ZEISSレンズとかなんとか

*レンズ比較したり、適当なこと語ったり*

シグマ MC-11のアンダーインフ問題

ここは密林……。

森森 д・´) (´・д 森森
「おい、気をつけろ! ここは奴らの縄張りだ」
「分かってるさ、今日こそ任務を完了させて、可愛い奥さんと子供にキスするんだからな」※フラグ

森森 д・´) d( ̄ー  ̄森森
「……カメラに不備はないだろうな?」
「ああ、準備万端だ。ソニーα9にMC-11、ZEISSのApo-Sonnarがあれば鬼に金棒よ!」
「そうか……シッ! テロリストの取引相手が来たみたいだぞ!」
「いまだ、撮影しろ!」

森森 д・´) (lll ̄ロ ̄)? [〇] 森
「……ま、まってくれ……。遠景にピントが……無限遠が出ないぞこれ……」
「なにっ!? レンズメーカーのアダプターだろ? そんなことがあるのか?」
「だ、だめだ……まったくピントが届いてない……」

森森 ロ・´)ノ (((;゚Д゚))) [〇] 森
「絞れ! 絞れば多少は深度に入るはずだ!」
「絞ってもだめだ、クソ! 囲まれたぞ!! うわああああああああ!!」

バリバリバリバリバリッ!!!



……という映画風の前置きは捏造ですが、だいたい合ってます。うちのMC-11、Distagon 21mm F2.8 ZEを着けてみたら無限遠がまったく出ないアンダーインフでした。それが判明したのが以下の記事で、中国製のマウントアダプターの精度を調べてみたら、逆にMC-11のフランジバックの不正確さが確認できてしまったというわけです。

中国製マウントアダプターは本当に精度が低いのか?

最初は、はっはっはっと半笑いで済ませていたのですが、いやまてよ、MC-11がちゃんとしてないとZEレンズのテストができないじゃないか!とふと気づいて、シグマの修理サービスに検査を依頼してみました。しかし、その返答は当社基準内で問題なし!!

11100


続きを読む

α7IIの液晶コーティング剥がれ その2 べりっとやりました

そうです。
あほコンタックスまにあは、α7IIの液晶コーティングをべりっとすべて剥がしました。


あれ? 前の話では端がちょこっと傷んだだけで液晶の見えにはまったく関係ないから、新たにケンコーの液晶保護フィルムを貼りなおして済んだんじゃなかったっけ? と記憶力のある皆さんは思うかもしれませんが、わたくしは三歩歩くとすぐ忘れる鳥頭だったのです……。

α7IIの液晶コーティング剥がれ
http://sstylery.blog.jp/archives/78467397.html

そこで、なぜにたった半年足らずで何も問題なかった状態から一気に悪化したのか? いかにわたくしが鳥頭だったのかを生々しくレポートしてみたいと思います。当然、α7IIの仕様であるコーティング付き硬質フィルムを剥がす作業にも言及していますので、まあ、これからそういうことがあるかもしれないというα7シリーズのユーザーさんは暇つぶしにでもご覧ください。しかし、ちょっとごめんなさいなのは、今回、かなりイラっとしていたので撮影にでかける前にこんな事態になってしまったので、いちいち状態を画像で記録していないんですね。なので、いちおう分かりやすい図を付けてみたので、それでご了承ください。


まず、これが皆さん、よくご存じのα7シリーズですね。
11090

続きを読む

中国製マウントアダプターは本当に精度が低いのか?

