ZEISSレンズとかなんとか

*画像サンプル、その他与太話*

秋の葉っぱ

Planar 50mm f1.4 AEJ、Vario-Sonnar 28-70mm f3.5-4.5 MMJ すべて絞り開放
Photoshop Camera RAWの現像設定は適当


Planar 50mm f1.4 AEJ
2391


2396


続きを読む

Distagon 28mm f2.8 28mm f2 比較撮影

CONTAXのDistagon 28mmは小ぶりなf2.8と半ば伝説化しているf2と、どちらがいいんでしょう?という問いに結論を出すための記事です。

小さく安く定番のDistagon 28mm f2.8、途中絶版で希少品になりながらも名声を誇るDistagon 28mm f2、どちらもユーザー評価は高く、果たしてこの結末やいかに!


………と、勢い込んでいつもの厳密比較に行きたいところですが残念ながらやや前置きがあります。

まず、Distagon 28mm f2はAEGなのに今回のDistagon 28mm f2.8はMMJで、しかもS/Nが完全に後期型なので発色性能の改善があると思われる個体です。これまでの経験から言って、CONTAXはある時期から微光量下での発色が良くなっていたり、ニュートラル方向に色の偏りが調整されていたりと何かしらの改良があるので別銘柄のAE/MM比較はあんまり意味がありません。ただし、同一レンズのAE/MMで明暗コントラストに違いが出た例は記憶にないので(※逆光など内面反射の影響を除く)、Distagon 28mm f2 AEGについては発色についてのみハンデがあるという仮定でテストを続行することにします。

次に問題となったのは二者の写りの違いです。先にネタばらしになってつまらないのですが、別物だ別物だと言われ続けたDistagon 28mmは露出、ホワイトバランス固定で素の写りを比較すると、本当にまるきり違うのです。

Distagon 28mm f2.8 MMJ f2.8
2298

Distagon 28mm f2 AEG f2.8
2299

記事にはしていませんが、Distagon 35mmのf1.4 MMJとf2.8 AEJの比較でもこんなに差があったかなーと首を傾げるくらいで、明るさ/諧調/色味/周辺光量/とすべてが違います(※100%の再現性)。この内、周辺光量はf2から一段絞っている余裕と理解できますが、この露出差は何なんでしょう。思いつくのは電子接点のない実絞り撮影のAE誤差ですが、これはマニュアル撮影の決め打ちなので明らかに光学的な理由がありそうです。

撮像面で露出を測るα7の結果もこのとおりで、きちんとAEを使って画像の明るさを揃えると今回のテストどおりの数値が出ました。つまり、開放寄りではDistagon 28mm f2の方が1/3段ほど透過率が良いのでシャッタースピードが速くなり、絞り込むと1/3ほど透過率が悪くなるのでシャッタースピードが遅くなる。これは素直に照度分布の影響か、はたまたメカニカルな絞り羽の状態差なのか。

絞りf2.8 左: Distagon 28mm f2.8 右: Distagon 28mm f2
2296

絞りf8
2297


とりあえず、これでは明るさ以外の部分が見えなくなってしまうので、RAW現像時にほぼ同じ明るさになるようにすべてのカットを調節することにしました。


では、以上の前置きを頭に入れて頂いて、Distagon 28mm比較のはじまりはじまり~。
※画像だらけなのでモバイル環境の方は注意!



続きを読む

Eマウントのケラレ検証 その1

Eマウントに一眼レフ用のレンズを着けると蹴られるかも?というのはα7発売当初から囁かれていましたが、実際問題としてユーザーの間では話題になっていないように思います。ケラレというと画面の四隅が黒々とするのをイメージしてしまいますが、専門的にはごくわずかな翳りもケラレに入るそうです。

それならば、CONTAXレンズで確かめようと比較してみたのが、この実験。



暗い白壁に向かってスローシャッターになるように設定、数秒の露光中にカメラを素早く回転させ環境光のムラをなくす。各RAW画像の中心部をグレー矯正、明るさをRGB(160,160,160)に。無限遠と最短を比べたのは後玉-センサー間の距離の差による影響を見たかったため。

左がα7、右がEOS 5Dで共通。


Distagon 18mm f4 開放 無限遠
2268 2270
Distagon 18mm f4 開放 最短
2269 2271

Distagon 18mm f4 f8 無限遠
2272 2274
Distagon 18mm f4 f8 最短
2273 2275
続きを読む

今買うα7とα7II オールドレンズ使いの視点から

時代の波に乗れない(要するに写真を撮ってない)あほコンタックスまにあは、今年になってようやくフルサイズミラーレスに手を出しました。中古で格安のα7初代、まあまあ買いやすくなった二代目のα7II、幸いにも両方を試すことができたのでコンタックスまにあ=アダプタ使用のオールドレンズ使いの視点からこの二機種の違いについて遠慮なく書いてみたいと思います。

