ZEISSレンズとかなんとか

*PC画面での閲覧推奨*

Planar 50mm F1.4再考 #5 NOKTON 58mm F1.4 SL IIN 野外比較(やりなおし)

そもそも、NOKTON 58mm F1.4というレンズはなんなのか?というところを整理しておきましょう。

まず、このレンズは2003年の暮れにAuto-Topcor 58mm F1.4として、M42/Nikon Aiマウントの各800本の限定生産品として発表されました。これは1960年代に生産されたRE.Auto-Topcor 58mm F1.4の外観を専用のフードに至るまで再現し、きちんとトプコンからライセンスを取得して作られたものです。ただし、当時の印象としては、オリジナルのレンズがあまりにもマニアック過ぎてそれほど話題にならず(ベテランのレンズグルメ以外にはぴんとこなかった)、限定生産にもかかわらずカメラ屋で売れ残りが発生していたようです。

カメラスタイル Number 24の広告より
11961

そのレンズが外観と名称を変え、VoigtlanderシリーズのNOKTON 58mm F1.4 SL IIとなって通常のラインナップに加わった後に数度のモデルチェンジを経て、外観が往年のMFニッコール的に作り替えられたものが現行品のSL IISとなります。言うなれば、最初はシルバー基調のTopcorだったのに、最後には刻印がカラフルなオールドNikkor風になってしまったという、なかなかにおもしろいレンズでもあります。WEBの紹介記事によると、光学系はすべて同じらしいですが。


復刻版 Auto-Topcor 58mm F1.4 (M42/Nikon Ai カニ爪、ゴムリング)
NOKTON 58mm F1.4 SL II (PENTAX KA/Nikon Ai-S CPU対応、ゴムリング)
NOKTON 58mm F1.4 SL IIN (Nikon Ai-S CPU対応、メタルリング)
NOKTON 58mm F1.4 SL IIS (Nikon Ai-S カニ爪 CPU対応、メタルリング、フィルター径の変更、シルバーリム/ブラックリム)


で、このNOKTON、当時の自分が復刻版の価値を理解できなかったくらいですから、その後のSL IIがでた時もまったくの無関心、しかし、その絞り開放での中判のような雰囲気と、インターネットでの評判がじょじょに気になり始め、ついには安値の在庫が入荷したタイミングで思いきって購入!となったわけです。

ところがところが、実際にこれを撮り比べてみると、その描写は往年のTopcorどころではなかったという話……。


続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #4 NOKTON 58mm F1.4 SL IIN 室内比較(やりなおし)

今回は現代のオールドレンズ、NOKTON 58mm F1.4 SL IIN(復刻版Auto-Topcor 58mm F1.4)です。

設計は2003年あたりと思われますが、その頃に設計者が今後のデジタル時代をどれだけ見据えていたかなどはまったくもって関係ないほどに我が道を行く国内メーカー製。そうです、新製品でこんなレンズをラインナップできるのは唯一、COSINAだけ。といっても、当時は世のアダプタ遊びもまだ序の口ということで、コシナと言えども最初は限定販売だったわけですが。

このレンズの面白いところは、各社のレンズがフィルムとともに高性能になってきて、どれを使ってもたいした差がなくなってきたといわれていた時代に、かつての名玉トプコールの復刻版!という触れ込みで、味のある昔のレンズを最新の技術で作り直したことです。

しかし、そうはいってもコーティングはコシナ製だし、レンズ構成もオリジナルの5群7枚に対し、復刻版は6群7枚と、かなり別物の雰囲気を漂わせています。果たして、それが実際にどうなのか? Planar 50m F1.4 AEJとの画質差は? という疑問をひとつひとつ確認しながら見ていこうと思います。


いちおう、NOKTON 58mmの素性をあらわす言葉として、コシナのWEBサイトにはこのように書いてあります。

http://www.cosina.co.jp/seihin/voigt/v-lens/sl2/58sl2/
設計に無理のない大口径標準レンズとして伝統的に採用されてきた58mmレンズを、現代の技術で実現。クラシックレンズの味わいと現代的な性能を両立。

この宣伝文をそのまま鵜呑みにするなら、クラシックレンズの味わいと現代的な性能を両立”という部分がキーワードになりそうですね。


続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #3 Oreston 50mm F1.8 野外比較(やりなおし)

