※レンズが増える度に記事を改めていますが、全体の文意は変わらないようにしています。

まずは自分の知っている事柄を列挙。ただし、レンズによっては一部例外あり。少数生産されたMMタイプのドイツ製は高値安定なので使用経験がなく除外。日本製のAEタイプは機構的な部分ではドイツ製のAEタイプと同じと考えて差し支えなし。時代的な流れはAEG→MMG→MMJ、元から日本製のレンズはAEJ→MMJ。



【AEG、AEJの特徴】
・発色はMMタイプとわずかに違う
・反射防止処理がMMタイプに劣る
・絞りの長さが足らず、中間絞りまでギザギザ
・マウントのバヨネットが黒で強度がいまひとつ
 ※AE最後期にはシルバーに変更
 ※初期のAEも修理によって交換されている場合あり

【MMJの特徴】
・発色はよりニュートラルで場面を問わず安定
・前玉コーティングの色傾向が明確に変わったレンズがある
・反射防止処理が入念
・絞りの長さが見直され、無難な形状
・マウントのバヨネットがシルバーで強度がある
・一部、構造の簡略化がある


左:AEJ 右:MMJ
134


内部構造
135


反射防止塗装 
136


AE、MMの良い悪いに関しては諸説色々ありますが、逆光性能、絞り羽の形状、カラーバランスなど、単純に工業製品として改善されているのがMMJです。特に反射防止処理はより入念に施されていますので、綺麗な固体なら高級感が一段と増している印象もあります。

両者の分かり易い違いとして最初に挙げられるのは絞り羽ですが、実用的観点からするとAEのぎざぎざはほとんどの場面で問題なく、唯一描写に表れてしまうのが木漏れ日や夜景などで発生する丸ボケです。次に目に付くのはバヨネットの材質で、これは普通に使っている分には何も変わりませんが、衝撃を受けると簡単に歪むのが黒バヨネットとなります。カメラやレンズ本体を保護する意味でこのような仕様になったらしいのですが、結果的にメンテナンスコストが嫌われたのかMM化直前に頑丈なシルバーのバヨネットに変更されています。(※古いカメラ誌のメーカー回答によると黒がアルミ、シルバーがステンレスとのこと)

コーティングの色は特に大口径レンズでがらりと変わった物があり、85mm F1.4や35mm F1.4の前玉は時代差によって一定の傾向が見られます。コーティングは硝材の微細なバラつきを補正するために一律ではないらしいので、長い年月の間に一部、硝材のマイナーチェンジがあったと考えるのが妥当ではないでしょうか。

描写について、AEとMMはまったく同じである、いや違うなどこれまた世の意見も分かれるところですが、当ブログの検証によるとかなり複雑な様相を呈しています。大まかにはほとんど同じで実用上の違いはないと言えますが、前期型で色の穏やかさや抜けの悪さがあるレンズでは後期型で発色性能が上がっている印象を受けます。この改良のタイミングがMM化と同時ではなく、レンズ銘によって違うということが各人の感想がバラバラになる原因となっているようです。
基本的にはオールドレンズらしさを求めるならAEタイプとなりますが、絞り羽の形状や逆光耐性の低さなど前期型の持っている不完全な部分も一緒に付いてくるので簡単な話ではありません。

Planar 50mm F1.4 AEJ MMJ 比較撮影 その2
http://sstylery.blog.jp/archives/58859378.html

Planar 85mm F1.4 AEG MMJ 比較撮影 その2(フードあり)
http://sstylery.blog.jp/archives/49866634.html


AE、MM、どれを買ったらいいのか?という個人的な結論ですが、CONTAXも当初の製造年からだいぶ経っているので、ヘリコイドの消耗やクモリ、カビ、バルサム切れなど様々な問題を抱える固体も増えています。修理すればおおよその性能は戻るとはいえ、本国ZEISSの対応もすでに打ち切り、京セラのサービスも2015年で終わりとなりました。となると、すでにCONTAXはクラシックレンズなどと同義であり、マニアの神経質な拘りよりも、できる限り状態の良い物を予算と相談して選ぶことが最優先となります。ただし、AEレンズは1~2段絞り込んでも絞り羽のギザギザは解消されないので、丸ボケの形に拘る方はご注意を。

RAW現像で描写の差が吸収できてしまうデジタル時代、あんまり世評に過度な期待をせず賢くお買い物をしましょう。それでもなお拘ってみたいという方は……当ブログの各記事をご参照ください。