そんな大層な内容ではありませんが、設計によってここまで写りが違うのかとビックリした例です。
レンズ名はCANON FL 50mm F3.5 MACRO、まずはCONTAX Planar 50mm f1.4 AEJとの違いをご覧あれ。


最初のカットがFL 50mm F3.5 MACRO、後のカットがPlanar 50mm f1.4 AEJ(f3.5)ですべて共通。

注記なければ絞りf3.5 AE撮影でその他は設定固定、WBは5200k付近
Photoshop Camera RAWの現像設定はCamera Standard(DPPのスタンダード相当)、明るさ調整


今回、両者の明るさを揃えたのは全体の写りの差がテーマではないからです。
2362


周辺光量は絞り込んでいるPlanar 50mmの方が有利。
2363


絞りf5.6
FL 50mmの方が狭く写るので、実焦点距離はPlanar 50mmの51.6mmよりも長いことになります。感覚的にこれぐらいはっきり違うと最低でも+1.0mmの差はありそうです。
2358


2359


2360


2361


2381


2382


2379


2380


右側の葉っぱの明るさの差は周辺光量不足=照度分布の違いが大きいです。
2368


2369


一目見て発色の違いがよく分かり、FL 50mm F3.5には明確な青みと諧調の薄さが見て取れると思います。このレンズはカラー再現がそんなに悪いのか?と思いがちですが、実は国産レンズにはこのような描写は珍しくなく、こういった差が過去のCONTAXの評判の理由となっているのです。ただし、本題はなんとなく感じるFL 50mmの平坦な細部描写(上記比較画像をクリック推奨)。何をどんな光で撮ってもこうなるので、画像の一部拡大をしてみます。


左: FL 50mm F3.5の絞り開放  右: Planar 50mm f1.4のf3.5
23642365


23662367


FL 50mmがピンボケじゃないの?というのは違います。三脚を立ててミラーレスのライブビューで繰り返し撮影をしていますので、これがこのレンズの開放描写に間違いありません。Planar 50mmは絞っているのでそれなりに解像しているのはさておき、左のFL 50mmをよく見てください。フレアっぽくて、テクスチャーがぼんやりしているのに、線の細さでは絞り込んだPlanar 50mmと同等以上。これって、かつて国産レンズの典型だった解像力重視の過剰補正型でしょうか? 描写のイメージとしてはまさにZEISSがMTFの重要性を語る説明どおり。

Optical technology that made history
High contrast and MTF graphs
http://www.sony-mea.com/microsite/dslr/09/carlZeissLens/index.html?HPID=carlZeissLensMicrosite%3ADSLR%3AThumbnails

ここで資料が参照できればいいんですが、FDよりも前のFLレンズ、しかもありふれた50mmマクロともなると簡単には検索に引っかかりません。一応、後ボケを見てましたが、開放F値の余裕かはたまたマクロ域が解像ピークとして設定されているからか、背景はカチカチというほどには固くなりません。

2368


2375


ではレンズタイプは何なんだろう?ということでWEBで調べると、なんとまあ近接仕様のテッサータイプ。分厚いエレメントがマニア目線で素敵。

2357
http://www.mir.com.my/rb/photography/companies/canon/fdresources/fllenses/


そして、わずかながらも情報が出てくると、なんとなく見えてくるのがこのレンズが廉価版じゃないかという疑惑です。発売が1960年代なら他に解像力で有名なクセノタータイプもありますし、後継のFD 50mm f3.5は収差補正に優れるガウスタイプに変更となっています。シングルコーティングが一般化している時期にあえてテッサーを選ぶ理由は“小さくて、安くて、良く写る”という必要にして最小限の理由を思い浮かべてしまいます。なにより、後玉のツヤツヤ押さえ枠がどう見てもプラスチックなのはどうなんでしょう。CANONさん、あんたぁ昔からこういう会社だったんだね………。(※コストダウンに関して露骨な割り切りがあるのがCANON流。)

