マウントアダプターのK&F Conceptは只者ではありません。
海外市場でその名前を見かけた当初からカラー印刷の箱付きで、製品は中華の匂いを感じさせないロゴ入りかつスマートなデザインという、きちんとブランディングされたメーカーの姿勢は日本AMAZONでの取り扱いを契機にあれよあれよとマニア層に浸透し、とうとう本格的な日本進出を果たすまでになるのです。

【CP+】MFレンズとマウントアダプターのマニアックな世界
マイクロフォーサーズ用魚眼レンズなど 廉価アダプターのK & F Conceptが日本初上陸
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/eventreport/1046440.html

5278


焦点工房、K&F CONCEPTの取り扱いを開始
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1047312.html


K&F Conceptの良さはひとえに品質が一定に保たれていることで、その品質とは極端な安値競争をしない代わりにむやみやたらなコストダウンをしないことです。その結果、K&F Conceptのアダプターは中国製品にありがちの初期不良や個体差を排除するには至っていませんが、マウント時のスムーズさやマウントロックのぎくしゃく感のなさなどでユーザーに好印象を与え、「次もここにしよう」と素直に思わせるほどの安心感を醸し出しているのです。


とても興味深いのは、これだけ本質を突いてユーザーに受け入れられている割にメーカーは売れ筋をすべて網羅しようなどという大胆さはないのです。まさに力押しではない従来の販売戦略どおりに、ヘリコイドアダプター(LEICA M - NEX)やギア駆動のCONTAX G - NEXなど製造難度の高い製品は避け、今最も流行りの電子接点付アダプターはEF - NEXの一商品だけです。
そういった保守的な一面が見える一方、フジの中判ミラーレス GFX用アダプターは数が出ないはずなのに積極的に網羅するなど攻めの姿勢もあり、これらを総合すると、K&F Conceptは非常に商才のある方が全体の方向性を決めているのではないかと思われます。


そんなK&F Conceptが初めて独自の進化を見せたのが、少し前に発表になった新型マウントアダプター四種。後部は真鍮製の別パーツとなり、内部は反射防止塗装あり。果たして、その実態は?

K&F CONCEPT、ソニーE用マウントアダプターに改良型
M42、ニコンF、キヤノンFD、ミノルタSR用
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1051426.html

5279


……と、ここで本来なら、すぐにレビューが始まるのですが、今回はもうちょっと前置きが続きます。
実は、やり手のK&F CONCEPTさん、うちのBlogに製品のレビュー依頼を申し込まれたのです。


え゛ うち、そんな有名サイトじゃないんですけど、ホント? ( ̄□ ̄;) !!


コメントを頂いた営業の方のメールアドレスはyahoo.co.jpで怪しさ満点でしたが、併記されていたメーカーサイトのco.jpドメインは登録内容を見る限り信頼できそうです。そして、素早いレスポンスのメール交換の数日後には今回のレビュー商品であるM42 - NEXアダプターが届いたのでした。


なに? 長々と書いていた前置きがすでにヨイショだって? それがそのとおりかは内容でご判断いただくとして、営業の方には悪い部分も隠さない公平なレビューをしていいという確約を取ってあります。
K&F Conceptの小林様、当方の厚かましい希望や質問に誠実に応えて頂いてありがとうございました。

それでは、はじまりはじまり~。



どん。

一般に、中国直送品だと黄色いクッション封筒のみで送られてくるのでこういった箱はベコベコになりがちですが(中華製品の日常です。( ̄ー ̄) )、今回は国内のAMAZON発送品なので綺麗なままです。
5282

こういうセンスは他の中華アダプターにはないなと思わせるメーカーアピール。※説明書ではありません。
5283



どどん。

今年の三月に切り替わった新型アダプター、ピン押しタイプ。後部が真鍮製の別パーツになったために、やや重量が増しています。
5284


後部ネジ止めはRayqualと同じで、低価格帯の製品で本当にこれが精度に寄与するのなら凄いことです。残念ながら、C/Y - NEXなどはまだ新型に切り替わっていないので、メーカーとしても様子見の部分があるのかもしれません。
ただ、今回の品は個体差のプラス側なのかカメラへの装着感がややきつく、個人的にはもう少し軽快な方が好みです。例えるならα7IIで1kgクラスのレンズを支えるのに適したようながっしり感があります。
5289


作りの信頼度を確かめるために四か所のネジにドライバーを当ててみましたが、締め付けが緩いこともなく、しっかりと組み付けられていました。以前、レンズ側のネジ締めが甘く超広角で偏芯が起きていた物があったので、新たに入手したアダプターはすべてのネジを必ず確認するようにしています。
5288


新型には反射防止塗装が施され、何から何まで良いことづくめに思えますが実物を手にすると、え?っと戸惑います。マウントの回転止めとなる小ネジの裏側(中央の穴)は出っ張ることなく見事ですが、このとおり、真鍮製のパーツ部分には溝切りがないのです!
5286