Oreston 50mm F1.8は1965年の発売と、CONTAXのPlanarより10年早いながらも発色は遜色なく一芸に秀でているということで、自分自身でもかなり興味深い比較となります。具体的な焦点となるのは、1: 当時のシングルコーティングの性能はいかに? 2: このレンズが強い印象を残す近接描写は本当に特別なものか? という二点で、特にOrestonの近接描写はPlanarに近いのか?遠いのか?ということが最大の興味となります。


しかし、まずは注意点。
開放F値が違うレンズは一方を絞りこんでも描写が揃わず厳密比較になりません。


 理由1: 条件を合わせようと絞り込んだレンズは周辺光量に余裕ができ、
    ボケ量が比較対象より優位になりがち。
 理由2: 画面の四隅も明るくなり、絞り開放とは別物のフラットな絵となる。


というわけで、本来は開放F値の近いレンズを用意すべきですが、ボケの差はあきらめ、絞り込んだPlanarには後処理で周辺減光を足すという方法で妥協しています。論理的には間違っているかもしれませんが、F値の違う絵を見比べてもそのレンズの本質的な部分は分かりませんし、ひたすらPlanar 50mm F1.4を基準とすることでシリーズ記事全体で相対比較できる利点も出てくるので、自分の中では十分に意味のある比較となっています。


左: Oreston 50mm F1.8  右: Planar50mmF1.4(F1.4半)
11855 11856
単純に横に並べても分かりにくいですが、Orestonは画面中央がぽこっと明るく見える周辺減光があり、Planarは半段絞っているために画面全体がより均一です。この差をなくすために、右のPlanarに周辺減光を足したのが以下の画像となります。

左: Oreston 50mm F1.8  右: Planar50mmF1.4(F1.4半、現像時に周辺減光を足す)
1185511857


続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #2 Oreston 50mm F1.8 室内比較(やりなおし)

安い! 寄れる! 簡単に手に入るっ!

ということで、Oreston 50mm F1.8は自分がCONTAX以外で最初に購入したオールドレンズです。もともとは、最短33cmという撮影距離が便利そうだなと思っただけなのですが、実際に草花撮りに使ってみると………

( ゚д゚) !!!

という感じで、当時の自分はびっくらこいたものです。

実のところ、Planar 50mm F1.4に中間リングを足した接写などは昔からやっていたので、大口径レンズで寄りまくるとどんな風に写るかは知っていたはずですが、なんだかOrestonの芸術性はPlanarの上を行ってないかい……? という不思議な感じを解き明かすために、当Blogの目玉である精密比較のはじまりです。


続きを読む

Planar 85mm F1.4 AEG/MMGの前玉にコバ塗りはされている?

ネットの個人Blogで、Planar 85mm F1.4 MMGの前玉にコバ塗りはあるよー!という記事を読んだので、ちょいと深堀りしてみます。

が……どうもその方、明らかにうちのBlogにもとづいて言及している感じなのに、名指しも引用もありません。そうなると、こちらも「いや~実はこういうつもりで書いたんですよ~」などの弁明もしづらく、たんなる自意識過剰の可能性もある! (*/∇\*)  キャ!

というわけで、この件については相手方に合わせてURLリンク、引用などはナシで淡々と言い訳を書き連ねていきましょう。


続きを読む

Distagon 35mm F2.8についてのまとめ

Distagon 35mm F2.8はすごく感想の難しいレンズで………The 無難……なんだけども簡単には手放せない何かがある………というような微妙さを、最近ようやく詳細に語れるようになってきたので、まとめてみたいと思います。


続きを読む

【超詳細】可変NDフィルター研究 K&F CONCEPT バリアブルND+CPL(ND2~ND32) 82mm

11522


みなさん、こんにちは。 ( ・∀・)ノ
定期的にやってくるK&F CONCEPTさんと連携した製品レビュー、今回は可変式のNDフィルターです。可変NDフィルターというと、初心者の方は単体のNDフィルターの何枚分も兼ねているからお得だ!と思うかもしれませんが、それはちょっと待ったぁ!