まあ今更のレビューなので、購入前に自分が知りたかったことを歯に衣着せずに、なんとなくα7を横目で眺めている一眼レフユーザーの方の参考になるように。



続きを読む

毒食わば皿まで 中華製 EOS - NEX ヘリコイドアダプタを評価

前回の記事で中華製ヘリコイドアダプタが意外とまともなことを知った自分は、やっぱりEOS - Eマウント(FE)を試してみたいと後ろ髪を引かれ引かれ………

「中華製 C/Y - NEX ヘリコイドアダプタの出来はいかに」
http://sstylery.blog.jp/archives/66615658.html

ええい、これからα7をメインで使っていくんだし、どうせだったら中華製 EOS - Eマウントも試してみるかい! ご祝儀価格(?)じゃあああっ!! ……と、KIPONではないヘリコイドアダプタに手を出してみましたとさ。(※二つ足しても一万円いきません。)

ここで前回記事を熟読して頂いた皆様には、あれ?EOS - Eマウントのフルサイズ対応ヘリコイドって安いのなかったんじゃなかったっけ?と首をひねられると思いますが、一社だけあるにはあるんですよ。ただ、画像から推察される品質がどーにも怪しかったのでこれまで見ないふりをしていました。


理由その1、ヘリコイドアダプタなのに回転リングのローレット加工がない。手で掴む部分がまっ平ら。
理由その2、厚みのあるミラーレス用アダプタなのにレンズ受け側に板バネを使っていない簡易構造。

=これは明らかに実用向きのことを分かっていないメーカーに違いない。

2253 2252


で、最終的になんで買うことに決めたか。
いつも光学知識を勉強するためになんとなく眺めているM42 MOUNT SPIRALさんの記事でこのメーカーのM42ヘリコイドが出てきたからです。SPIRALさんが使っているなら品質は悪くないはず。

VEB Pentacon AV(Meyer-Optik Diaplan) 100mm F2.8 and 140mm F3.5
https://spiral-m42.blogspot.jp/2016/10/veb-pentacon-avmeyer-optik-diaplan.html


その名もULATA ADAPTER浦田さん?
2254
 

しかしてその実態は当初の予想とは裏腹に驚愕の結末となるのでした。



続きを読む

中華製 C/Y - NEX ヘリコイドアダプタの出来はいかに

機材Blogにとって、こういうネタはまさに全力投球すべし!なんですが………
ブツをきれいに撮るのメンドクサ………… (。-ω-)。

というわけで、やる気のない機材レビュー、YASHICA/CONTAXをSONY Eマウントに変換するヘリコイドアダプタを試用してみましたとさ。


C/Y - NEX ヘリコイドアダプタ(NEX表記ですが、後部にフレアカッターがないのでα7に使えます。)
2245

感想は以下のAMAZONレビューと同じです……… (゚-゚;)ヾ(-_-;) オイッ
が、このリンク画像は旧タイプのケラレが起こる物なんですが説明書きはα7対応です。どっちが届くのでしょう?


買ったのはこれと同じ物。フルサイズ対応。




続きを読む

フォトキナ2016の前後で目についたレンズたち

てきとう感想、言いたい放題でごめんなさい。<(_ _)>
引用元はデジカメWatchさん。


続きを読む

使用前使用後 RE.Auto-Topcor 58mm f1.4(東京光学)

お遊びで、海外サイトにありがちなくどい現像とノーマル仕上げの対比。
本来はこの一歩手前でバランスを取って品の良さを加える必要がありますが、そこまで手を掛ける内容でもないのでモニターによっては許容範囲越えに見えるかもしれません。うちのモニターがノングレアの地味系というのもやや心配。

使用レンズはRE.Auto-Topcor 58mm f1.4(東京光学)で、元の写りは一枚目に表れています。ここでWEBライターさんならわざとぺったんこな忠実設定なんかを見せておいて、ほら、こんなに変わったでしょ!というトリックを使いますが当Blogはマニアさん向けなのでそういう小細工は致しません。キリッ!


注記なければ絞り開放
Photoshop Camera RAWの現像設定はCamera Standard→強めの仕上げ、一部ゴリゴリ現像

2204


2205


続きを読む

Planar 50mm f1.4再考 #11 RE.Auto-Topcor 58mm f1.4(東京光学)

比較撮影ではなく実際にちゃんと使ってみると、かなり驚きのレンズでした。まずはサンプル画像をご覧あれ。

RAW現像の前置きとしては、軟調かつ環境光によってかなり表情の変わるレンズなので無暗にコントラストを上げないよう気を付けながら、レンズの味が素直に出るように調整しています。

注記なければ絞り開放
Photoshop Camera RAWの現像設定はCamera Standardから微調整


コントラストは触らず、WB調整のみ。
2136


2116


続きを読む

Planar 50mm f1.4再考 #10 RE.Auto-Topcor 58mm f1.4(東京光学)

