N Planar 85mmのボケ描写について精査します。

マウントアダプターのケラレについては影響のない画像を載せていますので丸ボケの形状についてはレンズの素の描写のはずです。ただし、両レンズともに同位置から撮影なので実焦点距離の差がボケ量の差となっていることにご注意ください。細部の比較となるために、気になる画像はクリック後の横1000pxの画像を確認することをお勧めします。


最初のカットがCONTAX N Planar 85mm f1.4、後のカットがPlanar 85mm f1.4 MMJですべて共通。

注記なければ絞り解放 マニュアル撮影で設定固定、WBは5200k付近(日陰では多少調整あり)
Photoshop Camera RAWの現像設定はα7でEOSのスタンダードを模したプロファイル、明るさを同等に調整


3885


3884

3890


3889


3896


3895


こういう距離感ではN PlanarはMMJよりも微妙に周辺部がざわざわします。
3894


3893


3898


3897


3350


3349


3900


3899


3338


3337


4987


MMJは画面下に特有のシャドー浮きが出ています。
4986


4989


4988


3910


3909


絞りf2.8
3912


3911


3393


画面外に強い日差しがあるので、MMJは下部にシャドー浮き。
3392


3904


3903


3906


3905


3902


3901


3908


3907


3888b


3888


4991


4990


5085


5084


4993


4992



N Planarのボケですが、すでに定規テストで判明しているように輪郭線のなだらかなタイプで、前も後ろも柔らかくフワッとぼけていきます。これは実際にこのレンズを使えば誰でも理解できる特徴ですが、しかしながら、この比較ではMMJよりもN Planarの方がボケが固く見えるカットが多いです。それはなぜか?というのは、N Planarの実焦点距離の短さにインナーフォーカスの特性が合わさり、同じ位置から撮影するとボケそのものがMMJよりも小さく背景や前景の形が残り易いためです。この現象、レンズ比較で間違いやすいのですが、ボケの質を見るときに焦点距離の差を考慮しないと、無条件に広角寄りの方をボケが固いと決めつけてしまいがちです。

というわけで、三脚+長めのスライダーで像倍率を合わせないとボケの厳密比較はできないのですが、三脚移動の力技でそれを行ったカットがこれ。絵が揃うまでにかなりの時間がかかるので環境光の完全一致はできませんが、ボケの印象はかなり近くなります。

順番はこれまでと同じ、最初のカットがCONTAX N Planar 85mm f1.4、後のカットがPlanar 85mm f1.4 MMJですべて共通。


3943


3942


3946


3947


それでもN Planarで気になるのが周辺部の丸ボケの歪みのきつさで、これは引いた構図で背景がボケきらない場合にグルグルの一歩手前のような落ち着かない描写に繋がるようです。

一方の距離を調節して焦点距離の差をなくしているので、これは紛れもなく固有描写の差です。
3945


3944


ボケそのものは柔らかく球面収差の補正状況は良いのに、周辺のボケは変形が強く画質が悪い、これを裏付けるデータはZEISS自身が公開するMTFグラフに表れていました。

https://www.zeiss.de/content/dam/camera-lenses/files/service/download-center/datasheets/historical-lenses/contax-n/datasheet-zeiss-planar-1485-de.pdf
https://www.zeiss.de/content/dam/camera-lenses/files/service/download-center/datasheets/historical-lenses/contax-yashica/datasheet-zeiss-planar-1485-de.pdf


左: N Planar 85mm f1.4  右: Planar 85mm f1.4 AEG/MMJ
4980

N PlanarはAEG/MMJに対し、まるで画面隅の補正を捨てているようなグラフの落ち方で、これだけ放射/同心の乖離があるのなら、そりゃそうだよなーという感想しか出てきません。この辺りがN Planarの不思議な部分で、このように性能の良し悪しが混在した設計はちょっと素人にはコメントできません。


被写体にピントを合わせずに、純粋に口径蝕を比べてみるとこうなりました。
絵柄の完全一致はできていませんが、中央と周辺の形状差はやはりN Planarが大きく、方や色収差の少なさではN PlanarがMMJを大きく上回るという、なんとも評価しがたい画質差となっています。

3951


3950


3953


3952


4955


3954


この丸ボケ、実はN Planarには改善策があるのです。Nシステムになって絞りは電子式になりましたが、その恩恵か、かなり絞り羽の形状が円形に近いのです。

絞りf1.4
4960


絞りf2
4961


絞りf2.8
4962


絞りf4
4963


絞りf1.4
4982


絞りf2
4983


絞りf2.8
4984


絞りf4
4985


以上のように、f2に絞るだけでボケの丸みは画面全域でぐっと改善し、f1.4のいびつさはどっかにすっ飛んでしまうのです。f2.8では微妙に角ばり、f4は完全に多角形ですがそれらも距離が離れれば綺麗な丸ボケとなります。このことからN Planarのスイートスポットはf2~f2.4辺りで、もしかしたら、このレンズは元からやや絞り込んだ時に一番美しい描写になるように設計バランスが仕組まれているのかもしれません。そう考えない限り、ボケに気をつかっているんだかいないんだか、よく分からない描写ですので。


N Planarのボケについてまとめます。

・前後ともに輪郭線は薄く非常にやわらかい。
・その割にピントはしっかり出る良好な球面収差補正。
・周辺の丸ボケは歪みが強い。
・しかし、円形絞りに近いため、絞り込むと丸ボケは綺麗に揃う。
・中途半端な距離感の細かい背景ボケはざわざわと落ち着かない傾向がある。
・口径蝕、非点収差が大きい?