東京光学(トプコン)……という名前は普通のカメラファンにはあまり聞きなじみがないんじゃないかと思います。自分もそのうちの一人で、ぽやや~んと曖昧に浮かんでくるイメージさえもありません。ただひとつ言えるのは、その昔はスゲエ!メーカーで、戦時中はニコンが海軍に、東京光学が陸軍に、それぞれ軍事用の光学機器を製造開発していたそうです。あのニコンと並び立つくらいですから、やっぱりスゲエんでしょう。

しかし、その一方で、とても博識なお戯れ記事を連載しているこちらのBlogでは、東京光学の民生用カメラ部門は撤退が既定路線だったのでは?という言及があり、Wikipediaによると1981年には一般向けのカメラ販売を終了しているようです。(※会社自体は存続しているので、京セラやコニカミノルタみたいなものでしょう)

会計士によるバリューアップ クラカメ趣味
「R氏とのカメラ・レンズ談義 その43」

まあ確かに、一眼レフのマウントを後玉まわりに余裕のないEXAKTAから変えなかったところなんかは、カメラ界の覇権を取るぞ!といった気概は特に感じません。1980年代というのは各社のAFカメラが登場する時期ですから、いさぎよくカメラ開発をやめてしまうのなら、まさに正しいタイミングだったのかもしれません。後にAF化の波に乗れず、行き詰るオリンパスの窮状をかえりみても。

後玉周囲にまったく余裕のないトプコンのEXAKTA(改)。
新型の50mmでは後玉が他社と同等サイズになりましたが、マウント筒の内側が薄く削られているなど、非常に無理がある構造です。

左: RE.Auto-Topcor 58mm F1.4 中央: RE GN TOPCOR M 50mm F1.4
右: NOKTON 58mm F1.4 SL IIN(NIKON F)
12034


そんなわけで、世間的には情報の少ないTopcorレンズ、その描写の一端を解き明かしてみようということで、まずは当時の一眼レフ用大口径レンズの国内の歴史を整理してみます。


1960年 NIKKOR-S Auto 58mm F1.4 6群7枚
1961年 AUTO ROKKOR-PF 58mm F1.4 5群6枚
1961年 Contarex Planar 55mm F1.4 5群7枚(※参考)
1961年 R58mm F1.2(CANON) 5群7枚
1963年 RE.Auto-Topcor 58mm F1.4 5群7枚
1964年 FL58mm F1.2 5群7枚
1966年 MC ROKKOR-PF 58mm F1.4 5群6枚

1962年 NIKKOR-S Auto 50mm F1.4 5群7枚
1964年 Super-Takumar 50mm F1.4 5群8枚
1966年 FL50mm F1.4 5群6枚
       ~~ 中略 ~~
1973年 RE GN TOPCOR M 50mm F1.4 5群7枚


これを見るに、RE.Auto-Topcor 58mm F1.4の登場はやや遅めですが、レンズ枚数は他と同等でコストダウンがなく、当時の一線級レンズだったことが推測できます。しかし、東京光学は他社のようにF1.2でさらなる価値を持たせたり、50mm F1.4へと移行していく流れには乗らず、現行レンズを改良しないまま最終的に50mm F1.4を発売したのは1973年と、かなりの独自路線です。

つまり、この時代のTopcorレンズの個性とは、積極的な性能競争に乗らなかったゆえのやる気のなさ奥ゆかしさなのかなと思いますが、果たしてその実態は?


最初の画像がNOKTON 58mm F1.4 SL IIN、後の画像がRE.Auto-Topcor 58mm F1.4ですべて共通。

注記なければ絞り開放 マニュアル/絞り優先撮影で設定固定、WBは5200kから大雑把に調整
Photoshop Camera RAWの現像設定はα7でEOSのスタンダードを模したプロファイル


