この問題は自分だけだろうか……と調べてみるとそんなことはなくて、価格.comでも同じような疑問を書いている方がちらほらといるようです。

 緑が綺麗に出せません
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000789764/SortID=19197598/

 α7の発色について
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000586357/SortID=17014434/

α7/α7IIは、旧世代のEOS 5Dと比べると発色や諧調感が雲泥の差でとても満足しているのですが、その割に葉の緑の現像がうまくいかず、最近はどうもトイカメラ調の仕上げで逃げてばかりです。これをもっと繊細で自然な仕上げにするにはどうしたらいいのだろうか…? なにしろ、以前の機種が古過ぎなので、今の世代の撮像素子に慣れるには時間が必要だろうと覚悟はしていましたが、まさか発色が良いのが仇になるとは思ってもいませんでした。

そんなこんなでいろいろ考察し、なんとか現時点での改善策を見つけましたのでそれを記事にしてみたいと思います。なお、Google検索してみても、この話題が特に引っかかるわけでもないので、これはRAW現像が苦手なマイノリティの話としてしょんぼりしておきます。

なので! どんな機種でもどんな場面でもセンス一発で現像できる方はさよ~なら~。 ( ;∀;) ウラヤマシー


まずはα7/α7IIついて言い表すと、どんな状況でも色がよく出る!に尽きると思います。これは、フルサイズ黎明期の画素ピッチだけが取り柄であるEOS 5Dからのジャンプアップだったことも大きく、順当に機種を変えてきた方が同じように感じるのかは分かりません。ただし、この発色の良さ=やわらかな光の中で様々な色が競演するようなα7の持ち味は単純なセンサー性能の他に、SONYが用意したカラープロファイルにも理由がありそうです。

それを相対的に示したのが、これ。

α7/α7II クリエイティブスタイル: ニュートラル→スタンダード
56495650

EOS 5D ピクチャースタイル: 忠実設定→スタンダード
56515652


同条件で撮影し、右から三番目のグレーに明るさを合わせたマクベスチャートですが、この中で異質なのがα7/α7IIのスタンダードです。通常、スタンダードと呼ばれるカラープロファイルは汎用性を重視し、後処理なく使えることを目指したものですが、α7/α7IIの場合、コントラストは軟調のニュートラルとほぼ同じで主にマクベスチャート中段の彩度が上がるだけです。これは実際に撮影したRAW画像に対し、Image Data Converterでプロファイルの切り替えを試してみれば分かることですが、α7/α7IIのニュートラルとスタンダードはよく似ていて、複雑な味付けはほとんど感じません。
一方、スタンダードの元になっているニュートラルをEOSの忠実設定と比較すると、コントラストはほぼ変わらない軟調ながら下から二番目のグレーが濃く、それに引っ張られてか、全体の色が濃厚な印象があります。

このように、SONYの基本プロファイルはフィルムを模して明確な用途を設定したEOSとは違って(※例えばEOSのスタンダードはプリント用の高コントラストで鮮やかさと渋さを兼ね備えている)、色彩感の個性は少なく一様に発色が良い設計となっています。おそらくSONYの考える色彩設計としては、様々な閲覧環境となるデジタル時代に多くの方が喜ぶであろう見栄えの良さ、すなわち、撮像素子の性能を生かした軟調かつすべての色が綺麗に発色するチューニングを目指したのかもしれません。試しに、α7/α7IIのスタンダードをEOSと同じコントラストまで持ち上げてみると、非常に彩度が上がってくどくなります。


・近年の撮像素子の性能は素晴らしく、とてもよく現場の色を拾う。
・SONYのプロファイルはあまり各色に差をつけず、発色が一律。(特別な色彩効果を狙ったプロファイルは除く)


以上の特徴は、弱い光でも豊かな色彩感が楽しめる強みでもありますが、その一方で、各色の主張が強すぎる人工的な発色になりやすいデメリットをも含んでいます。SONY機及びそのプロファイルは一律の色の強さを持ちますが、それが極端な撮影条件になると不自然な緑色となって撮影者を悩ませるのです。



*****

しかし、SONYのプロファイルを使わなくても緑色が変になるよ、という声に対してはもうひとつ、写真の根本的な原理を説明しておきましょう。


はっきり言うと、α7シリーズで緑色が手に負えなくなる絵柄はこういうものが多いです。

スタンダード WBオート
5653

5654


プロファイルをニュートラルに変えてもただ地味になるだけだし、どうすればいいんじゃ~とRAW現像のセンスが問われる場面です。ただし、これは全機種全メーカーで起こる現象で、色温度のズレと色被りという二つの問題を認識することで、とりあえずの形まではもっていくことが可能です。

