ZEISSレンズとかなんとか

*画像サンプル、その他与太話*

Planar 50mm f1.4再考 #11 RE.Auto-Topcor 58mm f1.4(東京光学)

比較撮影ではなく実際にちゃんと使ってみると、かなり驚きのレンズでした。まずはサンプル画像をご覧あれ。

RAW現像の前置きとしては、軟調かつ環境光によってかなり表情の変わるレンズなので無暗にコントラストを上げないよう気を付けながら、レンズの味が素直に出るように調整しています。

注記なければ絞り開放
Photoshop Camera RAWの現像設定はCamera Standardから微調整


コントラストは触らず、WB調整のみ。
2136


2116


続きを読む

Planar 50mm f1.4再考 #10 RE.Auto-Topcor 58mm f1.4(東京光学)

前回に引き続き、東京光学のRE.Auto-Topcor 58mm f1.4の描写を明らかにするのが目的です。

このレンズはコシナが復刻版のネタ元にするくらい評価の高いレンズらしいのですが、個人的にはあまりその声を聞いたことがなくネット上にも具体的な言及はほとんど見つかりません。もしかしたら、撤退したトプコンの希少性も絡んでいるのかもしれませんが、とにかくいつもの比較をしてみましょう。

比較対象となる復刻版TOPCOR=NOKTON 58mm f1.4 SLIIの特徴は、マルチコーティングで発色がよくやや青みがあり、絞り開放は独特の軟調で目立つ色収差、絞れば高解像でPlanar 50mmと同等のコントラスト、歪曲はさほど目立たず逆光性能は高いといったところ。一言でまとめると使い易くリファインされた現代のオールドレンズで、この手の描写比較の基準にしてもいいくらいです。


注記なければ絞り開放 マニュアル撮影で設定固定、WBは5200k付近
Photoshop Camera RAWの現像設定はCamera Standard(DPPのスタンダード相当)
※f4の画像は絞り羽の形状/状態差で露出がばらつくので絞り優先AE、さらにRAW現像で明るさを揃えています。


最初の画像がRE.Auto-Topcor 58mm f1.4(東京光学)、後の画像がNOKTON 58mm f1.4 SLIIですべて共通。

絞りf4
コーティング性能が低いからか光に敏感で、絞り込んでもNOKTONと諧調は揃いません。
2076


2077


続きを読む

Distagon 28mm f2 AEG #1

さて、大まじめにDistagon 28mm f2。

このレンズの概要としては、CONTAX RTSシステムのスタートラインナップのひとつであり、販売が振るわなかったためにひっそりと生産終了、中古でも流通量は少なめ。所有者が少ないので評判がさして表に出ることもないが、割と褒めている人は多いといったところでしょうか。

ところが、海外では少し国内と様相が違っていて、英語の情報を見ると必ず“Hollywood”という通称が付いてきます。これが意味するものは自分程度の検索能力ではよく分からないのですが、可能性としてはシネレンズのような表現力があると称えられたのか、または同スペックのArriflex PLレンズにちなんで付けられたか、はたまたコシナ Sonnar T*2/85 ZMのようにシネレンズからの技術の注入(フローティング?)を暗に示したのか。

もっともよく分からないのは、Distagon 28mm f2はErhard Glatzelの設計だという説がある一方で、旭光学との共同設計とも言われ、サンダー平山氏の著作には旭光学の技術者が基本設計をZEISSに売ったことをこぼしたという記述もあることです。ありとあらゆる歴史的ソースを引っ張ってくるMarco氏のページでは、Erhard Glatzelのプロジェクトのひとつであり、Contarex時代の焦点距離の穴を埋めるべく開発されたという道筋が記されています。

ZEISS  DISTAGON  28mm f/2 :  
ALLE  ORIGINI  DI  UN'ALTRO  CAPOLAVORO  DI  ERHARD  GLATZEL
http://www.marcocavina.com/articoli_fotografici/Glatzel-2-28/00_pag.htm


そんなわけで、不明瞭な噂話に自分なりの真実を見出すべく、いつも以上にへなへなスナップを節操なく撮り歩き。そこから見えてくるのは28mm f2というスペックを持て余している己の姿でしたとさ……。はうう。

Distagon 28mm f2 AEG 注記なければ絞り開放
Photoshop Camera RAWの現像設定はスタンダードから微調整


高コントラスト+AEGの忠実系+原色の純度がこのレンズの基本形っぽい。
2042


2041


続きを読む

でぃすたごん 28みり えふ2 いろいろひかく

(°言°)  (あづい゛……ので口数が減ります。)