む……蒸し暑くて……ヨボヨボですが……
大事なことなので頑張ってレポートしたいと思います。 ( ›´ω`‹ )


中国製マウントアダプター(以下、中華アダプター)は精度が低いので、本当にこだわるなら国産のRAYQUALだよ、というのはよく聞く話です。まあ、たしかに高いだけあって作りはいいし、特に製作者の方はCONTAX好きとあって、RAYQUALには格別なこだわりが見て取れます。
高精度 高品質 高い堅牢性 信頼の純国産マウントアダプター


しかし、中華アダプターが画質面においてどれほど悪いのか?というのは、実際に様々なレンズ比較をしている自分にしてもよくわかりませんし、それを明確に指摘した記事も見かけません。そんなわけで、今現在、ちょうどこのテストができそうなレンズとアダプターがあるので、この疑問に自分なりの答えを出してみたいと思います。

ベンチマークとなるのはコシナ Distagon 21mm F2.8 ZEシグマ MC-11。このふたつともmade in Japanを謳った信頼性の高い製品です。特にMC-11は他に存在しないレンズメーカー製のEF-NEXということで、マウントアダプター界では最高峰のクオリティといえるでしょう。
11078

ところがところが、これが意外な事実が浮かび上がるのです……。


続きを読む

今年の桜

α7II
Planar 85mm F1.4 すべて絞り開放
Photoshop Camera RAWの現像設定はてきとう

10936

横から開くカメラリュックはどう仕切る? K&F CONCEPT KF13.066

【PR】K&F CONCEPT おしゃれなカメラリュック 2気室(ネイビーブルー) KF13.066

10907

おしゃれなカメラリュック!? ……といっても、女の子っぽい配色とか、都会を駆け抜けるスタイリッシュとかいう意味ではなく、アウトドア向きのデザインをセンスよくまとめた製品です。今回のレビューも、またまたK&F CONCEPTさんのご依頼なのですが、しかし、いつもと違うのは……


