わたくしは決してM42レンズマニアではないのに、なぜだか今、こんなことになってます。 ( ̄ー ̄; ナゼ?

9169


A: 昔、300円くらいで海外から直接買った最安のM42-EOS。今ではAMAZONで200円強で買えます。ピン押しなし。
B: フィルム時代に買ったM42-C/Yの使い道がないので、これを感触が悪かったC/Y-EOSにはめて、ピン押しありのM42-EOSに。

C: 記事作成用に頂いたM42-NEX(新型)。ピン押しあり。
D: Aの回転方向のガタつきが大きく、ずっと我慢していたので今回、買い足したM42-EOS。ピン押しなし。


こんな感じで、最初はAだけだったのがなんとなく増えていき、ピン押しあり/なしで万全の態勢になったにもかかわらず、今回、Dを買ったのはAのガタにストレスが溜まっていたからです。基本的にM42レンズを使う場合にはピン押しありのアダプターのほうが無難なわけですが(※A-M切り替えのついていないレンズがある)、なぜ、ピン押しなしを重視するかというと、時々、ピンが押されると絞り開放で微妙に絞り羽が出てしまうレンズがあるからです。これはおそらく経年劣化が絡んだ個体差で、実用上は特に問題となりませんがうちのBlogで行っている厳密比較には都合が悪い、ということでここしばらく、買い替えをにらんでいました。


そんで、お得な値下げを発見したのがDのこれ。
驚くことに送料無料なのに国内の宅急便ですぐ届いたので、今だけの処分価格なのかもしれません。


ちなみに、最安の作りを実感できるAがこれで、ピン押しなしは現在、見つかりません。
外れを引かなければ十分使えますが、小物の中国発送なので返品は無理かも。


メーカーはNEEWERさんですが、正直なところ、ここは雑食系、つまり品質にこだわらず売れるものは何でも売ると言った感じで、K&F Conceptのように特別なイメージはありませんでした。ところが……おおお………しばらく見ないうちにきちんとしたブランディングが進んでいたのか、まるで、お洒落な雑貨屋で見るような箱に入っているではありませんか。なにやら、きれいな冊子までついて。

9170


ま、当然、この冊子は山ほど発売されているアダプターの説明書であるわけがなく、「うちは頑張って作ってるから良い商品だと思ったら、インターネットで評価してね☆!」みたいな挨拶文の各国語ですが、これを見てふと思ったのは、NEEWERってニーワーじゃなくてニューワーだったのか……という。

6782



とりあえず、RAYQUALのような最高品質(過剰品質)ではありませんが、ほどほどの出来であるNEEWERのM42-EOSアダプターを最安のものと比べてみましょう。

NEEWER
9172
メーカー不明
9173

NEEWERは無印よりも若干、手の込んだ作りですが、ざらついた塗装は同じため、装着感に滑らかさはありません。しかし、大きく変わったのが、カメラにマウントした時のしっかり感で、これでようやくストレスなくピン押しなしのアダプターを使うことができそうです(※たぶん、無印の出来の悪さは個体差)。NEEWERには正面に穴がふたつ開いていますが、これはアダプターだけカメラに残ってしまった時の引っかけ用でしょうか。


ついでに、ふたつのアダプターを組み合わせたM42-EOSも解説しておきます。これは単なる余り物の活用で、特筆すべき利点はなにもないのですが、レンズをねじ込むM42-C/Yはさすがに国産なのでスルッスルの気持ちのいい装着感です。後ろに植毛紙を貼っているのは、拘りというより仕方なくです。これをEOS-NEXと組み合わせてα7に使う場合には、ミラーボックスがないので銀色部分が丸見えで、反射防止にあまりよくありませんので。

9174


今回、買ったNEEWERは当たりで、手持ちのM42レンズの絞り表示がきちんと真上に来ました。EOSの場合は、レンズロックがボディの水平に位置するので、ロック用の溝が絞り指標の中心に対して90度の関係性になれば合格です。

9175



さらにおまけのM42-NEX(新型)。これはカメラマウントが真鍮のネジ止めになった新しいタイプですが、ピン押しのためのでっぱりは完全に別パーツになっているので、外してピン押しなしに組み上げることが可能です。ただし、この円形の板はかなり厚みがあり(2mm弱?)、代わりのスペーサーを入れないと実用にはなりません。改造用途ではフランジバックを大幅に短縮できていいかもしれませんが。

9171


それで、う~~んとオチはありません。 ( ̄ω ̄ )

あえて補足するなら、このM42マウントってきちんと規格化されていたのものではないらしく、干渉の問題があったり、まれに回転が止まる位置が違うレンズ(メーカー?)もありますのでご注意を。M42マウントのレンズはゆる~く構えて相性の良いアダプターを見つけましょう。

まあ、そんな面倒があっても、M42マウントのレンズは楽しさいっぱいなのは確かです。なんせ、古めかしい描写から、近代的なものまで時代を超えて選び放題ですからね!!