いきなり核心ですが、Rollei Planar 50mm F1.4 HFTはCONTAX 50mm F1.4 MMJよりもピントが合わせやすいです。このBlogのために精密なテスト撮影しているうちに、どうもRolleiはピントが深いんじゃないか?という疑惑が出てきたので、それをはっきりさせるためにつまらない定規の撮影です。


左:Rollei HFT 右:CONTAX MMJ
赤の200の線を狙って一番ピントの良いものを選別。
25


両者の違いですが、Rolleiの方が微妙にピントが明瞭でそこから素直にボケが広がっていきます。特に前ボケの差が顕著で、CONTAXはかなり手前まで文字の形が残っています。一見、前ピンかと疑いますが、ピント位置をばらした他のカットを見てもこれが一番適正と言えるカットでした。Rolleiはピントピークから徐々にコントラストが薄まっていく様子が分かり、CONTAXはどこにピークがあるのかいまひとつ不明瞭。あえて言うならば、後ボケはRolleiの方が文字が強い感じです。


クリックで拡大 Rollei HFT
27

クリックで拡大 CONTAX MMJ
28


まとめると、Rollei 50mm F1.4 HFTのピントの合わせやすさはピント付近の自然なコントラストと前ボケの癖のなさにあると言えそうです。