今回、あれ?っと思ったのはRolleiの方がすべてのカットで暗く写り、丸ボケも小さいことです。以前のHFTでこれに勘付いた時は半段クリックの絞りリングが動いたか?と思い込んだのですが、Rollei-HFTのゴムリング鏡胴は単純な一段クリック。当然、自分の過去記事を覚えているので撮影中に何度も羽根の状態を見直しましたが、レンズは完全な絞り開放でした。

とりあえず過去記事に修正を加え、いくつかテストをやり直しました。


最初のカットがPlanar 50mm F1.4 Rollei-HFT、後のカットがCONTAX Planar 50mm F1.4 AEJですべて共通。

すべて絞り開放 マニュアル撮影で設定固定、WBは5200kから大雑把に調整
Photoshop Camera RAWの現像設定はCamera Standard(DPPのスタンダード相当)

1246


ややピンずれ。ボケや被写界深度の参考にはなりません。
1245


1258


1257


1250


1249



1254


1253


絞りF4
空色を見るための構図。ガードをミラーに当てないぎりぎりまで頑張りましたが、建物のフチに微妙にピント届かず。
1248


絞りF4
スポイトツールで調べると空はほぼ同色でした。
1247


後ボケの輪郭がより強いのがRollei Planar。
1256


1255


ここから別の日の追加画像。意識的に日陰を狙っています。
1420


1421


1424


1425


1422


1423


1426


1427


Rolleiのボケの小ささについては実焦点距離の差で単純に光学的な理由なのかもしれません。他のテストでも同様の現象を確認していて、似たようなスペックのレンズは撮影距離を微調整して像倍率まできちんと揃えるとボケ量も同等となり適正な比較ができるようです。

色味はやや青いはずのCONTAX AEJとの差をあまり感じないので、初期のHFTよりも黄色みが抜けたのかマゼンタがより強まったのかはちょっとよく分からないほどにそっくりになった印象で、ヒストグラムもかなり似ています。CONTAXよりもやや暗く写るのはHFTと共通、ただし、ハイライトの抜けはさして変わらないので、Planar 50mm F1.4 Rollei-HFTはPlanar 50mm F1.4 AEJよりもごくわずかにコントラストが高く見えるかもしれません。

まあ、このような曖昧な分析はさておき、もっと単純に“Planar 50mm F1.4 Rollei-HFTはCONTAXよりも微妙にすっきり写る”でいいと思います。