CONTAX N Planar 85mm f1.4とPlanar 85mm MMJの撮り比べ、その2で、両者の明るさを揃えたものになります。これにより、大まかな考えではフィルムを使った時の写りの差を示していることになり、N Planarの黄赤の強さは当時のカメラ雑誌で見た印象と合致します。


最初のカットがCONTAX N Planar 85mm f1.4、後のカットがPlanar 85mm f1.4 MMJですべて共通。

注記なければ絞り解放 マニュアル撮影で設定固定、WBは5200k付近(日陰では多少調整あり)
Photoshop Camera RAWの現像設定はα7でEOSのスタンダードを模したプロファイル、明るさを同等に調整


絞りf2.8
3924


3923


3326


逆光で空に抜くと色収差が目立つのがMMJ。
3325


グレーの被写体で色味を確認。
3332


3331


N Planarの方がボケが固く見える場合、実焦点距離が短い=広角寄りでボケが小さい=背景の形が残り易い、ということが理由です。
3328


3327


3330


3329


3881


3880


3883


3882


3336


3335


絞りf2.8
3342


3341


絞りf2.8
3346


3345


絞りf4
3397


3396


絞りf2.8
3912


3911


絞りf1.4
太陽は右上の画面外。
4970


MMJとAEGは絞りの後部に平らな部分があるので、このような内面反射を誘発します。
4971


絞りf4
4972


4973


絞りf1.4
3914


3913


絞りf2.8
3916


3915


絞りf2.8
3920


3919


3887


3886


絞りf2.8
3928


3927


3918


3917


絞りf2.8
3930


3929


3892


3891


3352


3351


絞りf2.8
二段絞るとN PlanarとMMJはほぼ同等のコントラストとなりますが、厳密にはN Planarの方がまだコントラストが高く、絞り込んでもまったく同一とはならないようです。
3354


3353


3356


3355


3364


3363


絞りf2.8
3366


3365



実際に両者の明るさを揃えてみると、かなり似ているカットと、多少違うかな?と言えるカットが混在していると思います。これまでの分析で、まるきり違うレンズと言っていた割にこのような結果となる理由は、同じ絵柄で諧調の中心を揃えると絞り開放のコントラストの差がシャドー/ハイライト両方向に平均化され目立たなくなること、MMJの基本設計が70年代とはいえ発色がまったくN Planarに劣っていないことなどが考えられます。
話の本質としては、レンズの写りの違いなどマニアが騒ぐほどのものではないということでしょうが、あほCONTAXまにあとしては、さすがYASHICA/CONTAXで一番人気だったPlanar 85mm f1.4 AEG/MMJだ!と歪んだ眼差しで持ち上げておきましょう。なお、この絞り開放のコントラストの差はf2.8でほぼ同等となりますが、画像ビューアなどで厳密比較するとそれでもまだN Planarの方がハイコントラストで諧調は同一には揃わないようです。

ホワイトバランスは揃えていないので、両者のカラーバランスには好き嫌いが出ると思いますが、撮影者としてかなり明確な黄色味を体感すると、昔、雑誌で見たCONTAX Nレンズの印象どおりで納得します。最新のレンズだけに発色は良く、しかしやけに黄赤がべたっと主張してくるなというのが当時の個人的な感想でした。
この黄色味、実際に数値を動かしてみるとWBにして300k近くの偏りとなり、以前調べたAEG/MMJ以上の大きな差で、実に不思議なのがこの写りの質感は有名なVario-Sonnar 24-85mm f3.5-4.5やレンズ構成に変更のないPlanar 50mm f1.4でも同じように見えることです。昔のAEGの広角系では高屈折レンズの色付きが消し切れていないことが理由と仮定できますが、MMJでニュートラル方向に戻ったカラーバランスがなぜまた黄色方向に崩れてしまっているのかまったくわけ分かりません。これについては、他のNレンズを揃えてみないと断定できない事柄なので曖昧なままにしておきます。(今までのパターンからすると、被写体の忠実度を問われるMakro-Sonnarだけ黄色くないというのもありそうな……。)

逆光耐性は特に弱点はないが優れてもいないといった様子で、AEG/MMJのように反射要因となる平らな部位もありません。その代りにフレアカッターなのかガラス抑えなのか不明ですが、内側に見えるリングがまるでプラスチックのような質感で反射防止が甘く、コストダウンの一環なのかやや気になります。逆光の場面によってはf8付近で不可解なフレアーも出て、高級レンズの割には何かすっきりしないものがあります。


……さて、今回の比較画像になんとなく物足りなさを感じたとしたら、それは正解です。大口径中望遠の最大の特徴となるBokeh写真を意図的に排除したので。なぜか?というのは、N Planarのボケにひとつ思うところがあって、個別に検証記事を書きたいからです。
そんなわけで、この連載は建物、ボケ、禁断のWB揃えなど、まだまだ続きますが、正直に告白するとN Planar 85mm f1.4には性能面で手放しで褒められない部分も見えてきたといった感じです。果たしてN Planar 85mmの実態は!!