可変NDはその仕組み上、均一な画質を得るのが難しい上に値段が高いです。そういった特長をよく理解しないままに効果の幅が大きいからといって、可変NDを選んではダメです。このへん、きちんと言及していない記事があるので困りものですが、一般的な風景写真なら暗い場面でスローシャッターのもうひと押しとなるND8かND16が一枚あれば十分です(※カメラの基準感度による)。それがなぜなのか?というのは、例えば、明るい場所で無理やり水を流してもコントラストが高すぎて綺麗に見えないなどの理由があるのですが、NDフィルター装着後もカメラ側で多少のシャッタースピード調整はできるので、NDの数値はそんなにガチガチに考える必要はありません。

……などと書いていると、これからレビューする製品をいきなり否定しているようにも見えますが(汗)、ようするに、可変NDフィルターは固定式のものとはまるで別物であるということが言いたいわけで、そのあたりを原理的な説明を交えながらしっかりとレビューしていきたいと思います。



続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #22 Xenonとその他のレンズたち(Pancolar、Contarex、SUMMICRON-R) 野外比較

50mm F2シリーズの最終回で、個性的なXenon 50mm F1.9(EXAKTA)を同時代のさまざまなレンズと比べてみたいと思います。

Planar 50mm F1.4再考 #21 Xenon 50mm F1.9 野外比較

詳しい分析は前回の記事をご覧いただきたいのですが、全体としてはかなり高画質なのに絞り開放を捨てているようなXenonの設計は、当時の最高級品であるツァイスやライカに対してどの程度の位置づけにあるのかを調べることが今回の目的です。素直に考えるなら、写真レンズはまず価格帯で大別され、その上で発売時期の遅いレンズのほうが技術革新の恩恵を受けて有利なはずですが……。


Schneider-Kreuznach Xenon 50mm F1.9 1950年代初頭
Carl Zeiss Jena Pancolar 50mm F2 1959年(Flexonからのマイナーチェンジ)
Carl Zeiss Contarex Planar 50mm F2 1959年
LEITZ WETZLAR SUMMICRON-R 50mm F2 1964年


これらを眺めると、性能面では普及レンズであるPancolarが一番厳しく、発売時期が遅いSUMMICRON-Rが一番有利となりますが、果たして、そのとおりの差が示されるのでしょうか? その中で、ぽつんと外れた古めかしいXenonの性能は?


いざ、シュナイダーの実力拝見!!


続きを読む

【コシナZEISS】 Distagon 21mm F2.8 ZE Distagon 28mm F2.8 MMJ 比較撮影

当Blogで初登場となるコシナZEISS、Distagon 21mm F2.8 ZEです。

このレンズ、CONTAXのかなり遅い時期に発売された超広角の決定版、Distagon 21mm F2.8 MMJが元になっており、その開発コンセプトは21mmの明るさF2.8という何の変哲もないスペックにどかどかとレンズを詰め込み、フローティングによる画面全域の高画質化と、異常分散ガラスを使った色収差低減でシャープネスとコントラストを可能な限り引き上げようという贅沢なものです。今で言うシグマのARTレンズに近い方向性を90年代に実現していたと説明すれば分かりやすいでしょうか。

そんなMMJが2009年にリファインされてコシナZEISSとなったわけですが、しかし、今回の記事はさらっと一回で終わらせるのです。そんな凄いレンズをなぜ複数回に分けて研究しないのか?……という理由は……まあ最後まで読んでみてのお楽しみ。

YASHICA/CONTAXが終了して、その後のZEISSレンズがどう変わっていったのか、その片鱗を味わえるかもしれない初めてのコシナZEISSをお馴染みの当Blogのスタイルで徹底比較してみましょー!


……あ、いつも熱心にうちのBlogを読んでくださっている方は、ZEで?( ̄ー ̄?)と、疑問が湧くかと思います。MC-11は個体差で使い物にならなかったのに、どうやってα7IIでテストしたのかと。ふっふっふ、それは内緒ですがフランジバックがずれていないことだけはご報告しておきます。


続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #21 Xenon 50mm F1.9 野外比較

さてさて、Xenon 50mm F1.9(EXAKTA)ですが、このレンズ、バリエーションがあり過ぎてわけが分かりません。だいたいこういう有名レンズは研究家がいて、製造期間やマイナーチェンジなどをまとめてくれているはずですが、自分の検索力ではそういった記事は出てきませんでした。(※誰か一人が断片的な情報を書いたからといって、それをそのまま鵜呑みにはできない)