某月某日。

(  ̄ー ̄)ノ 「ハロー。今日、あんたのうちに品物もっていくから3日でレビュー頼むわ」
( ゚д゚) ? 「……は?」

~~~~ 1時間後 ~~~~

ズサー c⌒っ゚Д゚)っ「きたどー。K&Fやー!」
(;; ゚д゚;) 「あたまからっ??」


というエピソードはまったくの捏造ですが(※K&Fの人はヘッドスライディングで玄関に入ってきたりしません)記事作成に短めの期限があったのは本当で、その理由とは、AMAZONプライムデーのセールに間に合わせたかったからです。幸い、品物はカメラリュックなので複雑なテストもいらず、無事に期限には間に合ったわけですが、その内容はとある難問を解決するためにいつもとまったくかわらない大ボリュームになってしまいました。

さて、その難問とは?


(今年のプライムデーは7/15~16に終了しました)


続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #27 Xenon 50mm F1.9 室内比較

Contarex Planar 50mm F2、SUMMICRON-R 50mmF2に続いて古い有名ブランドの第三弾で、これにて50mm F2シリーズを締めくくりたいと思います。

シュナイダーというメーカーは、実はあんまり一般の方には馴染みがないのではないでしょうか。その理由は基本的にレンズメーカーであり、我々に親しみのある35mmカメラの製造がないことで、分かりやすく体系化された交換レンズ群が存在しないからです。シュナイダーのXenon、Xenotar、Super angulonという銘柄は、確かに歴史の一時代を飾ったカメラのレンズとして輝きを放っていましたが、しかしメーカーそのものは、ツァイスやライカに匹敵するような確固たるイメージはありません。語られるのは常にレンズ単体のみで、シュナイダーというメーカーの深い部分に言及したWEB記事はほとんど見かけません。

Schneider-Kreuznach

メーカーのWEBサイトはきちんと用意されており、歴史的な資料も残っているのですが、堅実な会社の歩みが記されてあるだけでCarl Zeissのような激動のドラマや発展はありません。


おそらく、1980~90年代のフィルム時代を体験した人間とって、シュナイダーはローデンストックと並んだ大判レンズのメーカーという印象が強いのではないでしょうか。中判ではRollei 6000シリーズにレンズを供給していたようですが、そもそもこのカメラ自体がマイナーもマイナーで、それはまさしく近代のシュナイダーのとっつきにくさを表していると言えます。

そんなふうに、一般アマチュアにとって明確なイメージのないSchneider-Kreuznachという会社が持つレンズ設計の理念や実際の描写はどのようなものか? その片鱗を理解するために登場するのが、今回のXenon 50mm F1.9(EXAKTA)というわけです。

シュナイダーの年表によると、入手した個体の製造年は1957~58年頃(?)で、微妙にContarex PlanarやSUMMICRON-Rとの年代が合いませんが、新しすぎるよりは古い方がいいだろうということで、比較の開始です。


続きを読む

【日記】今年の前半に買った物

たまには軽い記事を書きたい! ……ということで、ここ数か月で買ったものをつらつらと語っていきます。

だいたいこんな感じで、G Planar 45mm F2はもとから持っているものです。その下にヘリコイドをくっつけちゃったので一緒にご登場。
10919


続きを読む

メッセージ欄のお返事

Blog右側のサイドバーにレンズの比較依頼などを送信できるメッセージ欄を設けたので、そのお返事です。
※頂いたご要望は名前を伏せ、簡略化しています。


続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #26 SUMMICRON-RとContarex 野外比較

1960年代の……頂上決戦………

バンバン。バババン。

ざわ……ざわ………。


SUMMICRON-R 50mm F2 vs Contarex Planar 50mm F2


SUMMICRON-R「標準レンズの王様と称えられ、その実力も数値性能で示されておるこのわたしに挑もうという愚か者はどこにおるか?」

Contarex Planar「光学界の巨人によって世に遣わされた古の王(Rex)たるわたしに並び立つ者があるとすれば、それは我らが同族しかおらぬ。笑止!」


ピカッ ゴロゴロゴロ―――――!!!


神様「はいっ! 両者丸コゲで勝負なし!(だって、ワシが好きなのはXenonだもん)」


という腰砕けの前フリはともかく、いってみましょう開放F2の高級オールドレンズ比較。一方は、ズミクロンというライカの高性能レンズに与えられる名を受け継ぎ、実際にそのとおりの実写性能を誇るSUMMICRON-R 50mm F2、もう一方はまさに王道を行く収差補正によって普及価格帯のレンズとは別格の画質を見せつけたContarex Planar 50mm F2。どちらも改良がある前の前期型なので、年代的な差は発売時期の5年だけです。果たして、その差は光学界にとって大きいのか? 小さいのか?

いろいろと煽っていますが、1960年代の高級レンズであるこれらを正確に対比させることで、ライカとツァイスの技術力および、その時代の空気のようなものを掴めるのではないか?というのが、この記事の本当の狙いとなります。 