前回に引き続き、東京光学のRE.Auto-Topcor 58mm f1.4の描写を明らかにするのが目的です。

このレンズはコシナが復刻版のネタ元にするくらい評価の高いレンズらしいのですが、個人的にはあまりその声を聞いたことがなくネット上にも具体的な言及はほとんど見つかりません。もしかしたら、撤退したトプコンの希少性も絡んでいるのかもしれませんが、とにかくいつもの比較をしてみましょう。

比較対象となる復刻版TOPCOR=NOKTON 58mm f1.4 SLIIの特徴は、マルチコーティングで発色がよくやや青みがあり、絞り開放は独特の軟調で目立つ色収差、絞れば高解像でPlanar 50mmと同等のコントラスト、歪曲はさほど目立たず逆光性能は高いといったところ。一言でまとめると使い易くリファインされた現代のオールドレンズで、この手の描写比較の基準にしてもいいくらいです。


注記なければ絞り開放 マニュアル撮影で設定固定、WBは5200k付近
Photoshop Camera RAWの現像設定はCamera Standard(DPPのスタンダード相当)
※f4の画像は絞り羽の形状/状態差で露出がばらつくので絞り優先AE、さらにRAW現像で明るさを揃えています。


最初の画像がRE.Auto-Topcor 58mm f1.4(東京光学)、後の画像がNOKTON 58mm f1.4 SLIIですべて共通。

絞りf4
コーティング性能が低いからか光に敏感で、絞り込んでもNOKTONと諧調は揃いません。
2076


2077


続きを読む



その辺写真の機材ブログ。画像と記事は時々整理、日付も変更。

クリックなしの大きい画像集はこちら。

Twitter プロフィール
ブログ内検索
最新コメント

*メインはCONTAXのZEISSレンズで、その他ROLLEI、HASSELBLADなど少々。レンズ構成ごとにページが分かれていて割と読み応えあり。ボディはなし。乱発され内容も薄かったこのシリーズの中で唯一面白かったZEISS本。


*おすすめ。文字の分量は少なめだが書いてあることは濃い。写真よし、記事よし、品よし。


*おすすめ。レンズ描写にテーマを絞っていて文章が読み応えあり。内容的には無難なレンズ本と濃厚なマニア本の中間あたりで、レンズの特徴はそれなりに出ています。いまいち売れなかったのは作例に面白味がないため。


*メーカーの公式本。たしか、MM時代のMTFデータとプロの作品とZEISS技術者のインタビューなど。メーカー発なので当たり障りのない内容、コレクター向け。定価4,000円くらいの豪華本だったので、それを目安に購入検討を。


*詳細なボディ解説で、たしかレンズはクローズアップされてなかったはず。あんまり記憶に残っていません。


*「季刊クラシックカメラ 10ツァイスTレンズの描写力、表現力」に解説を寄せているプロが書いているので兄弟本みたいな内容。平均以上の充実度ですが、割とあちこちに記事を書いている人なので内容が重複する印象あり。


*CONTAXレンズを数値評価でばっさり。当時のユーザーの情熱的な声とは対照的に、たいして褒められていないのが面白かったり。


*ネットの普及していない時代にこれだけ各レンズの特徴に深く言及した人はいませんでした。書いてあることはかなり的確ですが、撮影時の姿勢が拘りすぎで肩が凝るかも。なんせ、カラーメーターを使っているくらいなので。


*90年代クラカメブームの隠れた先駆者で、古今東西のレンズを一律で横並びに評価した記事は一部の人たちにじわじわと火をつけました。レンズの階調描写について水墨画の複写を例に出していたのは今にして思えばまさに的確。レンズ評そのものは淡泊なので、ネット時代に参考になるとしたら機材運用に対する現実的なものの見方でしょうか。


*特定ライターの主観を廃しカタログ的に物撮りされた機材を魅せていくこの内容は「コンタックスとツァイス・イコンの肖像」の編集方針にも似て品が良い。ただし、出てくるカメラの数が多いので個々の解説記事は薄め。巻末の黒川氏のモノクロ作例はオールドレンズの味わい方を見事に示しているようでおすすめ。


*Carl ZeissはPフィルターを嫌うようで、CONTAX時代もUVフィルターはマルチコーティング、Pフィルターはシングルコーティング=保護用だから撮影時には使うなよ(無言の圧力)みたいな感じでした。フィルターのT*にどこまで意味があるのかは分かりませんが拘る方はどこまでも突き進むべし!


*マルミ製リアキャップ。形は純正とは違います。今時はマウント変換後の他社用を使うのが常套でしょか。


*Planar 50mm f1.4はこの67mm金属フードに55-67ステップアップリングをかませると軽快かつほどほどの深さでベター。


*上記組み合わせの55-67ステップアップリング。


*中華アダプターやレンズフードの反射防止に。


*ここまでのクオリティがいるかはともかく、安心の国産アダプター。中国製を選ぶ方は確実な遠景撮影ができる代わりにミラー衝突の危険が高まることを承知の上で。宮元製作所の直販サイトの方が安いかも。



  • ライブドアブログ