CONTAX N Planar 85mm f1.4とPlanar 85mm MMJの撮り比べ その1なのですが………
やや面倒なことになりました。

前回の室内テストで両者はまるきり違うレンズということが判明しましたが、野外比較で設定を固定すると明るささえもまったく揃わずN Planarの特性を見極めるにはRAW現像の補正が必要なのです。となると、コーティングの改良による透過率の差か?と考えてしまいますが、両者をf2.8に絞り込むと明るさは綺麗に揃うので、その実体としてはN Planarの絞り開放のコントラストの高さが原因のようです。

とりあえず、実用に即した比較としては後処理で明るさを揃えたものを並べればいいだけですが、今回は希少なレンズということで先を急がず、まずは設定固定の素の写りを確認したいと思います。


最初のカットがCONTAX N Planar 85mm f1.4、後のカットがPlanar 85mm f1.4 MMJですべて共通。

すべて絞り開放 マニュアル撮影で設定固定、WBは5200k付近(日陰では多少調整あり)
Photoshop Camera RAWの現像設定はα7でEOSのスタンダードを模したプロファイル


同じf1.4、マルチコーティングでここまで明るさの差が出るのは珍しいです。撮影範囲の違いは実焦点距離の違いが原因。
3201


3200


3191


3190


3209


3208


快晴順光、色温度5200kの写り。
3193


3192


3199


3198


3229


3228


快晴順光、色温度5200k。
3221


3220


寄るほどに明るさの差が明確になりますが、これは撮影距離に関わらずT値が維持されるインナーフォーカスの利点だそうです。
3217


3216


3225


3224


よく見るとピント位置が揃っていず、ボケの比較にはなりません。
3231


3230


夕方の日陰。本来は青みに支配される状況。
3205


3204



今回の比較の補足説明です。
基本的に明るさはN Planarで合わせ、色温度は5200kで共通、しかし日陰などで両方とも黄色被りになる場合にはMMJを目安にWBで青みを加えています。天気が快晴だったためにWB: 5200kが適正になる場面が多く、その状態で無難な色が出るのがMMJでした。つまり、N Planarは明らかに標準的な色再現から外れて黄色いということになります。


左: N Planar 85mm f1.4  右: Planar 85mm f1.4 MMJ
32373236

32073206
※上の画像に縮小とトリミングを使い、絵柄を完全一致させたヒストグラム。


このようにN PlanarのヒストグラムはMMJに対し全体のスライド移動(明るさのシフト)はなく、中間から下(主に画面の大半を占める緑成分)がハイライト方向に引っ張られつつハイライトの山もはっきりと高くなっているので、豊かな諧調が維持されたままコントラストの上がったメリハリの強い描写です。MMJはシャドーの山が一か所に寄りつつハイライトの山もなだらかな軟調描写で、本来はもう少しプラス補正を掛けることで適正露出になります。

この結果から、N Planarは同条件ならMMJよりも1/3~1/2EVほど速いシャッターが切れる優位性があると言えます。そして、それは単に透過率の違いということではなく、MMJの絞り開放f1.4が非常にフラットな軟調描写であることが原因です。N Planarは確かに開放からコントラストが高いですが、おそらく2000年以降に発売された他社の85mm f1.4と比較すればこれほどの差にはならないはずです。

もうひとつ撮影範囲の差も明らかで、実焦点距離はN Planarが83.0mmに対しMMJは84.8mmとなり、近接時にはさらに前者のインナーフォーカスが作用してその差が広がります。


まさに何から何まで違うこの二つのPlanarですが、次回は明るさの差を揃え、より細かな印象の違いを明確にしてみます。ここまで写りが違うのならWBで色味を揃えてみても面白そうですね。

次回、こうご期待! o(*゚∀゚*)o ワクワク