まずHollywood…………

たしかにPLマウントで同スペックのレンズはあるけど………
なんで数売れていないレンズにそんな呼び名が付くのだろう………


描写…………

人によって感想がばらばら………

黄色っぽい、ものすごい色を出す、ハイライトが飛びがち、地味系………
どれが本当なのだ……


設計…………

グラツェル師匠の作だとか………
旭光学さんとの共同設計だとか、設計を売ったとか………

マルコ先生…………
もっと機械翻訳しやすいイタリア語をお願いします………



続きを読む

Planar 85mm f1.4 AEG #1


Planar 85mm f1.4 AEG 注記なければ絞り開放
Photoshop Camera RAWの現像設定はいろいろ

まずは真夏の写真でフィルム調のゴリゴリ現像。
2005


油断してベストピントにならず。
2007


続きを読む

ビオゴンタイプの周辺画質低下の真相

今風に言うと皆様と知識をシェアしましょう、ということになるのでしょうか。
なんとなく見つけてしまいました。デジタルカメラにおいて、広角レンズの周辺画質に関する決定的なBlog記事。撮影にはまったく関係ない技術的な話ですが、喉につっかえていた小骨がぽろっと取れるかもしれません。

Shin's MonoBlogue
邪魔なものは取ってしまえという話
http://monoblogue.nikomat.org/article/168910117.html


続きを読む

レンズ当てクイズ(修正版)

どれがどのレンズだ~~?

A:Planar 85mm f1.4 MMJ(絞りf2.8)
B:S-Planar 100mm f4 AEG(絞りf4)
C:SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG(絞りf2.8)

カメラ設定は絞り優先AE、WBは場面ごとに固定
Photoshop Camera RAWの現像設定はCamera Standarad、明るさのみ調整
同日にいっきに撮影


明るさ以外のパラメーターを固定したのでコンタックスを使い込んでいる方はABグループとCの違いをかなりの確率で認識できると思います。こういうのは好きなメーカーの贔屓と思われそうなので当初、ある程度の補正を加えた画像を比べましたが、そういう配慮も野暮なのかな?と考え直して撮ったそのまんまです。

わずかなヒントとしてはBは少なめ、AとCは同数です。
コンタックスとそれ以外を見分けられるか、いざ勝負!


続きを読む

Planar 1.4/50 HFT、Rollei-HFTについてのまとめ CONTAXも交えて

いまだにEOSとレンズの中心が傾くアダプターでひーこら近接のみの撮影をしているので、Rollei版Planar 1.4/50は総まとめではなく、分かっていることだけです。描写については実際に比べてみるとCONTAXとは似て非なるもので、両方使い分ける意味は十分にあると思います。

しかし、新旧HFTにさらにCONTAXまで交えて語ると非常に複雑な話で……。



続きを読む

Planar T* FE 50mm F1.4 ZAの発表を受けて、次世代型の標準レンズにもの思う

情報の早い方は既知でしょうが、先日、SONY FEマウントの50mm F1.4 ZAが発表されました。型式名がZAなのでCarl Zeissブランドです。まあ今更野暮な突っ込みはしませんが、以前からソニーのツァイスレンズは本家サイトにデータシートがありませんのでZEISSは設計にあまり関与していない(監修?)と思われます。

ソニー、「Planar T* FE 50mm F1.4 ZA」を海外発表
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/1009781.html?utm_campaign=rank&utm_medium=content-text&utm_source=dc.watch.impress.co.jp

最近のソニーはG MASTERという新ラインで高級レンズを発売していますので、これがZEISSブランドということにやや疑問を感じますが(※ブランドを乱用すると消費者が混乱するのでは?)、マニアとして真っ先に気になったのはレンズタイプです。
おそらくは、今まさに新しい流れになりつつある重量/サイズ度外視の性能追及型50mm f1.4であることが予想されますが、ミラーボックスがなく、設計に制約のないFEマウントでは果たしてどんなレンズ構成になるのでしょう?