仮にこのレンズが廉価版扱いとなると、絞り開放のフレアっぽさはギンギンの過剰補正というよりは単にコストを掛けなかった設計の都合かもしれません。この辺りの深い話になってくると、レンズ体験が少なく体系的に語ることができないあほコンタックスまにあ………。



ともかく、この薄い描写が球面収差の過剰補正によるものなら絞り込めばフレア(光学的にはハロ)も消えてコントラストが上がるはず、と試してみた絞りf8描写がこれです。
2371


2372


かなり暗くなってしまったのでf8のISO800、それなりにノイジーですがFL 50mmのフレアっぽさは消えており、画質差はほぼないように思えます。
23692370


色味をホワイトバランスで揃えてみますが、各部位の発色が違うのでまったく同じにはなりません。
マイクロコントラストは微妙にPlanar 50mmが上にも思えますが、色彩の良さに引きずられて錯覚しているのかもしれません。
23732374


というわけで、FL 50mm f3.5が解像力重視でバランスを崩した結果、開放描写がこうなったのかははっきりしませんが、さんざん言われてきたCONTAXの色彩コントラストの良さは時にこのような違いを見せるという一例にはなりました。なお、コントラスト重視と解像力重視というお題目についてはよく聞く話ですが、アサヒカメラのレンズテストなどを読むと、CONTAXレンズをキーワードに語られるこれらはあくまで絞り開放側の収差補正の違いであり、一般的には開放のコントラストを捨てた明確な過剰補正型にしてもほんのわずかに絞るだけでハロは解消され実用に支障はない(それどころか優れる部分もある)とされています。
メーカーが意図するコントラスト/解像力のバランスは他にも様々な要因があり一括りにはできず(※同じPlanarでも、50mm f1.4は完全補正、85mm f1.4は過剰補正、100mm f2は補正不足とまさにバラバラ)、こういったことはきちんとあらゆる情報から検討して慎重に語るべし、なのかもしれません。自戒を込めて。

第1集は国産レンズ、第2集は海外レンズが主体で、ほぼ収差データの羅列。個別の解説はほとんどなし。


当時、アサヒカメラに掲載された内容をそのまままとめているので「レンズテスト(第2集)」よりも詳しい解説あり。



今回の比較ですが、実のところ、CANON FLレンズはCONTAXよりも10年ほど早い発売でシングルコーティングですから少し公平性を欠いていることを追記しておきます。なにはともあれ、着眼点はコントラストと解像力のミニマムな視点なのでご容赦、ご容赦。

それと個体差という要件については逃げます。 ε=ε=┏( ・_・)┛

Planar 50mm f1.4再考 #13
次回不明


【追記】
いろいろ調べてみると、どうも自分のFL 50mmに対する見解は現代の視点から見た的外れのようで、1960年代のマクロレンズはまだまだ特殊で文献の複写などで活躍する発展途上。テッサータイプのマクロレンズはPENTAX Macro-Takumar 50mm f4などにも見られる通常の選択肢の一つであり、そもそもがそこからさらに10年ほど遡ったマクロレンズの始祖?となるドイツのMakro-kilar 40mm f2.8も同タイプということで、各社がこれに倣って改良を加えていただけなのかもしれません。(*1)
マクロレンズが文献の複写やストロボを使った学術的な精密撮影を主な用途としていたのなら、できる限り絞り込むのは当たり前で、このような開放のハロを問題視するのは設計者からすれば想定用途外の評価と言えるでしょう。

ただし、これらはあくまで推測に過ぎませんので、当時の空気を正確に知るには古いカメラ誌を当たる必要がありますが、FL 50mm F3.5の販売価格は他のFLレンズの平均よりもむしろ高いくらいで、CANONの設計意図としては絞り込んだ時の高解像を狙ったまさに解像力重視設計、特殊用途としてのマクロレンズを素直に体現した物なのかもしれません。


(*1 1950年代にクセノタータイプに着目し、Micro Nikkor 55mm F3.5を開発したニコンの先見性はその後、莫大な生産数と世に広まる名声によって証明されることとなります。)