それにはまず、日陰で起こる黄色被りを取ってやり、次に全体に被っている緑色を薄めるのです。
5656

5655


なお、色かぶり補正のマゼンタですが、WBオートの場合は大抵、緑色に対しマゼンタが強くなる補正が入っているはずです。それはなぜかというと、カメラのWBは撮影現場の色温度を理解しているわけではなく、単に画像の色分布に対し、反対色を入れて中庸な色彩になるように調整しているだけだからです。(※もちろん、複雑なアルゴリズムがあり、画像が一色に偏る場合には補正し過ぎない条件付けもある)
なので、こういったケースではどの程度、黄色味を抜いてマゼンタを足すか?ということが手動調整の肝となるのですが、マゼンタは他の部分に赤みを乗せるので、必ずしも色かぶり補正をしっかり行えばうまくいくとは限らないことに注意してください。

参考までに反対色となる色の関係。これをイメージすると、WBオートでは青みが強い場面で画像が黄色に濁ったり、夕焼けが青っぽくなっていたり(=カメラが夕焼けという状況を理解していない)、緑が妙にくすんだりする理由(=補色のマゼンタを入れ過ぎている)がよく分かると思います。

女教皇の聖壇 「色彩学講座 色相関」
http://rock77.fc2web.com/main/color/color1-2.html

5657


ついでに補足すると、街中スナップで無難なWBになり易い理由は、コンクリートの灰色がニュートラルグレーの基準になるのと、あちこちに点在するさまざまな色は計算上ほとんど無視できる(画面内の色が多いとそれぞれの補色が互いの効果を打ち消し合う)からです。


話を元に戻しますが、色温度のズレはさておき、日中の木陰などで写真を撮ると、なぜ強い緑かぶりになるかというのは、その場所が周囲の葉による緑色の透過光や反射光に厚く覆われているからです。緑の中に人を立たせると肌が緑色に濁るのはポートレート撮影をしている方には常識でしょう。昔話になりますが、フジのベルビア(※ポジフィルム)はこの緑かぶりでさえ美しいと思わせる最強の色彩表現を備えていました。

イメージ画像
5658



*****

以上をまとめると、α7/α7IIの緑色の難しさは、

近年の撮像素子の色ノリの良さ + 各色が一律に発色の良いSONYのカラープロファイル + 木陰の黄色被り + 木陰の緑被り

が一体となって発生していると言えます。
これらを単純に捉えると葉の緑色が飽和気味ということであり、発色の良いレンズ、または黄色味の強いレンズほどこの扱いが難しいような感触があります。しかし、このことを念頭に置いて適切なRAW現像をしたはずだけどやっぱりどこか緑色が変!(蛍光色みたいにギラギラするか、すごく地味になる)とじたばたし続けた結果、なんとなくうまくいきそうな決め手を発見しました。これがこの記事の核心です。


その方法とは、HSLでグリーンの色相と彩度を狙い撃ちすることです。
56655659


そんな単純なこと?と思われてしまうかもしれませんが、このケースで重要なのはいかに全体のコントラストと彩度を下げ過ぎず、自然な緑色を出すか?なので、特定色の補正でグリーンのみ補正を掛けることがSONYの人工的な発色を避ける最終手段となります。
この色相の扱いが意外と落とし穴で、まさか緑色の色調そのものがイマイチなんて考えもつかず、SONY機でありがちな黄緑っぽい葉の色はここを+側にすることでシアン味の落ち着いた緑になります。

ちなみに、この緑色補正の効果を簡単に試せるのがPhotoshop Camera RAW/Lightroomのカメラキャリブレーショ内にあるグリーン色度座標値で、この中の色相/彩度をぐりぐりいじると自分が欲しい緑色が簡単に出てきます。(ただし、この座標値とやらはHSLと違って、もっと大きな範囲で色の相関関係を動かすものらしく他の色もがらっと変わってしまうことに注意が必要です)
5666


余談ですが、なぜEOS 5Dではこれが問題にならないかというと、フルサイズ黎明期のCANONセンサーは発色が浅めなので木陰の難しい状況でもけっこう様になるのです。基本的に写真は硬い光に軟調現像、やわらかい光に硬調現像という足し引きでバランスしますので、発色がいまいちなEOS 5Dと緑色が飽和気味の絵柄というのは組み合わせの良さがあるのでしょう。しかし、他の場面では物足りなくなったりもするんですが……。


結論としては、色のよく出る現在のカメラでは、反射光/透過光の色被り、画面内の色温度の違いをいっそう強く意識して現像操作を行わないと自然な質感再現は得られないということと(※環境光が素直な場合はそのような心配はない)、渋みの演出がないSONYのプロファイルは特定色の色相/彩度を操作するとうまくいく可能性があるということですね。また、そういった色の強さが、一見、なんの変哲もない絵柄に複雑な色彩感をもたらし、現在のデジタル写真のインパクトを形作っているとも言えるのでしょう。たぶん。



WBオート
5660


ホワイトバランスで黄色味と緑被りの補正
5661


コントラスト補正
5662


HSLでグリーンの色相を+に、彩度を-に。
5663


う……うまくいってるのかな………?