続きを読む

Planar 1.4/50 HFT Rollei-HFT 比較撮影(やり直し)

意外と興味ある人が多いんじゃなかろうかという新旧HFT比較のやりなおし。

なんとか快晴が得られたので、前回あやふやだった両者の差異がよく分かりました。といっても、複数の個体をテストしたわけではないので、あくまで自分の見たものに限っては…という遠慮が入りますが。比較撮影を始めてすぐに気づいたのはRollei-HFTの諧調が少し明るく写ることで、そのため念入りに繰り返し撮影をしたのですが、すべてのカットで再現性がありました。この違い、よぉ~く観察してみてください。Rollei-HFTの青みはもう確定ですね。


最初のカットがPlanar 1.4/50 HFT、後のカットがPlanar 1.4/50 Rollei-HFTですべて共通。

すべて絞り開放 マニュアル撮影で設定固定、WBは5200k付近
Photoshop Camera RAWの現像設定はCamera Standard(DPPのスタンダード相当)

1861


1862


続きを読む



その辺写真の機材ブログ。画像と記事は時々整理、日付も変更。

クリックなしの大きい画像集はこちら。

お問い合わせ: ahocontaxmania@gmail.com

Twitter プロフィール
ブログ内検索
最新コメント

*メインはCONTAXのZEISSレンズで、その他ROLLEI、HASSELBLADなど少々。レンズ構成ごとにページが分かれていて割と読み応えあり。ボディはなし。乱発され内容も薄かったこのシリーズの中で唯一面白かったZEISS本。


*おすすめ。文字の分量は少なめだが書いてあることは濃い。写真よし、記事よし、品よし。


*おすすめ。レンズ描写にテーマを絞っていて文章が読み応えあり。内容的には無難なレンズ本と濃厚なマニア本の中間あたりで、レンズの特徴はそれなりに出ています。いまいち売れなかったのは作例に面白味がないため。


*メーカーの公式本。たしか、MM時代のMTFデータとプロの作品とZEISS技術者のインタビューなど。メーカー発なので当たり障りのない内容、コレクター向け。定価4,000円くらいの豪華本だったので、それを目安に購入検討を。


*詳細なボディ解説で、たしかレンズはクローズアップされてなかったはず。あんまり記憶に残っていません。


*「季刊クラシックカメラ 10ツァイスTレンズの描写力、表現力」に解説を寄せているプロが書いているので兄弟本みたいな内容。平均以上の充実度ですが、割とあちこちに記事を書いている人なので内容が重複する印象あり。


*CONTAXレンズを数値評価でばっさり。当時のユーザーの情熱的な声とは対照的に、たいして褒められていないのが面白かったり。


*ネットの普及していない時代にこれだけ各レンズの特徴に深く言及した人はいませんでした。書いてあることはかなり的確ですが、撮影時の姿勢が拘りすぎで肩が凝るかも。なんせ、カラーメーターを使っているくらいなので。


*90年代クラカメブームの隠れた先駆者で、古今東西のレンズを一律で横並びに評価した記事は一部の人たちにじわじわと火をつけました。レンズの階調描写について水墨画の複写を例に出していたのは今にして思えばまさに的確。レンズ評そのものは淡泊なので、ネット時代に参考になるとしたら機材運用に対する現実的なものの見方でしょうか。


*特定ライターの主観を廃しカタログ的に物撮りされた機材を魅せていくこの内容は「コンタックスとツァイス・イコンの肖像」の編集方針にも似て品が良い。ただし、出てくるカメラの数が多いので個々の解説記事は薄め。巻末の黒川氏のモノクロ作例はオールドレンズの味わい方を見事に示しているようでおすすめ。


*Carl ZeissはPフィルターを嫌うようで、CONTAX時代もUVフィルターはマルチコーティング、Pフィルターはシングルコーティング=保護用だから撮影時には使うなよ(無言の圧力)みたいな感じでした。フィルターのT*にどこまで意味があるのかは分かりませんが拘る方はどこまでも突き進むべし!


*マルミ製リアキャップ。形は純正とは違います。今時はマウント変換後の他社用を使うのが常套でしょか。


*Planar 50mm f1.4はこの67mm金属フードに55-67ステップアップリングをかませると軽快かつほどほどの深さでベター。


*上記組み合わせの55-67ステップアップリング。


*中華アダプターやレンズフードの反射防止に。


*ここまでのクオリティがいるかはともかく、安心の国産アダプター。中国製を選ぶ方は確実な遠景撮影ができる代わりにミラー衝突の危険が高まることを承知の上で。宮元製作所の直販サイトの方が安いかも。



  • ライブドアブログ