今回は現代のオールドレンズ、NOKTON 58mm F1.4 SL IIN(復刻版Auto-Topcor 58mm F1.4)です。

設計は2003年あたりと思われますが、その頃に設計者が今後のデジタル時代をどれだけ見据えていたかなどはまったくもって関係ないほどに我が道を行く国内メーカー製。そうです、新製品でこんなレンズをラインナップできるのは唯一、COSINAだけ。といっても、当時は世のアダプタ遊びもまだ序の口ということで、コシナと言えども最初は限定販売だったわけですが。

このレンズの面白いところは、各社のレンズがフィルムとともに高性能になってきて、どれを使ってもたいした差がなくなってきたといわれていた時代に、かつての名玉トプコールの復刻版!という触れ込みで、味のある昔のレンズを最新の技術で作り直したことです。

しかし、そうはいってもコーティングはコシナ製だし、レンズ構成もオリジナルの5群7枚に対し、復刻版は6群7枚と、かなり別物の雰囲気を漂わせています。果たして、それが実際にどうなのか? Planar 50m F1.4 AEJとの画質差は? という疑問をひとつひとつ確認しながら見ていこうと思います。


いちおう、NOKTON 58mmの素性をあらわす言葉として、コシナのWEBサイトにはこのように書いてあります。

http://www.cosina.co.jp/seihin/voigt/v-lens/sl2/58sl2/
設計に無理のない大口径標準レンズとして伝統的に採用されてきた58mmレンズを、現代の技術で実現。クラシックレンズの味わいと現代的な性能を両立。

この宣伝文をそのまま鵜呑みにするなら、クラシックレンズの味わいと現代的な性能を両立”という部分がキーワードになりそうですね。


ピントピークとその前後の描写を見るために、いつもの定規チェック。
ただし、比較対象のPlanar 50mmとは画角が違うので、撮影距離を調節して像倍率、ボケ量を同等としています。これは後のレンズ比較にも共通する事柄なのですが、焦点距離の違うレンズをそのまま距離固定で比べると、被写界深度の違いでボケの質を錯覚してしまう可能性があるためです。

A: NOKTON 58mm F1.4 SL IIN
11880

B: Planar 50mm F1.4 AEJ
11881


え~、かなり驚きの結果というか、AのNOKTONはBのPlanarととてもそっくりです。確かに、色収差の度合いやピントピークの濃さなど違いはあるのですが、200線のピント位置から前後にぼけていく様子はまったく同じ。これ、多くのレンズをこの形式で検証している自分の経験から言うと、ぱっと見、描写が似ていても前後の微妙な被写界深度のズレなどが出て、いまひとつすっきりしない結果になるのが常なのです。ところが、これだけボケの様子が揃うということは収差補正も同じ形式であるということで、AはBと同じ球面収差の完全補正なのだと思います。(それか、完全補正に近い微妙な補正不足)

それを踏まえてピントの出具合を見ると、AはBより200線がくっきりとしていて、より優秀といえます。しかし、その反面、色収差はあきらかに多く、ボケ描写は最初に述べたとおり違いが見えません。つまり、NOKTON 58mm F1.4はPlanar 50mm F1.4とほぼ同じ設計方針ながらピントは見やすく、ボケに色収差が出やすいということです。



次はマクベスチャートです。
比較的、標準的な色味であるBよりも、さらに青みとすっきり感があるのがAで、マス目周囲の黒枠が微妙に濃く出ていることから、NOKTONの反射防止性能はPlanarよりも優れていることが予想できます。(※チャートの強い平面反射がシャドーの締りに影響する)

A: NOKTON 58mm F1.4 SL IIN(F5.6)
11882

B: Planar 50mm F1.4 AEJ(F5.6)
11883


Planar 50mm F1.4再考 #5 NOKTON 58mm F1.4 SL IIN 野外比較(やりなおし)