ZEISSレンズとかなんとか

*画像サンプル、その他与太話*

あのAPO仕様の中判マクロレンズ #2 中判のMTFはどう読むの?

大物記事の撮影前第二弾。
ZEISSが公開している数値性能を見てみます。

と、その前に、ふと疑問が起こらないでしょうか。
昔から言われているのが、中判カメラはフィルムサイズが大きく拡大率が低いので、35mmレンズほどの解像力は必要ないという話。実際、過去に目にしてきた中判レンズの数値評価はそれほど高いものではなく、日本カメラの評価でも大抵は性能の良い35mmレンズの二段下といった具合で、それならばMTFも同じ次元で評価してはいけないのでは?と疑問が募ります。
ちらっと耳にした話では、マイクロフォーサーズなどは撮像素子が小さいので35mmフルサイズよりもさらに高解像が要求されるとか。昔のハーフ判でも似たような記述を見た覚えがあり、さらに懐かしのAPSフィルムではプリント時の拡大率が上がるので、フィルムメーカーはさらなる粒状性の微細化を推し進めそれがネガフィルム全体の性能アップに繋がった、など。

小さなフォーマットでは高解像が要求され、大きなフォーマットではそこそこの解像度で十分だとするとMTFの評価の仕方は?


さて、検索検索。



続きを読む

あのAPO仕様の中判マクロレンズ #1 レンズ構成が古めかしい……

久々に大物記事をいきましょう。
WEB界隈ではかなりのレアなので、機材ブログとして最大限に盛り上げまくってぇ o(*゚∀゚*)o
実写ではへ――………… ( ´_ゝ`) というありがちなオチになるよう努力したい所存であります。
あれ?


その名も!


…………え~~と、タイトル読めば正体バレバレなのでささっと本題に移りましょう。



続きを読む

Planar 1.4/50 HFT、Rollei-HFTについてのまとめ CONTAXも交えて

いまだにEOSとレンズの中心が傾くアダプターでひーこら近接のみの撮影をしているので、Rollei版Planar 1.4/50は総まとめではなく、分かっていることだけです。描写については実際に比べてみるとCONTAXとは似て非なるもので、両方使い分ける意味は十分にあると思います。

しかし、新旧HFTにさらにCONTAXまで交えて語ると非常に複雑な話で……。



続きを読む

Distagon 28mm f2.8 MMJ

人を入れないから殺風景だし、景色も特に見どころがないという……。
ごまかしに高笑い。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


カメラは旧機種のEOS 5D
Distagon 28mm f2.8 MMJ 注記なければ絞り開放
Photoshop Camera RAWの現像設定はスタンダードから微調整、一部ゴリゴリ現像

この二枚はやや調整幅大。
2453


絞りf5.6
2460


続きを読む

Planar 50mm f1.4再考 #12 コントラスト重視と解像力重視のレンズ

そんな大層な内容ではありませんが、設計によってここまで写りが違うのかとビックリした例です。
レンズ名はCANON FL 50mm F3.5 MACRO、まずはCONTAX Planar 50mm f1.4 AEJとの違いをご覧あれ。


最初のカットがFL 50mm F3.5 MACRO、後のカットがPlanar 50mm f1.4 AEJ(f3.5)ですべて共通。

注記なければ絞りf3.5 AE撮影でその他は設定固定、WBは5200kから大雑把に調整
Photoshop Camera RAWの現像設定はCamera Standard(DPPのスタンダード相当)、明るさ調整


今回、両者の明るさを揃えたのは全体の写りの差がテーマではないからです。
2362


周辺光量は絞り込んでいるPlanar 50mmの方が有利。
2363


続きを読む

秋の葉っぱ

Planar 50mm f1.4 AEJ、Vario-Sonnar 28-70mm f3.5-4.5 MMJ すべて絞り開放
Photoshop Camera RAWの現像設定は適当


Vario-Sonnar 28-70mm f3.5-4.5
2394


Planar 50mm f1.4
2396


続きを読む

Distagon 28mm f2 AEG

さて、大まじめにDistagon 28mm f2。

このレンズの概要としては、CONTAX RTSシステムのスタートラインナップのひとつであり、販売が振るわなかったためにひっそりと生産終了、中古でも流通量は少なめ。所有者が少ないので評判がさして表に出ることもないが、割と褒めている人は多いといったところでしょうか。

ところが、海外では少し国内と様相が違っていて、英語の情報を見ると必ず“Hollywood”という通称が付いてきます。これが意味するものは自分程度の検索能力ではよく分からないのですが、可能性としてはシネレンズのような表現力があると称えられたのか、または同スペックのArriflex PLレンズにちなんで付けられたか、はたまたコシナ Sonnar T*2/85 ZMのようにシネレンズからの技術の注入(フローティング?)を暗に示したのか。