SUMMICRON-R 50mm F2(前期型)

レンズ構成: 5群6枚
フィルター径: 43.5mm
前玉径: 25mm 後玉径: 23mm
サイズ: 最大径63mm 長さ39mm(※バヨネットと後玉の突出含まず)
重さ: 310g
販売開始: 1964年


Contarex Planar 50mm F2(前期型)

レンズ構成: 4群6枚
フィルター径: 49mm
前玉径: 29mm 後玉径: 26mm
サイズ: 最大径62mm 長さ43mm弱(※後玉の突出含まず)
重さ: 300g
販売開始: 1959年(ただし、実際の供給は1960年の春だったという記述があります)

※実測した数値はすべておおよそ。長さの注記が違うのは、Contarexはレンズ側がボディの爪を受ける形になっているため。


続きを読む

Planar 50mm F1.4再考 #25 ボケ味が良いはずの標準レンズ

ボケ味が良いはずの標準レンズ、それはヤシカ ML50mm F1.9cです。なぜ、そう思うのか? その理由はたったひとつ、このレンズが球面収差の補正不足型だからです。それもありがちな、完全補正型から少しだけ補正量が足りない形ではありません。当時の国産レンズとしてはかなり珍しいタイプとなります。

50mmレンズでは中央の完全補正と右の過剰補正が一般的な形となります。完全補正で有名なのはCONTAX Planar 50mm F1.4で絞り開放のコントラストと解像力のバランスがよく、国産レンズで多く見られた過剰補正型は解像力が高い代わりに絞り開放でハロを発生させ、にじんだような低コントラストになります。それらに対して補正不足型は、コントラストは高いがぽやっと写るとの話。

球面収差の簡易縦収差図
※もちろん、このカーブは設計次第で様々なバリエーションを見せます。

10730 10731 10732


で、実際にML50mm F1.9cの収差図がどんな形になるのかというと……


続きを読む


その辺写真の機材ブログ。画像と記事は時々整理、日付も変更。

お問い合わせ: ahocontaxmania@gmail.com

c03


メッセージ送信
Twitter プロフィール
ブログ内検索
最新コメント

banner4


*メインはCONTAXのZEISSレンズで、その他ROLLEI、HASSELBLADなど少々。レンズ構成ごとにページが分かれていて割と読み応えあり。ボディはなし。乱発され内容も薄かったこのシリーズの中で唯一面白かったZEISS本。作例よりも語り中心。


*おすすめ。文字の分量は少なめだが書いてあることは濃い。写真よし、記事よし、品よし。


*おすすめ。レンズ描写にテーマを絞っていて文章が読み応えあり。内容的には無難なレンズ本と濃厚なマニア本の中間あたりで、レンズの特徴はそれなりに出ています。いまいち売れなかったのは作例に面白味がないため。


*メーカーの公式本。たしか、MM時代のMTFデータとプロの作品とZEISS技術者のインタビューなど。メーカー発なので当たり障りのない内容、コレクター向け。定価4,000円くらいの豪華本だったので、それを目安に購入検討を。


*詳細なボディ解説で、たしかレンズはクローズアップされてなかったはず。あんまり記憶に残っていません。


*「季刊クラシックカメラ 10ツァイスTレンズの描写力、表現力」に解説を寄せている築地氏が書いているので兄弟本みたいな内容。平均以上の充実度ですが、割とあちこちに記事を書いている人なので内容が重複する印象あり。


*CONTAXレンズを数値評価でばっさり。当時のユーザーの情熱的な声とは対照的に、たいして褒められていないのが面白かったり。


*ネットの普及していない時代にこれだけ各レンズの特徴に深く言及した人はいませんでした。書いてあることはかなり的確ですが、今時のデータ主義とは違い当時の熱量をそのまま表した官能評価です。オールドレンズで有名な澤村氏の口調に似ているかも。ただし、カラーメーターを使い印刷にもこだわったその姿勢は雑誌作例をゆうに超えています。


*90年代クラカメブームの隠れた先駆者で、古今東西のレンズを一律で横並びに評価した記事は一部の人たちにじわじわと火をつけました。レンズの階調描写について水墨画の複写を例に出していたのは今にして思えばまさに的確。レンズ評そのものは淡泊なので、ネット時代に参考になるとしたら機材運用に対する現実的なものの見方でしょうか。


*Carl ZeissはPフィルターを嫌うようで、CONTAX時代もUVフィルターはマルチコーティング、Pフィルターはシングルコーティング=保護用だから撮影時には使うなよ(無言の圧力)みたいな感じでした。フィルターのT*にどこまで意味があるのかは分かりませんが拘る方はどこまでも突き進むべし!


*マルミ製リアキャップ。形は純正とは違います。今時はマウント変換後の他社用を使うのが常套でしょか。


*Planar 50mm f1.4はこの67mm金属フードに55-67ステップアップリングをかませると軽快かつほどほどの深さでベター。


*上記組み合わせの55-67ステップアップリング。


*中華アダプターやレンズフードの反射防止に。


*ここまでのクオリティがいるかはともかく、安心の国産アダプター。中国製を選ぶ方は確実な遠景撮影ができる代わりにミラー衝突の危険が高まることを承知の上で。宮元製作所の直販サイトの方が安いかも。


  • ライブドアブログ