初期型が良いらしいという噂のS-Planar 60mm F2.8。さて、その感触は……。

カメラは旧機種のEOS 5D
S-Planar 60mm F2.8 AEG 注記ないものは絞り開放
Photoshop Camera RAWの現像設定はスタンダードから微調整のみ


9710

引きぎみのボケを確認。
9720


絞りF5.6
穏やかな発色ながらコントラストが良いので、独特の立体表現になります。
9714


絞りF5.6
9727


9722


ボケは文句なく綺麗です。印象派とも言うべき50mm F1.4などと違って、単純に優秀な収差補正でどんな距離でも角の立たないボケ。
9718


CONTAXのマクロ系Planarが備える諧調の厚みとやわらかみ。
9726


9724


絞りF5.6
9715


絞りF5.6
9725


直線がまっすぐ写るので建物描写は得意です。
9713


9712


9719


9716


絞りF8
9717


9711


S-Planar 60mmの初期型は描写が違うのか? ……確かに違いました。といっても、撮り比べをしていないので、その印象がどこまで正しいのかは分かりませんが、以前の記事と同じようにEOS 5Dを引っ張り出して確認したので、単なる思い込みではないと思います。

具体的には、マクロレンズ特有のくっきりしたシャープネスと柔らかいボケ味を基本としながらも、古めかしいおっとりした色とコントラストを持つAEG黒マウントの描写から、若干、コントラストが上がって被写体の丸みが強くなっています。これにより画面全体の主張が強くなっているので、通常のAEG黒マウントよりも被写体が立体的にツヤツヤ写り、その分、うるさいというほどではないですがボケの存在感も増しています。


すこし誇張して書きましたが、仮にこの感想が正しいとするなら、S-Planar 60mmの描写の変節に納得のいく説明ができるのです。つまり、初期ロットで良い硝材を使い理想的なコントラスト性能が得られたS-Planar 60mmはやや採算とのバランスが悪く、それ以降の通常ロットでコストダウンを行った結果、描写が若干変わってしまう。それが不本意であったZEISSは、CONTAXレンズを強固な銀マウントへ変更するタイミングでコストとのバランスが取れた新しい硝材を使い、コントラスト性能を取り戻すとともに発色性能を従来のものより引き上げた改良版とした、ということです。

【補足として、S-Planar 60mm F2.8のマイナーチェンジの流れ】
黒マウントAEG(初期型、三重式反射防止筒あり)
    ↓
黒マウントAEG(三重式反射防止筒の省略)
    ↓
銀マウントAEG(後期型、アルミからステンレスにマウント強化)
    ↓
銀マウントAEJ(日本生産に移行、Makro-Planarに名称変更、AEタイプなのは変わらず)
    ↓
銀マウントMMJ C(小型の1/2倍仕様をラインナップに追加、唯一のMMタイプ)

平たく言うなら、初期ロットからコントラストが落ちた通常ロットの描写を元に戻し、ついでに発色性能が上がったのが銀マウントといえるでしょう。S-Planar 60mmが他のCONTAXレンズと違い、ドイツ生産時代に早めの描写変化があったのも、Zeissが初期ロットより後の黒マウントに不満があったと考えるなら筋が通ると思うのです。


で、このようなことを書くと、やはり初期型サイコー!となりそうですが、個人的にはそうは思わないのです。これは完全に好みの話になるのですが、通常ロットの黒マウント版には現代のマクロレンズにはない穏やかで優雅な印象があるのです。これが他のS-Planarよりもコントラスト性能が低いことの裏返しなら、まさにそのとおりなのですが、この描写がくっきりクリアなマクロレンズと相反した個性に見えた自分にはS-Planar 60mmの初期型も銀マウントもいまひとつに思えてしまうのです。

もちろん、どれが一番良いか?は人それぞれであり、付け加えるなら黒マウント初期型は古めかしくもツヤツヤした立体描写に優れ、銀マウントは溢れるような発色とコントラストのパワーというふうに褒めることもできます。結局のところ、同じ設計ながら、それぞれに違う味付けとなっているのがドイツ時代のS-Planar 60mm F2.8ということですね。


S-Planar 60mm初期型で、少し気になったのは逆光性能です。おそらく、どこかの時点で改善されているはずですが(遅くともMakro-Planar時代)、後玉側のレンズ内壁(コバ?)の艶消し処理がいまひとつで、ここが内面反射の原因となっています。さらに、初期型の後部には可動式の反射防止筒がありますが、指向性の強い斜めの直射光が差し込んでいる場合にこれは役に立ちません(隙間なく壁があるのだからそこで強い光が反射するのは当たり前)。おそらくは当時の考えとして、そんな無茶な撮影は精密描写を得るためのマクロレンズには論外である、ということなのかもしれません。

この初期型の三重式反射防止筒の脆弱性については、初めて現物を目にしたことでとても納得できました。あくまで外観からの推測になりますが、この筒は直進ガイドもなく単純に重なっているだけなので、ヘリコイドの動作時に残る微妙な横ブレによって伸縮時に余計な負荷が掛かるのでしょう。


S-Planar 60mmの描写性能の違い、実際に比較できれば面白いのですが、実用面でいまひとつ自分の理想には合わないので徹底的にこだわる気が起きません。他でも書きましたが、S-Planar 60mmは等倍仕様のためレンズ構成のシンプルさに対し極端に重く肥大化していること、その等倍近辺の撮影が標準マクロの距離感ではとても難しいこと(つまり、野外撮影で標準マクロの画角特性ならハーフマクロ+アタッチメントで十分)などが主な理由ですが、それらに加え、さらに描写が面白く画角特性が草花撮影に適しているS-Planar 100mm F4を所有しているのでどうしても優先順位が下がってしまうからです。

まあ、いろいろネガティブなことも書きましたが、S-Planar 60mm F2.8は確かにシャープでボケも理想的かつ独特の味わいがある良いレンズだと思います。直線もまっすぐに写りますしね!