絞りF8
Topcorの基本的な画質は、NOKTONより明確に黄色くて画角がやや広く、樽歪曲が強いことです。
11976


歪曲の差は画面下のレールに表れています。
11975


Topcorの最大の特徴は逆光性能の低さです。このゴーストはセンサーと後玉間の再反射かもしれませんが、とにかく画質が安定しません。
11978


NOKTONの優れた逆光性能は1990-2000年代あたりの基準ともいえるものです。
11977


絞りF8
収差の多いレンズですが58mmという焦点距離が幸いしてか、絞り込むと周辺部まできっちり解像します。
11972


11971


反射防止性能が低いために、こういった光では絞り開放の甘さだけでなくより繊細な(軟調な)雰囲気になります。
11980


11979



絞りF2.8
絞ってもまだ柔らかいです。NOKTONとの差はシャドーの締まりのなさ。
11982


11981


12042


12041


オールドレンズらしい描写が歩道手前部分のフレアに表れています。
12027


12026


周辺減光は多めで、Planarよりも四隅が暗くなるNOKTONよりもさらに暗いです。
11996


11995


歪曲は-2.0%以上でぐんにゃり。これはPlanar 50mm F1.4と同程度です。
12021


NOKTONは歪曲が抑えめですが、優秀というほどでもなく、多少は曲がるといった感じ。
12020


画面奥側への像面湾曲は画面の最端でNOKTONとの差が大きくなるといった印象。NOKTONよりも実効焦点距離が短いので、厳密な差がやや掴みづらいです。
11998


11997


ボケの暴れ具合を見ようと思ったら、それよりもまず逆光の影響が出て画面の下半分が軟調化しています。
12031


NOKTONのボケは安定しているので、非点隔差は小さめと思われます。
12030


近接して背景を溶かすと、絵柄の差は見えにくくなります。ただし、ピントの取りやすさはNOKTONのほうが上。
11992


11991


11990


11989

絞りF2.8
絞ると収差が減るので、ほぼ同じボケです。12040


12039


寄ると球面収差が変動するのか、それほどきつい二線ボケには見えません。
11988


11987


絞りF8
ピントは中央の黄色い標識。こういった中距離では像面湾曲の影響が出るので、NOKTONとの画質差(画面各部のピント位置のズレ)が生じます。
12029


12028


絞りF4
12023


12022


これもきっちり画質差を見るとTopcorの暗部が浮いており、やわらかさが売りのNOKTONよりもさらに軟調です。
12000


11999


派手なゴースト(無粋な後玉-センサー間の再反射)が出たのでハレ切りをしましたが、それでもNOKTONより軟調です。言い換えればクラシカル。
11986


厳しい逆光なので、NOKTONもハレ切りをすることで全体のコントラストが上がっています。
11985


この絵で見るべきはTopcorの色収差の少なさ。
12033


12032


フードで直射光が切れているこの無難な状況でもNOKTONとは階調差があります。
12002


12001


11994


11993



--------------------------------------------------------

【画角合わせ】
より正確に画質差を探るために、マクロスライダーを使って両者の画角合わせをします。しかし、距離調節に時間がかかるので、絵柄によっては陽射しが動いてしまっています。


丸ボケは輪郭が強く二線ボケ、画面周辺部では口径蝕とコマ収差によるゆがみが目立ちます。
12008


12007


像面湾曲は思ったよりも差が出ないので、NOKTONもそれなりにマイナス側の膨らみがあるのかもしれません。
12018


12017


12016


12015


寄った場合、TopcorはかなりNOKTONに似てくる印象です。
12014


12013


逆光気味で軟調化。収差補正は優れていないはずですが、それほどボケは暴れていません。
12010


12009


ボケが乱れやすい絵柄を選びましたが、Topcorはよく耐えています。(※背景のグルグルやざわざわは小さい画像だと強調されて見えるので、できるだけ大きい画像で確認した方がいいです)
12012


NOKTONは完璧ではありませんが、模範的なボケの落ち着きです。
12011



RE.Auto-Topcor 58mm F1.4の味わいは、反射防止性能の絶妙な低さだった!! 

……と、前にも言いましたが、やはりそれは今回も変わりませんでした。正直な話、どんなレンズでも発色良くツヤッツヤの階調たっぷりに描き出す近年の優れた撮像素子では、以前、感激したほどには味を感じないのでは?と思いましたが、むしろ、それはよりはっきりと分かるほどでした。

このRE.Auto-Topcor 58mm F1.4の個性は、強い光による諧調変化が大きいことで、一般にそういった描写の特徴は反射防止性能の低いレンズに共通する事柄となります。しかし、自分が体験してきたノンコート、シングルコートレンズの中で、なにか違う雰囲気があると感じさせるのは、フィルター径62mmの前玉からたっぷりと光を取り込む大口径レンズであることに加え、逆光に弱いながらも鏡胴内のどこか一か所から決まりきったがフレアが出るわけでもなく、おとなしい光ではそれなりにコントラストを維持し、黄色味を取り除けば発色そのものは濁りのない複雑さです。


隙あらば環境光による階調変化を起こしていて収差は多いが、本来の色は良い。


これがTopcorの面白いところで、古いレンズの雰囲気描写となる逆光のコントラスト低下は1963年という発売年代なりの色の良さと合わさって、時に撮影者が気づかないほどさまざまな表情を見せるのです。厳密比較を行うこのシリーズの実感としては、OrestonやXenonやContarex PlanarやElmarよりも画面のあっちこっちで階調変化が起こり、しかも、それは唐突な画質破綻でないところが味わいと呼べる所以です。