Xenon 50mm F1.9についておおまかに分かったのは、まず35mmカメラの交換レンズ用としてALPAとEXAKTAマウントが発売し、その後にレチナSシリーズのDKLマウントやEdixa ReflexのM42マウントへと広がっていったということです。

ALPA、EXAKTA 1950年代初頭~
DKL 1958年~
M42 1960年代初頭~


このように整理すると、Xenon 50mm F1.9の初代がとても古いことに驚くのと、そこから20年近くにわたって作られたレンズがすべて同じはずがないという疑念が生まれます。同じ4群6枚構成でも硝材は段々と良くなっているはずですし、コーティングの質については言わずもがな。ただし、当初は高性能だったものを改良せずに長い間作り続けることで、結果的にそれがコストのかからない都合の良いレンズになり、市場での格も落ちていったという現実も考えられます。

ともかく、製造期間が長く、マウントも多種にわたるXenon 50mm F1.9を安易に一括りにして語ることはできないので、あくまで、今回の個体の製造年である(?)1957~58年という時代性を意識しながら描写を見ていくことにします。


続きを読む
その辺写真の機材ブログ。画像と記事は時々整理、日付も変更。

お問い合わせ: ahocontaxmania@gmail.com

c03


メッセージ送信
ブログ内検索
最新コメント

banner4


*メインはCONTAXのZEISSレンズで、その他ROLLEI、HASSELBLADなど少々。レンズ構成ごとにページが分かれていて割と読み応えあり。ボディはなし。乱発され内容も薄かったこのシリーズの中で唯一面白かったZEISS本。作例よりも語り中心。


*おすすめ。文字の分量は少なめだが書いてあることは濃い。写真よし、記事よし、品よし。


*おすすめ。レンズ描写にテーマを絞っていて文章が読み応えあり。内容的には無難なレンズ本と濃厚なマニア本の中間あたりで、レンズの特徴はそれなりに出ています。いまいち売れなかったのは作例に面白味がないため。


*メーカーの公式本。たしか、MM時代のMTFデータとプロの作品とZEISS技術者のインタビューなど。メーカー発なので当たり障りのない内容、コレクター向け。定価4,000円くらいの豪華本だったので、それを目安に購入検討を。


*詳細なボディ解説で、たしかレンズはクローズアップされてなかったはず。あんまり記憶に残っていません。


*「季刊クラシックカメラ 10ツァイスTレンズの描写力、表現力」に解説を寄せている築地氏が書いているので兄弟本みたいな内容。平均以上の充実度ですが、割とあちこちに記事を書いている人なので内容が重複する印象あり。


*CONTAXレンズを数値評価でばっさり。当時のユーザーの情熱的な声とは対照的に、たいして褒められていないのが面白かったり。


*90年代クラカメブームの隠れた先駆者で、古今東西のレンズを一律で横並びに評価した記事は一部の人たちにじわじわと火をつけました。レンズの階調描写について水墨画の複写を例に出していたのは今にして思えばまさに的確。レンズ評そのものは淡泊なので、ネット時代に参考になるとしたら機材運用に対する現実的なものの見方でしょうか。


*Carl ZeissはPフィルターを嫌うようで、CONTAX時代もUVフィルターはマルチコーティング、Pフィルターはシングルコーティング=保護用だから撮影時には使うなよ(無言の圧力)みたいな感じでした。フィルターのT*にどこまで意味があるのかは分かりませんが拘る方はどこまでも突き進むべし!


*マルミ製リアキャップ。形は純正とは違います。今時はマウント変換後の他社用を使うのが常套でしょか。


*Planar 50mm f1.4はこの67mm金属フードに55-67ステップアップリングをかませると軽快かつほどほどの深さでベター。


*上記組み合わせの55-67ステップアップリング。


*中華アダプターやレンズフードの反射防止に。


*ここまでのクオリティがいるかはともかく、安心の国産アダプター。中国製を選ぶ方は確実な遠景撮影ができる代わりにミラー衝突の危険が高まることを承知の上で。宮元製作所の直販サイトの方が安いかも。


  • ライブドアブログ