Planar 85mm f1.4は簡潔に言い表すと、誰が撮っても華やかな色彩感を楽しめるレンズで、実際に当Blogのサンプルのほとんどはカメラ側で5200K固定を基本にCamera RAW(Lightroom)で特別な操作はいっさい必要なく色被りの微調整をするだけで勝手にあの調子が出てきます。つまり、ベストセラーレンズだったPlanar 85mm f1.4は真の意味で描写を愛されたレンズではないでしょうか。その他の難しい面はさておき(汗)。


【絞り開放付近】
・開放のピントは甘ったるく鋭さはいまひとつだが、結像面は意外と繊細。
・絶妙な収差の残り加減なのか、瑞々しいトーンは光によって多彩な表情を見せる。
・軟調でシャドーが沈まないためにハイコントラストな状況に相性が良い。
・高輝度部分に色収差が発生すると、かなりの面積が被写体に食い込んで修正困難。
・一眼レフのファインダー撮影の場合、静止物以外で開放を使うのは非常に難しい。

【全域】
・色彩はくっきり鮮やかというよりはやわらかで華やか。
・絞っても諧調が固くならず穏やかで、人工物の迫力は出難い。しかしきちんとシャープネスは出る。
・暖色系の色再現はドリーミーで、まさにポートレート向き。
・AEGはさらにアンバーが混じる(クリーム掛かる)ために絵柄に温かみが増し、絵本の世界のような色感。
・しかし空は濁るので正統派の風景写真には向かないかも。
・AEGのギザギザ絞りの悪影響はケース・バイ・ケース。評価は人によりけり。
・AEGの逆光耐性の低さは話にならず、時にクラシックレンズのようなゴーストやフレアが発生する。
・MMJは絞り羽、逆光耐性、カラーバランスの改善があり、万能性が高い。
・ただし、基本構造の弱点は変わらず、特定条件で画面の隅からフレアが発生する。
・MMJもAEGも基本的な印象は同じで味があり、どちらがいいというのは特になし。
(他のレンズの場合、AE/MMの一方が好きというのが個人的にあります。)

・MMGは絞り羽の改善がありつつもAEGと共通部分があり、MMJとのアイノコのような仕様。

・歪曲はほぼゼロで気持ちいい。
・周辺減光はごく普通。
・開放のピントの見えについて、明確な個体差がある模様。
(ピントが浮き立つ中望遠の特性のせいか、いまいちな個体も慣れたら普通に使えるようになりました。重要なのはファインダースクリーンでEOSは非常に厳しい。)


以上、Planar 85mm LOVE!!



※画像は使いまわしでAEGとMMJが混在。

現像で演出を加えずにこの雰囲気。絞り開放の奇跡のバランス。
739


色収差の発生度合いはフィルムとまったく同じ印象。中央だろうがなんだろうが発生するので、このレンズは軸上色収差が多いということでしょうか。絞り込むと軽減されます。
730


絞りf2.4でボケの丸みを維持しつつ、ピントをややくっきりと。
f2.8まで絞り込むと、さすがにMMJでも角つきます。
227


AEGの絞りf2.8。この反射ボケが気になるか否か。(クリックして拡大推奨)
1169


右下のフレアは鏡胴内面反射が原因。コーティングそのものは逆光に強いので、ハレ切りでカットできます。
230


MMJはAEGよりもニュートラル傾向ですが、それでも色の温かみは感じられます。
542


冬の弱い日差しで無補正。光が柔らかすぎるとコントラスト不足に陥りますが、CONTAX全般の特徴として陰気な色調にはなりません。
210


色温度5200k、絞りf4。AEGの空。
絞り込むとモアレが発生するほどのシャープネスはありますが、諧調が穏やかなためにドラマチックなハイコントラストにするにはRAW現像の操作が必要です。
1080


真夏の強烈な光を忠実設定で緩和。
1028


空色が穏やかなのはCONTAXの基本。これでスタンダード設定です。
1156


こういう場面は大得意なのでレンズにお任せで大丈夫。現像は明るさ調整のみ。
1162


似たような場面ですがf2.8なので、よりくっきり。
841


軟調で発色の良いレンズなので、積極的に逆光を狙ってみると面白いです。
1187b


ただし、AEGはMMJとは違う頻度でフレアが発生するので注意。この画質低下をクラシックレンズの表現として積極利用したいというのが最近の心境。1097


というわけでド派手なRAW現像。
1192


ポートレート向きということは、当然、花も綺麗に写ります。
これは日陰なので暗い雰囲気ですが…。
1185