え~どうして一番大事な部分を省略するかなあ~、でも価格据え置きだから仕方がないのかな~と、落胆しながら不良品かどうか営業の方に問い合わせるとこれで正しく、しかも「けっこういい」という評判もあるとのこと。

よし、ならば比較じゃ!とやってみました内面反射テスト。


5268
実は、この比較をやるたびにすでに使っているアダプターの植毛紙を剥がしたり貼り直したりしてるんですこんちくしょー! ( ;∀;) テマカカッテルヨ



※テスト内容は過去記事と同じ。ここから少し寄って光源を切った青枠が実際のフレーミングです。
Oreston 50mm f1.8 絞りf4 マニュアル撮影で設定固定、アダプターの状態だけを変えています。
5270


左: 植毛紙                     右: 溝切りあり+反射防止塗装
52755273
左: 溝切りなし+反射防止塗装(新型M42 - NEX)   右: パーマセル
52725274
左: 艶あり塗装(従来製品)
5271


結果としては、新型M42 - NEXは順当にパーマセル貼り付けよりは良く、溝切りあり+反射防止塗装よりやや劣るといったところで、この並びは性能の順です。正直、新型M42 - NEXはもっと悪くなるかと思っていましたが、艶消し塗料の質がいいのか反射面が平らな割には良い成績です。
とにかく、従来製品の悪さとは別次元といえるので、ようやくユーザーが自分自身で反射防止処理を行わなくてもいいアダプターが手に入ることとなりました。

関連記事:
マウントアダプター 理想の内面反射対策
http://sstylery.blog.jp/archives/69456482.html


反射防止に使う素材。植毛紙は効果抜群ですが、微妙な厚みあり。



M42マウントは単純な捻じ込み式になるために、この手のマウントアダプターでは必ずしもレンズの指標が真上に来るとは限りません。これはレンズ側の個体差なども絡んでくる面倒な問題なので、厚みがある大抵のアダプターは周囲のネジを緩めてM42リングの固定位置を調節できるようになっています。
5296


M42リングは奥側が斜めにカットされており、ここにアダプター側面のネジが突き当ることで回転止めと脱落防止を同時に行っているようです。
5292

5291


調整前→調整後
5293

左が商品到着時の状態で、やや中心が行き過ぎていますが実用には差し支えありません。M42リング外周部には製造時の当たりが付いているので無理して停止位置を修正せずに、そのままで使う方が剛性面からも安心では?というのが現物をいろいろいじくってみた人間の感想です。

なお、調整に使う六角レンチですが、一般的なセットについてくる1.5mmは大きすぎ、それよりもさらに小さな1.27mmで回せましたがガタつくほどに緩かったので適合サイズはよくわかりません。1.4mmは一般的ではないので1.3mmが正しそうですが、0.03mmの違いでそんなにガタつくかなあ?と謎です。(レンチ側の精度不良?)
これについて、営業の方に問い合わせましたが、M3×4というネジ規格っぽい返答がかえってきたので確定的なサイズは不明です。




最後に新型M42 - NEXの使用感ですが、オーバーインフは平均的で様々なレンズに無難に対応できる範疇だと思います。仮にきっちり無限遠を∞マークに合わせたい場合でも、ピン押しの板とM42リングの間にシムを挟むだけなので改造は非常に簡単です。逆光では簡単にフレアが発生する旧型の癖はなくなり、目立った問題なく様々な場面に対応できます。

やや気になったのは、後部が肉厚の真鍮パーツに変わったために明らかに重量感が増したことで、軽いレンズの軽快感を重視する方はあえて旧型を選ぶ(※反射防止処理は自分で行う)選択肢もあるかと思います。まあ、両方買ってもひとつ2~3000円の物なので、使い分けをしてもいいかもしれませんが。


Oreston 50mm f1.8 + 新型M42-NEX + α7II 絞り開放
53015300

53025303



ちなみに、K&F Conceptはグローバルサイトにco.jpドメインの通販ページも設置しているようで、これはAMAZONのFBAマルチチャネルサービスを利用した国内発送だそうです。(※在庫がない場合には、中国発送とのこと)

K&F Concept
https://www.kentfaith.co.jp/

新型M42 - NEX
https://www.kentfaith.co.jp/KF06.305
(支払いはクレジットカードもしくはPaypal、二個買うと自動計算で10%値引き)


※FBAマルチチャネルサービスとは、自社のECサイトや実店舗、オンラインショッピングモール店舗など、Amazon以外の販売経路で販売している商品の出荷・配送・在庫管理までを、Amazonが代行して運用する物流サービスです。
https://services.amazon.co.jp/services/fulfillment-by-amazon/mcf-overview.html


その出荷元はAMAZONのbestkfというストアIDのようで、要するに日本では焦点工房の他に、このIDが信頼できる購入元=直販となります。

新         旧