RE.Auto-Topcor 58mm F1.4(東京光学)※WB、明るさ以外は同設定
12036

NOKTON 58mm F1.4 SL IIN
12035


はっきり言って、Topcorの画質は悪いです。特に前玉があれほど大きいのに四隅はNOKTONよりも暗く、丸ボケは強い口径蝕とコマ収差ではっきりと変形します。設計としては球面収差の過剰補正であり、ピント合わせはハロやコマフレア、非点収差が一体となってかなり見にくいです。Topcorの収差補正を冷静に評価すれば、当時の58mm F1.4としては並程度であり、コーティング性能などは自分の知る海外勢などと比べて、あきらかに悪い部類です。

しかし、実際にこのレンズを使うとその画質の悪さが気にならないというか、もしかしたら58mmという焦点距離のボケやすさがうまく作用しているのかもしれませんが、寄れば二線ボケが強いというほどでもなく、光の強弱によって硬軟が変化しながら絞ればコントラスト向上、F8では画面の端まで高解像と、あまり良くない収差補正はきちんと実写を想定してコントロールされているかのようです。

あえて画質的にダメなところ、注意点を挙げるなら、それは強い歪曲と中距離でボケきらない背景のざわざわした描写です。これらはオールドレンズとしてはありがちな部分ですが、Topcorはその度合いがやや大きいほうなので、どうしてもこの二点が苦手というなら素直に新しいレンズを選んだほうがいいでしょう。(ミノルタのMC ROKKOR-PF 58mm F1.4は収差図だけで見るなら、かなり改善があるようです)


最後に、この比較の動機となった、NOKTON 58mm F1.4 SL IIN(復刻版Topcor)はオリジナルのRE.Auto-Topcor 58mm F1.4をどこまで踏襲しているのか?という部分について結論を出すと、「外観以外、画質はまったくどこも似せていない」ということになりますが、コシナは自社のカタログでもそのようなことを匂わせていますし、昔の画質を再現したとはひとことも言っていないので、消費者を騙したわけではありません。

今回、直接、オリジナルと比較して分かったのは、NOKTONはTopcorに比類するような過剰補正型ではなく、コマ収差(コマフレア)と非点隔差は抑えられ、色収差は逆に多くなっています。ただ、像面湾曲は画面の最端までいかないと差が見えなかったので、もしかしたらNOKTONの非点収差補正は、ある程度、マイナス側(奥側)への曲がりを許しながら非点隔差を小さくし、その余力で歪曲収差を減らすというライカが好んだ手法なのかもしれません。

また、オリジナルであるRE.Auto-Topcor 58mm F1.4の名声は、二度の比較結果(過去記事とやり直し記事)から考えても、やはり環境光に敏感な性質が元となっていて、当時の性能の悪いフィルムにこの一律ではない軟調さがうまく作用していたのではないかと思います。あくまで想像ですが、やわらかな光では適度なコントラストを維持し、そこから光が強くなっていくにしたがって軟調化し、昔のフィルムのラチチュードの狭さを補っていたのでは?



NOKTON 58mm F1.4 SL IINとRE.Auto-Topcor 58mm F1.4の違い】

色調  相対的にTopcorはNOKTONより黄色い
明るさ  Topcorは環境光によって揺れ動く
コントラスト NOKTON>Topcor

先鋭度  NOKTON>Topcor
ボケ  NOKTON>Topcor
歪曲補正  NOKTON>Topcor

逆光性能  NOKTON>Topcor
画角の正確さ  NOKTON>Topcor
絞り羽  Topcorは6枚羽 NOKTONは9枚羽
最短撮影距離  Topcorは45cm NOKTONは45cm


しかし、この58mm F1.4、いろんな意味でよく次の50mm F1.4まで10年ももたせたな……と思うほどですが、実は何本か試したトプコンのレンズはすべて似たようなコーティング性能の低さでした(58mm F1.8、マクロ50mm、マクロ135mmなど)。となると、Topcorが好きな人はみな、このおだやかな繊細さを好んでいるのかも?

ひとつ注意点としては、このレンズは逆光性能が低いから、その分、シャドーを締めようなどと単純に調整してしまうと味が消えてしまいます。RAW現像はElmar 50mm F3.5や他のクラシックレンズと同様に、できるだけ元の諧調を生かすことを意識するととても楽しめるはずです。

※RAW現像はニュートラルから微調整のみ
12038

12037