RolleiのPlanar 50mm F1.4 HFTとCONTAXの比較を見る時の大前提は、Rolleiの方が実焦点距離が短いのでCONTAXよりも広く写り、焦点距離が短いのでボケも小さくなりますが過剰補正型のために輪郭線が強く出ることです。(これを言い切れるようになるまで紆余曲折がありました。( i д i ) )

以下はその辺りに留意してご覧ください。


最初のカットがPlanar 50mm F1.4 HFT、後のカットがCONTAX Planar 50mmF1.4 AEJですべて共通。

注記なければ絞り開放 マニュアル撮影で設定固定、WBは5200kから大雑把に調整
Photoshop Camera RAWの現像設定はCamera Standard(DPPのスタンダード相当)

1906


1907


1890


1891


1894


1895


1896


1897


1900


1901


絞りF4 測光がばらつくのでRAW現像で濃度補正
歪曲はレイヤーで重ねてみてもほぼ同じです。厳密には気のせい程度にHFTの方が曲がりが少ないような感触もありますが、アダプタ撮影によって構図にズレがあり何とも言えません。
1904


1905


1902


1903


逆光チェック。鏡胴の中ほどに反射要因があるHFTと前側に反射要因があるCONTAX AEJでは、やはり後者の方が逆光に弱いようです。
1908


1909


絞りF4 測光がばらつくのでRAW現像で濃度補正
1912


1913


1914


1915


1910


1911


1916


1917


冒頭でいっきにRollei Planarの特徴をまとめましたが、正直、実写画像でその違いはほとんど分からないと思います。CONTAXと実焦点距離が違うといってもほんの少し前のめりになるだけでカバーできる差ですし、後ボケの輪郭線も他の本当に強い過剰補正型とは違って味付けの範疇に思います。あえて言うなら、絞り開放で高輝度の被写体を狙った場合にハロによる滲みを感じ、その辺りはCONTAXよりもクラシカルな印象があります。

この比較のように、設定を固定したときのみRollei HFTとCONTAX AEJは色味と濃度の違いを見せます。具体的にはRollei HFTは黄赤傾向、CONTAX AEJは青みがあり、1/3段ほど暗く写るのがRollei HFTとなります。この濃度差も自動露出を使うことでうやむやになってしまいますが、細かく言うならCONTAXの明るさにはコントラストの良さも含まれており、HFTコーティングの古さが見て取れます。

これら画質に関わる要素として球面収差補正、実焦点距離、色味、濃度と多数の違いがある割には実写の印象はCONTAXとかなり似ていて、Rollei PlanarはやはりZEISS製なのだなと思います。