もっともよく分からないのは、Distagon 28mm f2はErhard Glatzelの設計だという説がある一方で、旭光学との共同設計とも言われ、サンダー平山氏の著作には旭光学の技術者が基本設計をZEISSに売ったことをこぼしたという記述もあることです。ありとあらゆる歴史的ソースを引っ張ってくるMarco氏のページでは、Erhard Glatzelのプロジェクトのひとつであり、Contarex時代の焦点距離の穴を埋めるべく開発されたという道筋が記されています。

ZEISS  DISTAGON  28mm f/2 :  
ALLE  ORIGINI  DI  UN'ALTRO  CAPOLAVORO  DI  ERHARD  GLATZEL
http://www.marcocavina.com/articoli_fotografici/Glatzel-2-28/00_pag.htm


そんなわけで、不明瞭な噂話に自分なりの真実を見出すべく、いつも以上にへなへなスナップを節操なく撮り歩き。そこから見えてくるのは28mm f2というスペックを持て余している己の姿でしたとさ……。はうう。


カメラは旧機種のEOS 5D
Distagon 28mm f2 AEG 注記なければ絞り開放
Photoshop Camera RAWの現像設定はスタンダードから微調整、一部ゴリゴリ現像

高コントラスト+AEGの忠実系+原色の純度がこのレンズの基本形っぽい。
2042


2041


続きを読む

Distagon 28mm f2.8 28mm f2 比較撮影

CONTAXのDistagon 28mmは小ぶりなf2.8と半ば伝説化しているf2と、どちらがいいんでしょう?という問いに結論を出すための記事です。

小さく安く定番のDistagon 28mm f2.8、途中絶版で希少品になりながらも名声を誇るDistagon 28mm f2、どちらもユーザー評価は高く、果たしてこの結末やいかに!


………と、勢い込んでいつもの厳密比較に行きたいところですが残念ながらやや前置きがあります。

まず、Distagon 28mm f2はAEGなのに今回のDistagon 28mm f2.8はMMJで、しかもS/Nが完全に後期型なので発色性能の改善があると思われる個体です。これまでの経験から言って、CONTAXはある時期から微光量下での発色が良くなっていたり、ニュートラル方向に色の偏りが調整されていたりと何かしらの改良があるので別銘柄のAE/MM比較はあんまり意味がありません。ただし、同一レンズのAE/MMで明暗コントラストに違いが出た例は記憶にないので(※逆光など内面反射の影響を除く)、Distagon 28mm f2 AEGについては発色についてのみハンデがあるという仮定でテストを行うことにします。

次に問題となったのは二者の写りの違いです。先にネタばらしになってつまらないのですが、別物だ別物だと言われ続けたDistagon 28mmは露出、ホワイトバランス固定で素の写りを比較すると、本当にまるきり違うのです。

Distagon 28mm f2.8 MMJ f2.8
2298

Distagon 28mm f2 AEG f2.8
2299


撮像面で露出を測るα7の結果もこのとおりで、きちんとAEを使って画像の明るさを揃えると今回のテストどおりの数値が出ました。つまり、開放寄りではDistagon 28mm f2の方がシャッタースピードが速くなり、絞り込むと1/3ほどシャッタースピードが遅くなる。これは素直に照度分布の影響か、はたまたメカニカルな絞り羽の状態差なのか。(のちに他のレンズでも同じ現象を確認したので、このような差を生む根本的な理由は大口径レンズを絞り込んだ時の周辺光量の余裕と考えられます

左: Distagon 28mm f2.8 右: Distagon 28mm f2(絞りf2.8)
2296

左: Distagon 28mm f2.8 右: Distagon 28mm f2(絞りf8)
2297


とりあえず、これでは明るさ以外の部分が見えなくなってしまうので、RAW現像時にほぼ同じ明るさになるようにすべてのカットを調節することにしました。


では、以上の前置きを頭に入れて頂いて、Distagon 28mm比較のはじまりはじまり~。
※画像だらけなのでモバイル環境の方は注意!



続きを読む

Eマウントのケラレ検証 その1

Eマウントに一眼レフ用のレンズを着けると蹴られるかも?というのはα7発売当初から囁かれていましたが、実際問題としてユーザーの間では話題になっていないように思います。ケラレというと画面の四隅が黒々とするのをイメージしてしまいますが、専門的にはごくわずかな翳りもケラレに入るそうです。

それならば、CONTAXレンズで確かめようと比較してみたのが、この実験。



暗い白壁に向かってスローシャッターになるように設定、数秒の露光中にカメラを素早く回転させ環境光のムラをなくす。各RAW画像の中心部をグレー矯正、明るさをRGB(160,160,160)に。無限遠と最短を比べたのは後玉-センサー間の距離の差による影響を見たかったため。

