い温度、湿度や紫外線の影響を避けるため、カメラ・レンズ・フィルムなどと同様に、直射日光を避け、25℃以下の冷暗所、湿度 40〜50%程度の環境で保管してください。


メーカーの立場から考えれば、安価な校正機器などあるはずがなく、最廉価の製品が耐久性とひきかえにその安さを実現しているのは至極真っ当な話かもしれません。しかし、デリケートな校正機器だからこそ、正しい情報を周知し、消費者を騙して売るようなことは控えてほしいものです。ColorMunki Smileも耐久性に難があることを知れば、ひとつ上の製品を買う人もいるかもしれません。それはメーカーの益では?

逆に、ColorMunki Smileが適正な保存環境で他の機種と変わらない耐久性があるというのなら、それこそきちんと宣伝すべきだと思います。



【おまけ】
一般的にColorMunki Smileを購入検討している方は、写真趣味にそれほどお金をかけたくない事情があるはずで、その選択肢は同価格帯となるDatacolorのSpyder5 EXPRESSになるかと思います。このSpyder5、同じ形の測色器でグレード分けがされているということは当然、本文で説明したX-liteと同じ商売なわけです。となると、全機種共通の測色器で安価な入門用としても販売されているSpyder5の耐久性はどうなっているのでしょうか?

Spyder5 EXPRESS  [フィルター方式]
初級機で色温度はD65固定、必要最低限の機能。


個人的に、Datacolorの測色器は一度も使ったことがないので、あくまでWEB上の情報からとなりますが、Spyderシリーズは旧機種のSpyder4からフィルター式の耐久性を改善するために二重のシールド構造となっているようで、おそらくフィルターが直接、外気に触れないようになっているのだと思います。その意味では、安価な製品ながらそれなりの配慮があると言えるのですが、本質的には素材的な弱さが変わっていないことには注意が必要です。

そんなわけで、現状のAMAZON価格を眺めた限りでは、初級機ではColorMunki Smileと同じフィルター方式でも一応の劣化対策があるSpyder5 EXPRESS、中級機ではそれらとは格の違う光学フィルター方式(※ダイクロイックフィルターとのこと)のColorMunki Display、さらにこだわりのある方は同光学フィルター方式のi1Display Proという選択になるかと思います。

Spyder5 PRO  [フィルター方式]
中級機で色温度はD50/D58/D65/ネイティブから選択可能。
2019/01時点のAMAZON価格 24,543円

ColorMunki Display [光学フィルター方式]
中級機で色温度はD50/D55/D65から選択可能。
2019/01時点のAMAZON価格 23,243円


というわけで、皆さん、ほんっとキャリブレーターはよく考えて買ってくださいね。この記事はその昔、4万円弱のi1Display 2を買ってあっけなくフィルターが駄目になった人々の怨念が書かせたものなので。( ; ω ; )

関連: モニターキャリブレーション かんたん解説と製品について