Topcor 58mmはオリジナルも復刻版も、元々Planar 50mmとは画角が違うので比較の対象にはなりません。ではなぜNOKTON 58mmを比べたのかというと、それは現代に設計されたクラシックレンズという趣に興味があったのと、このレンズが幅広いユーザー層から支持を得ているからです。結果はまさに評判どおりの実感となり、ではそのオリジナルはどんなもんかいな?ということで今回の番外編となります。


いつもの定規撮影。
画角はRE.Auto-Topcor 58mmの方が広く、これは単純にNOKTON 58mmがフランジバックの長いFマウントに対応している影響かと思いましたが、アサヒカメラの分析によると実焦点距離はRE.Auto-Topcorが57.3mmと公称値の58mmを割っている珍しいケースです。

A: RE.Auto-Topcor 58mm f1.4 (東京光学)
1603


B: NOKTON 58mm f1.4 SLII(COSINA)
1604


まず目につくのはBのコントラストの高さで、これは後のマクベスチャートでも同様ですがAのコントラストが現代の水準にないため。この二者で比べる限り、Bは明確にピントの線が立っていてピント合わせが非常にし易いはずですが、Aもピントピークは十分に確認できます。
次にコントラストの高さが災いしているのか、Bの色収差がはっきりと目につきます。じゃあAはきちんと補正されているのかというとそうでもありませんが、色収差の質がこれだけ違うということで、やはりNOKTON 58mmは復刻にあたり数値性能のトレースはしていないと言えそうです。
ボケは両者ともによく似ていて、データ上では明確に過剰補正型のAの後ボケがさほど固くないので(※Rollei Planar 1.4/50 HFTに酷似している)、もしかしたらこの近接撮影でAの球面収差は完全補正寄りに動いているのかもしれません。



最後にマクベスチャートです。
RE.Auto-Topcorが明確な違いを見せており、これは偏りの出にくい基準光としては珍しい例に思います。一番演色性の高いフラット光でこの結果なので、このレンズは確実に個性的な写りをすることが予想され、同じ60年代に属するOreston 50mm f1.8の現代的な色彩コントラストとは対照的です。具体的な写りは暖色傾向というよりはくすんだイエロー被りで低コントラスト、まさにこちらの記事通りといったところ。
(※毎度繰り返しますが、撮影環境が悪いのであくまで同一条件の差異だけを確認してください)

A: RE.Auto-Topcor 58mm f1.4 (東京光学)
1605

B: NOKTON 58mm f1.4 SLII(COSINA)
1606


後から気付いたんですが、Aはライティングが同一にもかかわらずBよりも光の方向性が露骨に分かるので(※左上が明るく反射光に敏感な性質が伺える)、この写りにはコーティングの性能不足が関係していそうです。

Planar 50mm f1.4再考 #10
http://sstylery.blog.jp/archives/65664462.html