左がα7、右がEOS 5Dで共通。


Distagon 18mm f4 開放 無限遠
2268 2270
Distagon 18mm f4 開放 最短
2269 2271

Distagon 18mm f4 f8 無限遠
2272 2274
Distagon 18mm f4 f8 最短
2273 2275
続きを読む

今買うα7とα7II オールドレンズ使いの視点から

時代の波に乗れない(要するに写真を撮ってない)あほコンタックスまにあは、今年になってようやくフルサイズミラーレスに手を出しました。中古で格安のα7初代、まあまあ買いやすくなった二代目のα7II、幸いにも両方を試すことができたのでコンタックスまにあ=アダプタ使用のオールドレンズ使いの視点からこの二機種の違いについて遠慮なく書いてみたいと思います。

まあ今更のレビューなので、購入前に自分が知りたかったことを歯に衣着せずに、なんとなくα7を横目で眺めている一眼レフユーザーの方の参考になるように。



続きを読む



その辺写真の機材ブログ。画像と記事は時々整理、日付も変更。

クリックなしの大きい画像集はこちら。

お問い合わせ: ahocontaxmania@gmail.com

Twitter プロフィール
ブログ内検索
最新コメント


*メインはCONTAXのZEISSレンズで、その他ROLLEI、HASSELBLADなど少々。レンズ構成ごとにページが分かれていて割と読み応えあり。ボディはなし。乱発され内容も薄かったこのシリーズの中で唯一面白かったZEISS本。作例よりも語り中心。


*おすすめ。文字の分量は少なめだが書いてあることは濃い。写真よし、記事よし、品よし。


*おすすめ。レンズ描写にテーマを絞っていて文章が読み応えあり。内容的には無難なレンズ本と濃厚なマニア本の中間あたりで、レンズの特徴はそれなりに出ています。いまいち売れなかったのは作例に面白味がないため。


*メーカーの公式本。たしか、MM時代のMTFデータとプロの作品とZEISS技術者のインタビューなど。メーカー発なので当たり障りのない内容、コレクター向け。定価4,000円くらいの豪華本だったので、それを目安に購入検討を。


*詳細なボディ解説で、たしかレンズはクローズアップされてなかったはず。あんまり記憶に残っていません。


*「季刊クラシックカメラ 10ツァイスTレンズの描写力、表現力」に解説を寄せている築地氏が書いているので兄弟本みたいな内容。平均以上の充実度ですが、割とあちこちに記事を書いている人なので内容が重複する印象あり。


*CONTAXレンズを数値評価でばっさり。当時のユーザーの情熱的な声とは対照的に、たいして褒められていないのが面白かったり。


*ネットの普及していない時代にこれだけ各レンズの特徴に深く言及した人はいませんでした。書いてあることはかなり的確ですが、今時のデータ主義とは違い当時の熱量をそのまま表した官能評価です。オールドレンズで有名な澤村氏の口調に似ているかも。ただし、カラーメーターを使い印刷にもこだわったその姿勢は雑誌作例をゆうに超えています。


*90年代クラカメブームの隠れた先駆者で、古今東西のレンズを一律で横並びに評価した記事は一部の人たちにじわじわと火をつけました。レンズの階調描写について水墨画の複写を例に出していたのは今にして思えばまさに的確。レンズ評そのものは淡泊なので、ネット時代に参考になるとしたら機材運用に対する現実的なものの見方でしょうか。


*特定ライターの主観を廃しカタログ的に物撮りされた機材を魅せていくこの内容は「コンタックスとツァイス・イコンの肖像」の編集方針にも似て品が良い。ただし、出てくるカメラの数が多いので個々の解説記事は薄め。巻末の黒川氏のモノクロ作例はオールドレンズの味わい方を見事に示しているようでおすすめ。


*Carl ZeissはPフィルターを嫌うようで、CONTAX時代もUVフィルターはマルチコーティング、Pフィルターはシングルコーティング=保護用だから撮影時には使うなよ(無言の圧力)みたいな感じでした。フィルターのT*にどこまで意味があるのかは分かりませんが拘る方はどこまでも突き進むべし!


*マルミ製リアキャップ。形は純正とは違います。今時はマウント変換後の他社用を使うのが常套でしょか。


*Planar 50mm f1.4はこの67mm金属フードに55-67ステップアップリングをかませると軽快かつほどほどの深さでベター。


*上記組み合わせの55-67ステップアップリング。


*中華アダプターやレンズフードの反射防止に。


*ここまでのクオリティがいるかはともかく、安心の国産アダプター。中国製を選ぶ方は確実な遠景撮影ができる代わりにミラー衝突の危険が高まることを承知の上で。宮元製作所の直販サイトの方が安いかも。


  • ライブドアブログ